2007年03月31日 Sat

ミラーのスイングバック機構

 修理受付に置いてあったEFレンズとEOSアクセサリーのカタログをもらってきました。それぞれ2007年2月現在と2006年12月現在で、おそらくどちらも最新版だと思われます。

 EFレンズカタログを見ていてふと気づいたのですが、「EF-Sレンズ」パートの冒頭の説明文中に「メインミラーの軌跡」という図があり、そこに「−・−EOS 20D、EOS Kissデジタル」と書かれています。2006年8月現在のものを確認したところ、同じでした。
 ほかの部分には「30D」や「KissDN」「KissDX」もすでに書かれているのに、ここだけ2機種のみです。ほかの部分は徹底して書き直したのにここだけ見落とした、という可能性は低いのではないかと思われます。
 さらに、カメラ本体の個別カタログで"スイングバックの図"が掲載されているのはKissDと20Dの2機種のみです。他のカタログにはありません(一言も触れられていません)。

 ということはやはりスイングバックするのは20DとKissDのみだと解釈できます。キヤノンに確認したわけではないので、あくまでも私の見解ですし、「だから何なのだ」と言われればそれまでですが(^^;)。

 なお、EFレンズカタログは
  差し替え:「EF16-35mm F2.8L USM」→「EF16-35mm F2.8L II USM」
  廃止:「EF90-300mm F4.5-5.6 USM」
の変更がありました。また、各レンズの写真の下にある仕様に「最大径×長さ」と「質量」の2項目が加わっていて、今までより比較しやすくなっています。

 ところで、素朴な疑問。なぜEFレンズとEOSアクセサリーの両カタログのみダウンロードできない(PDFファイルの公開をしていない)のでしょう?。カタログの郵送サービスがないので、田舎だと手に入りにくくて困ります。何とかして欲しいなぁ。


posted by Raptor03 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

カメラバッグ

 いや〜、しかしコンパクトなカメラバッグが欲しくなりました。バックパック「f.64 BPL」を持って行ったんですが、非常にジャマですた。軽いんですけどね。町中を担いで歩くものじゃありません。

 液晶保護フィルムを買ったついでにカメラバッグのコーナーを物色してみました。同じf.64ブランドだとバックパック「BPM」がちょうどいい大きさで、KissDXなら余裕で収納できますが、バッテリーグリップを付けるとちょっと無理っぽいんですよね。内寸が深さ12cmだと2cmくらい足りないみたいです。

 ショルダータイプも見てみました。f.64ブランドの「FPM」というのがちっちゃくていいかな、と思ったんですが、現在の構成(KissDX+EF-S17-85U&フード+α)を入れるとせいぜいレンズがもう1本くらいしか余裕がなくなりそうで、将来的に(?)不満が出そうです。中仕切りも2枚しかなく、収納の自由度はほとんどありません。ちょっと散歩程度なら使えると思いますが。

 じっくり見たわけではありませんでしたが、Loweproの「ノバ AWシリーズ」あたりが大きさもほどよく値段も手ごろでした。さらに使いやすそうだったのが「ステルスリポーターAWシリーズ」。中仕切りも多く、ポケットなども充実していました。でもこっちは倍近い値段でした。

 ただ、ショルダータイプだと根本的な問題があります。バイクや自転車では使えないということです。長距離を歩く場合もじゃまになりますね。やはりできればバックパックタイプが欲しいです。

 帰宅してエツミのサイトを見てみると「近日発売」商品が結構ありました。私が気になったのはショルダータイプの「DLCT」です。内寸は「FPM」とほぼ同じですが、デザインが「BPL」と同一で、中仕切りは4枚付属です。念のため総合カタログ(たぶん最新版)を請求してみました。

 なお、一時買い換えを検討したLowepro「コンプトレッカーAW」はPCが背中側に入るという違い程度で全くと言っていいほど「BPL」と同じ大きさでした。ということで、買い換えせずに「BPL」は使います。なお、「コンプトレッカーAW」は元々輸入数が少ないのか、Amazonなどでも常に品切れ状態です。

 さて、どうしたものか。しばらく悩んでみます。

>>>バッグ - ショルダータイプ - f.64(エツミ)
>>>Lowepro - ステルスリポーターAW
>>>Lowepro - ノバAW
posted by Raptor03 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

いざ銀座へ

 久々の上京です(笑)。しかしいきなり力が抜ける現実に直面しますた。いつも利用する路線が大幅なダイヤ改正により、同一路線(というか1本の線路上で!)の中で2回も乗り換えなければらなくなっていた、という理不尽な事実。1年以上前からそうだったようです。乗り換えなしで行けるのは特急(座席指定)と朝夕数本ずつの区間急行のみです。

 以前は「○○止まり」なんていう列車は1日数本だけでしたが、今は上下ともほとんどが"とある駅"までしか行きません。その駅を起点に上下で折り返し運転しているわけです。
 「だったら特急利用すればいいのに」というつっこみが聞こえてきそうですが、きょうと修理が終わって取りに行く日の2往復することになるわけで、きょうはもったいないという理由で"普通"にしました(←ケチなだけ)。
 ま、乗り換える際のホームは同一だし、一応Suica1枚で事実上どこでも行けるので、全体的には利便性は"多少"上がっていると言っておきましょう。

 途中で銀座線に乗り換えたんですが、入場の時に改札機が警報を鳴らして一瞬焦りました。カードをかざしたときは「ピッ!」と音がして料金が表示されたのに、抜けようとした瞬間に突然ゲートが閉じて足に当たりました。ぎりぎりすり抜けられちゃったので「まあいいや」と思ってそのまま銀座まで(^^;)。出場の時にエラーでも出るのかと思いましたが、異常なしでした。何だったんだろ。

 銀座SCに到着し、まずは1Fにある「キヤノンデジタルハウス銀座」でKissDXなどをいじってみました。結果、ファインダーのボケは全く同じでした。30Dもほとんど同じ(-3だとわずかに合わない程度)、5Dも少し(調整範囲内=-2くらいでばっちり合いました)。なんでキヤノンだけ私の目に合わないのさ!?

 ...余談ですが、30Dのファインダー、明るくて見やすかったです(レンズはEF-S17-85Uです)。5Dはもっとクリア(EF24-10540LIS)。MFでもピントの山がつかみやすいです。いや、それが当然であり、KissDXがダメダメなだけか。
 続きを読む
posted by Raptor03 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年03月30日 Fri

エプソン、プリンター・ドライバーをバージョンアップ

 Ver.6.52です(PX-G5100/PM-4000PX)。PM-4000PXは3月16日にリリースされていたようです。

 PX-G5100は
----------------------------------------------------
  【変更点】
    アプリケーションソフト「Imaging WorkShop」に対応しました。
----------------------------------------------------

 PM-4000PXは
----------------------------------------------------
  【変更点】
    ロール紙オートカッターカット位置調整時、パターン印刷後停止してしまう点に
    対応しました。
----------------------------------------------------
 と内容は違います。両方とも関係ないですが、お約束で更新します。
posted by Raptor03 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

KissDX&EF-S17-85U、修理依頼

 キヤノンサービスのオンライン修理受付で事前登録しました。故障や不具合であると判断したわけではありませんが、一応見てもらって専門家の判断を仰ごうと思いまして。

 1つは画面全体の「にじみ」のようなピンぼけ、もう1つはファインダーの視度が補正レンズ「-3」を入れても合わないことです。KissDX本体とEF-S17-85U両方とも登録し、持ち込み先は銀座SCにしました。さっそくあす行ってきます。

 ここで1つ不満を。キヤノンのカメラ/プリンターを購入後、最初に登録を促される「CANON iMAGE GATEWAY」ですが、ここのID/パスワードや登録情報を利用できないのは大変めんどくさいです。ソニーみたいに統一して欲しい。

>>>キヤノン - 修理受付と窓口のご案内
>>>CANON iMAGE GATEWAY
posted by Raptor03 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

アニメーションカーソル処理のぜい弱性

 HTML上でマウスポインターの形を変えるあれね。調査中となってますね。IE7だと比較的安全みたいですが、Outlook/Outlook ExpressはHTML型式で閲覧していると危険? 緊急パッチか何かで対処するのか、来月の月例パッチに含まれるのか、いずれにしても早くしていただきたいものです。

>>>マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (935423) - Windows アニメーション カーソル処理の脆弱性
posted by Raptor03 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティー一般

あらぁぁぁ...桜が....

 けさは集中豪雨で道路が川になってましたが(藁)、帰りは過去最高レベルの爆風が吹き荒れ、せっかく満開になった桜の花が引きちぎられていて、まさに桜吹雪状態に。花びらが自然に散っているんじゃないんですよ、根元から無理矢理引きちぎられているんです。かわいそうに。

 しかしすげー威力ですな。生まれて初めて見ました、こんな光景。あしたの朝までに全部なくなりそうな勢いです。ったく、情緒もへったくれもありゃしない。。。

 いつものことですが、普段渡っている橋はとてもじゃないけど怖くて走れず、上流の比較的穏やかな橋まで遠回りしました。桜は我慢できるけど、こっちは命に関わるので何とかならないものかねぇ。
posted by Raptor03 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象

2007年03月29日 Thu

エプソン、Camera RAW Plug-in(Ver.2.20)にてKissDX等に対応

 KissDX発売から半年もかかるとは困ったものです。...しかも、EOS 5Dや1D系は永久に対応するつもりはない、ということのようです。

 せっかく「EPSON ProLab Print」(以下、PLP)と「EPSON Easy Photo Print」(以下、EPP)がインストールしてあるのでテストしてみましょう。旧バージョンをアンインストールしてからインストール(これがめんどくさい...)。PLPとEPP両方で確認してみました。

 ...画像を拡大したり、レイアウトを設定すると「処理中...」とかなって全部表示されるまで10秒程度かかります。CPU使用率も100%になります。かなりじれったいです。頻繁に使うにはつらいですね。

 というわけで、写真の管理/印刷はキヤノンの「ZoomBrowser EX」(以下、ZBEX)や「Digital Photo Professional」(以下、DPP)を普段使いとすることにします。カラーマネージメントに対応していますし、RAWから直接印刷もできますので(複雑なレイアウト指定は不可)。

 あ、「Camera RAW Plug-in」や「PLP/EPP」は「MyEPSON」ページのみでの配布です。エプソン製プリンターを購入して登録した人しかアクセスできませんので、あしからず。
posted by Raptor03 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

2007年03月28日 Wed

エプソン、新世代マイクロピエゾヘッドを開発

 同じ面積で従来の約2倍のノズル数を実現できるそうです。顔料インクにも対応ということは、新型プロセレクション機への搭載は決定...ですかね?

>>>エプソン - ニュースリリース
posted by Raptor03 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

2007年03月24日 Sat

関数電卓

 私は普段プログラム関数電卓「カシオ fx-4500P」というのを使っています。購入したのは確か1992年の春ごろで、秋葉原のとある店で約4000円でした(たまたま特価セール中でした)。液晶は2段表示で、上段(計算式入力行)がドットマトリクス、下段(計算結果表示行)が7セグメントです。

 超多機能と言えますが、プログラム機能なんてほとんど使ったことなかったりします(^^;)。それ以外の機能(2,8,10,16進数による計算および変換機能、リプレイ機能、書式どおり入力機能など)がどうしても欲しかったもので。それに購入時点では他社の同様製品に比べてかなり安かったので、いわば衝動買いみたいなものでした。

 きょう何気なくカシオのサイトを見てみると、なんと「fx-4500PA」として生き残っているのを発見して驚きました。「A」が付いてどこが変わったのかは分かりませんでしたが。

 実はこの機種の前に使っていたのもカシオのプログラム関数電卓「fx-4000P」だったりします。1段表示のドットマトリクス、独特の断面形状、スライド式のメイン電源スイッチや液晶のコントラスト調整ダイヤルが特徴です。
 機能的にはプログラム数やメモリー容量が違う程度で、関数の種類もほとんど同じだったと思います。

 「fx-4000P」は専門学校入学後に必要に駆られて購入し、会社に入ってからも重宝していましたが、不幸な事故に見舞われてまっぷたつに割れました(笑)。で、同じような使い勝手のものを探していて、思わず安かった「fx-4500P」に落ち着きました(当時「fx-4000P」はすでに生産終了)。

 ところで、電池交換一度もしないできょうまで使っていました。3か月くらい前から電源入れるたびに「Low Battery」と表示されていましたが、きょうついに空っぽになったようです。14年も持つとはかなりミラクル。
 「fx-4000P」は確か電池が2つだったと思います。1回交換した記憶があります。「fx-4500P」は「CR2025」1つです(なぜか隣にもう1つ分のスペースあり)。プログラムのメモリー保持用電池「CR1216」もありますが、こちらはなくても計算は可能です。

 ...なぜか外国のサイトに詳細な写真とマニュアルを発見しました。日本のサイトなんて2つくらいしかヒットせず、あとは全部外国です。変なの。

>>>fx-4500PA (カシオ計算機)
>>>fx-4000P (なぜかドイツ)
posted by Raptor03 at 15:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2007年03月22日 Thu

VAIO Update 3、アップデート

 「Ver.3.0.02.02280」とほんのわずかで、私の環境ではアップデートする意味は特にありませんけど、例によってお約束でインストールしておきます。

 ところで、アップデートプログラムのサイズが3.5Mバイトもありますが、その半分を占めているのは「Microsoft VC++ Runtime」と「同 MFC Shared Library(VS.NET)」(Ver.7.10)です。できれば、OSに含めるかWindows Updateでの適用にしてほしいものです。フリーソフトを含めてかなりの割合のソフトウェアがこれらを必要としているのが現状ですので。

>>>VAIO Update 3.0.02.02280 (→Ver.3.0.02.04160)
posted by Raptor03 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC一般

2007年03月20日 Tue

エプソン、プロセレクションに特化した統合画像管理ソフトを開発

 「Imaging WorkShop」だそうです。販売とサポートが台湾のメーカーってのが意味不明ですが、徹底したコスト削減?

 対応プリンターはPX-5800、PX-5500、PX-G5100、PX-G930のみです。PX-5800以外はMacOS非対応で、PM-4000PX、PX-G5000/G920にいたっては完全切り捨て。結構残酷ですね、最近のエプソンさんって。

 各社のRAWフォーマットに対応してくれるようで(国内主要メーカーのほとんどのDSLRに対応)、プリンターを限定したことでカラーマネージメントも簡単に設定できるようです。

 4月発売予定、ダウンロード販売のみ、推定価格3万円前後。...高ぇ。一瞬使ってみたいとか思いましたが、撤回w 誰か人柱になってくれないかなぁ(ぉ)。

>>>エプソン - ニュースリリース
>>>ITmedia +D LifeStyle

[追記:2007年3月30日(金)]
 MacOS対応機種にPX-5500が追加されるそうです。
>>>エプソン - プレスリリース
posted by Raptor03 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

2007年03月19日 Mon

キヤノン、「EF16-35mm F2.8L II USM」の発売日決定

 3月30日(金)に決定しました。先月の発表後、予約する人が急増したらしいです。特にフルサイズ機を持っている人にとっては待望の改良モデルなのかもしれません。

 調べてみると、F2.8通しの広角ズームって今回で4世代目なんですね。
  1. EF20-35mm F2.8L (1989年10月)
  2. EF17-35mm F2.8L USM (1996年4月)
  3. EF16-35mm F2.8L USM (2001年12月)
  4. EF16-35mm F2.8L II USM (2007年3月)
 コンスタントに世代交代しているということはそれだけユーザーが多い=要望が多いということなのでしょう。

 ...ま、私には買えませんし、能力を生かし切る腕もないですが(^^;)、使ってみたいと思うことはあります。

>>>EF16-35mm F2.8L II USM
posted by Raptor03 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年03月18日 Sun

PASMO&Suica相互利用がスタート

 ついに、というより、やっと、ですね。できれば首都圏だけではなく、東日本エリア全域(さらにできれば日本全国)になればたくさんの人にとってもっとずっと利用価値が高いものになると思いますけど...コスト的な問題でしょうか。

 幸いうちの周辺も「首都圏」に含まれるので、最寄り駅(私鉄)から東京周辺へはSuica(イオカード)1枚でOKになりました。ただし、複数路線乗り継ぎ(改札を通らない乗り換え)に関してはちょっとややこしくなることもあるようです。なお、バス事業者に関してはうちの周辺はずっと前から崩壊状態で全く利用するつもりはないので、どうでもいいですw。

 ところで、PASMOのオートチャージサービスですがね。「残額が2000円を切ると入場する際に自動的に3000円がチャージされる、チャージ額の変更は不可」だそうです。毎日使うとか、長距離を頻繁に利用するとか、買い物にも使うとかじゃないと不便な仕様ですな。つか、「また」クレジットカードは指定されたもののみですかい。申し込んでから4週間かかるってのも×ですねぇ。

 総括すると、私にとっては「ほとんど意味のない新ICカードの登場&全く使えないオートチャージサービス」ってことになりますので、今後も「Suicaイオカード1枚で手動チャージ」を貫き通しますw。

>>>首都圏ICカード相互利用 Suicaで私鉄・地下鉄・バスに乗ろう。- JR東日本
>>>首都圏ICカード相互利用のご案内(概要)(JR東日本) (要Adobe Reader)
posted by Raptor03 at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ICカード

2007年03月15日 Thu

キヤノン、「EOS 5D」のレンズキット発売へ

 同梱するレンズは標準ズームの定番「EF24-105mm F4L IS USM」です。確かにフルサイズDSLRで最初の1本に選ぶならこれしかないというほど"ベストマッチ"だと思います。

 しかしなぜ今ごろ?。そもそも1年半サイクルは「EOS 5D」には適用されないのでしょうか?。もう改良型が出ていいころ合いなので後継機の噂がちらほら出ていたようですが。後継機の開発に手間取っていて、そのつなぎとして出した...とか(勘ぐりすぎ?)。そういえばレンズのキャッシュバックキャンペーンも怪しい(ぉ)。
 推定実勢価格は約47万円、3月24日(土)発売予定です。

 ちなみに、ヨーロッパ向けの「EOS 5D」には「EF24-70mm F2.8L USM」のレンズキットもあるそうです。また、KissDXにも「EF-S17-85U」とか「EF-S6028MU」とかバッテリーグリップを同梱したキットがあったり、「EOS 30D」の「EF-S17-85U」+「EF70-300IS」のダブルズームキットまであるそうで。

>>>EOS 5D
>>>EOS 5D アニバーサリーBOXプレゼント
posted by Raptor03 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年03月14日 Wed

マイクロソフト、3月の月例パッチを公開

 セキュリティー関連パッチはなしってことで、「MS07-xxx」は付きません。また"黄色い盾"がダンマリを決め込んだようなのでWindows Updateを使いました。
 KB番号概要
1.KB929399Windows XP 用 Windows Media フォーマット 11 SDK の更新プログラム
2.KB929338Windows XP 用の更新プログラム
3.KB890830Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2007 年 3 月
 1. も 2. も私には必要ない気がしますがお約束なのでポチっとw。再起動ありでした。
 1. はインストールに失敗する場合があることが発覚したため一時公開を中止、後日あらためてアップデート版"v2"を公開したようです。

 続いて、Office Updateへ。
KB931764Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2007 年 3 月

 なお、Office Updateでは今回初めてOGAの確認ページが表示されました。[続行] をクリックしたらOGA(ActiveX)がインストールされたようなメッセージが出ましたが、確認したらバージョンは変わっていません。なんだったんでしょう?。

>>>[KB929399] - Windows Media フォーマット 11 SDK を実行しているコンピュータでメータリングデータを同期しようとするとき、音楽配信サービスがメータリングデータを抽出できない
>>>[KB929338] - Windows XP SP2 を実行しているコンピュータで エラー"STOP 0x0000001a :MEMORY_MANAGEMENT" または "STOP 0x0000000a :IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL" が表示される

[追記:2008年4月15日(火)]
 表形式に変更、文章を一部加筆・修正。
posted by Raptor03 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2007年03月12日 Mon

レンズフード「EW-67B」...?

 古いEFレンズのアクセサリーを検索していて、たまたま海外のサイトがヒットしたんですが、「EF-S60mm F2.8 マクロ USM」用のフード「ET-67B」をなぜか存在しない「EW-67B」と間違えて表示しているサイトが意外と多いことに気づきました。商品コード(0343B001)は間違えていないのに、です。
 日本国内のサイトは一切ヒットしないのに、海外サイトだと40件くらいヒットします。2005年3月発売の比較的新しい商品なんですけどね。

 ていうか、「EW-67B」でググると「もしかして:ET-67B」と指摘してくるのには驚きました。なんでGoogleが見事に正解を出してくるのか分かりませんが。

>>>ET-67B
posted by Raptor03 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン、ストラップをこそっと改良?

 「ワイドストラップL6」です。「ごわごわして使いづらい」を聞き入れてくれたのでしょうか?。「EOS-1D Mark III」付属品ですが、「PROFESSIONAL VERSION」よりこっちのほうが目立たなくていいかもしれません。
 5月下旬発売予定、標準価格は2000円(税別)です。

 あれ?。なぜかAmazonでは3月1日からすでに扱っていますね。"予約受付中"ではなく"1〜2週間以内に発送"となっていますが、発売前に入手できるんでしょうか。...まさかね。

>>>ワイドストラップL6
>>>Canon ワイドストラップL6(Amazon)
posted by Raptor03 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年03月11日 Sun

SideBySideエラー?

 イベントログに大量のエラーを発見してしまいました。ZBEXの起動時に必ず記録されています。
[システム] 
イベントの種類:エラー
イベント ソース:SideBySide
イベント カテゴリ:なし
イベント ID:32
日付:2007-03-11 (日)
時刻:10:52:23
ユーザー:N/A
コンピュータ:xxxx
説明:従属するアセンブリ Microsoft.VC80.MFCLOC を検出できませんでした。
エラー: 参照されたアセンブリはシステムにインストールされていません。
  
イベントの種類:エラー
イベント ソース:SideBySide
イベント カテゴリ:なし
イベント ID:59
日付:2007-03-11 (日)
時刻:10:52:23
ユーザー:N/A
コンピュータ:xxxx
説明:Resolve Partial Assembly が Microsoft.VC80.MFCLOC に失敗しました。
参照エラー メッセージ : 参照されたアセンブリはシステムにインストールされていません。
  
イベントの種類:エラー
イベント ソース:SideBySide
イベント カテゴリ:なし
イベント ID:59
日付:2007-03-11 (日)
時刻:10:52:23
ユーザー:N/A
コンピュータ:xxxx
説明:Generate Activation Context が C:\Program Files\Canon
\ZoomBrowser EX\Program\MFC80U.DLL に失敗しました。
参照エラー メッセージ : この操作を正しく終了しました。
 必ずこの3つのエラーを1セットとして2回繰り返してます。MFC80系はVisual C++ 2005ですね。

 ググるとWindows Server 2003のWinlogonに関するサポート オンラインがヒットしましたが、どう考えても該当しませんね。

 さらにググって出てきたMSDNの情報をちょっと読んでみました。それによると、SideBySideとは「アプリケーションまたはコンポーネントの複数バージョンを同一コンピューター上で実行する」ための機能だそうです。WINDOWS\WinSxS 下のフォルダーにバージョンの異なる複数のランタイム/コンポーネントが格納され、各アプリケーションが使用するランタイムやコンポーネントを詳細に制御できるようになっているそうです。
 要するに、DLLの競合や古いバージョンによる新バージョンの上書きなどによって起こるトラブルを防げる、ということみたいです(かじっただけなのであいまい...^^;)。

 SideBySideは .NET Framework と関連して機能を発揮するようですが、そもそもZBEXはそんなもの必要ありませんし。

 フォルダーを見てみるとMFC80系はありましたが、MFC80U.DLL は見当たりません。System32 フォルダーにもありません。上記イベントログのとおり C:\Program Files\Canon\ZoomBrowser EX\Program 下にだけあります。ランタイムがシステムにきちんと登録されていないということでしょうか。

 試しに MFC80U.DLL を System32 フォルダーにコピーしてみたり、サービスで起動している CALMAIN.exe を自動起動に変更してみましたが変化なしです。ZBEX(あるいは5.8aアップデート)のインストールに失敗しているのではないか、としか推測のしようがないです。

 とりあえず、一番近い内容のサポート オンラインは、

  [KB923014] - Microsoft 動的 CRM サーバーで Microsoft 動的 CRM 3.0 モバイル展開 マネージャを起動すると"イベントID:32"および"イベントID:59"エラーが発生する

 です。

 で、解決法は...Visual C++ 2005 再配布可能 パッケージをインストールするということみたいです。

  Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ (x86)

 ま、考えていてもどうせ分からないので、ダメ元でインストールしちゃいます。

 ...インストールしたんですが、「再起動しろ」とか「完了しました」とか表示されて [OK] ボタンなどをクリックして終了すると思っていたのでしばらく目を離していたら、いつの間にか勝手に終了しちゃってました(^^;;)。システムいじったんだろうから普通再起動必要だろ...。ということで再起動。

 WinSxS フォルダー下を見ると新たにフォルダーが3つほどできていて、その中の1つに MFC80U.DLL などが格納されていました。ZBEXを起動してイベントログを見ると...あら!、エラー出ませんよ。結局よく分からないままですが、いいや(笑)。うまくいったということにしましょう。

 最初にインストールしたときにあったかなぁ、こんなエラー。動作上はおかしなところはないみたいなので、気づかなかっただけか...。
posted by Raptor03 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows

2007年03月10日 Sat

KissDX、フォーカスが...

 なんか甘いんです。どこにもピントが合っていない、全体的ににじんでいるような写真がいくつかあるんです。当初はAF枠を自動選択にしていましたが、ときどき中心の合焦マークが点灯したのにピンぼけ(前ピン、後ピン両方あり)で写ってしまうことがときどきあったため、中心のみに切り替えてしばらく使ってみたんですが、まだ全体的にぼけ気味になることがあります。

 PCに取り込んでから撮影情報を見比べてみても、はっきりとした共通点が見いだせません。いくらエントリー機+廉価版レンズとはいえ、「こんなはずでは...」という思いです。
 このレンズの解像度の限界なのか...でも2〜3段絞ってもたいして変わらないんですよねぇ。絞りすぎてもダメだし(F16とか)。あるいは被写体に依存するのか、はたまたただ単に私の腕が悪いだけなのか、それとも私が神経質過ぎるせいなのか...。

 やっぱり自分では判断できそうもないので、カメラとレンズをサービスセンターに持ち込んで一度見てもらうことに決めました。併せてファインダーの視度調節についても。補正レンズ(-3)を入れてもなお合わないなど私的にはあり得ないことだと思いますので。

 ここからだと銀座が一番近いですね。一眼レフは預けるしかないとのことなので、月末までには行ってこようと思います。
posted by Raptor03 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ