2007年08月24日 Fri

ニコン、「D300」と「D3」を発表

 ことしはデジ一新製品ラッシュの年かもしれませんね。おそらくまだあるでしょう。

 「D300」はハイアマチュア向け「D200」の後継機種であり、同社DXフォーマットのフラッグシップ機です。
  ・有効画素数1230万画素CMOSセンサー(23.6×15.8mm≒APS-Cサイズ)
  ・ニコン初のピエゾ素子駆動によるセルフセンサークリーニングユニット搭載
  ・新画像処理コンセプト「EXPEED」採用
  ・14ビットA/D変換(RAW撮影時、16ビット内部処理)
  ・約8こま/秒の高速撮影(マルチパワーバッテリーパック使用時)
  ・AFやAWBの精度を向上させる「シーン認識システム」搭載
  ・「ピクチャーコントロール」(4種類、キヤノンの「ピクチャースタイル」と同様の機能)
  ・51点測距による新AFシステム(中央部15点がF5.6対応クロスタイプ)
  ・視野率100%(約0.94倍)ファインダー
  ・広視野角3.0型約92万ドット液晶モニター
  ・ライブビューモード搭載
  ・高速CF(UDMA)対応
  ・HDMI端子装備(Ver.1.3a、Type A)
 CMOSセンサーは先日ソニーが発表した製品をカスタマイズしたものだそうです。

 「D3」はプロ向け「D2Xs」の後継機種であり、ニコン初の自社開発35mmフルサイズCMOSセンサー搭載機です。ニコンではAPS-Cサイズの「DXフォーマット」に対して「FXフォーマット」と呼ぶことにしたようです。以下、「D300」との主な違いを。
  ・有効画素数1210万画素CMOSセンサー(36×23.9mm)
  ・DXフォーマットのクロップ撮影可能(DXレンズ装着時は自動的にクロップ撮影)
  ・倍率色収差の軽減機能
  ・約9こま/秒の高速撮影
  ・液晶モニター表面に強化ガラス採用
  ・CFダブルスロット搭載
 キヤノンと違ってDXレンズ(APS-C専用レンズ)が装着できて、しかもクロップ撮影できるというのはすばらしい機能だと思います。とは言え、最近発売されたレンズのほとんどがDXレンズで、レンズの選択肢が狭まっているので、当然と言えば当然なのかもしれません。

 いずれもキヤノン「EOS 40D」や「EOS-1D Mark III」の直接の対抗馬...ではなく、それぞれ一ランク上の内容で、比例して価格も高くなっています。従来からニコンのラインアップはキヤノンのラインアップより少し上にずらしたような設定になっていて、今回の新製品で「ウチのはキヤノンとはモノが違うんだぞ」ということがより明確になった気がします。

 全然関係ありませんが、「D3」に同梱のアクセサリーシューカバーが「BS-2」になっています。専用みたいですね。何が違うのか気になります。
 続きを読む


posted by Raptor03 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年08月22日 Wed

ソニーの次期αは1247万画素CMOS搭載

 と言い切ってみるテスツ。おそらくハイアマチュア向けモデル(「α10」?)に。いや、間違いないでしょう。

>>>プレスリリース(ソニー)
posted by Raptor03 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

クレオ、「筆まめVer.18」を9月14日(金)より発売

 毎年恒例ですが、早すぎる!

 Ver.17は細かいバグがてんこ盛りだったので(しかもいまだに修正されず)、できれば一から作り直して欲しいくらいですが、まあ市販アプリケーションとしては低価格の部類に入ると思うので許してやりましょう。
 1つほめておくと、「プロ書道家監修による宛名の自動レイアウト」機能は良い出来だったと思います。

 ただ、Ver.17の郵便番号辞書の更新はされるはずですので、今年は買わなくても問題ないと考えています。

 ということで、単なる覚え書き(^^;)。

>>>ニュースリリース(クレオ)
posted by Raptor03 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き

キヤノン、PowerShot&IXY DIGITALの新シリーズ発表

 これまたずいぶん遅出しになってしまいましたが、コンパクトデジタルカメラも取り上げてみます。発表されたのは、
  「PowerShot G9
  「PowerShot SX100 IS
  「PowerShot A720 IS
  「PowerShot A650 IS
  「PowerShot A560
  「IXY DIGITAL 2000 IS
  「IXY DIGITAL 910 IS
の7機種です。なんといっても特筆すべきは「ISだらけ」ってことでしょう。「A560」以外は全部IS搭載です。キヤノンのコンパクト機は「IS搭載が当たり前」になっていくのでしょうね。やはりあると便利ですから。

 ちなみに、私が以前使っていた「Cyber-shot F717」では手ぶれによる失敗は1枚もなく、必要性をほとんど感じませんでした(レンズがF2.0〜2.4と極端に明るかったのも関係していると思います)。

 なお、「A560」って海外では3月に発売されているモデルで、「A570 IS」からISを省いた低価格機種です(「A550」の後継ですが、ちょっと違うような...)。なぜ日本で未発売だったのかは不明ですが、なぜ今回発売されるのかはもっと不明です。

 それより、「A460」のカラーバリエーションを出したほうが良かったような気がします(海外にはブルーとレッドもあります)。そういえば前モデルの「A430」もシルバー(実はグレー)のみでしたっけ。

>>>コンパクトデジタルカメラ(キヤノン)
posted by Raptor03 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン、PDF版「EFレンズカタログ」の提供を開始

 いやぁ〜、ある意味"画期的"です。でも、なぜいままで提供していなかったのかが非常に不思議でなりません。私が知る限り、EFレンズカタログ「だけ」PDF版がなかったんですから。

 余談ですが、ファイルサイズが19.4Mバイトもあります。これは私が国内で入手したPDFカタログの中では最大です。それまでの最高記録は「LASER SHOT 総合カタログ」(2001年1月版/全42ページ)の約16Mバイトです(ISDNダイヤルアップ時代に入手→ダウンロードに1時間近くかかりました)。多くのページの背景に大きなサイズの画像が使われているためだと思われます。A4全面が画像というページも結構あります。
 EFレンズカタログも同じ理由で大きくなったんだと思います。ページ数が多いですし、大きなサイズの写真が使われていますし。...もしかしてファイルサイズが大きくなりすぎるというのが提供していなかった理由?。

 ちなみに、私が入手したPDFカタログで最大のものはCanon(USA)提供の「計算機カタログ」(2004年版/全20ページ)で、約24Mバイトもあります。なぜこんなに大きいかというと、使われている計算機の写真がとてつもなく高解像度(ほとんどが1Mピクセルくらい)だからで、400%くらいにズームアップしても全然ぼやけません。印刷したら紙のカタログとほとんど変わらない見栄えになりそうです。

 脱線失礼(^^;)。

[訂正]
 いままで提供されていなかったPDF版カタログがもう1つあるのをすっかり忘れていました。「EOSアクセサリーカタログ」です。うちの近所のカメラ屋ではほとんど見かけることはありませんので、できれば提供して欲しいです。
 ちなみに、私が入手できた紙のカタログは10年間でたったの5冊です(そのうちの3冊はオークションなどで入手したものです)。

[追記:2007年8月27日(月)]
 先日更新された「パーソナル向けスキャナ総合カタログ」、ファイルサイズが16Mバイトを超え、歴代3位となりました。しかもたった12ページです。
 なんでそんなにでかいのかと思ったら、PDFなのに「ほとんどが画像データ」ですた。当然文字列検索は不可能で、Readerしか持っていない私にとってはまさに「見るだけ」の単なる画像です。...これではPDFにした意味がほとんどないと思いますが?。

 いままでも文字列のコピペを許可していないカタログはありましたが、ここまで徹底しているPDFカタログは最近では記憶にありません(古〜いものだとスキャナーで取り込んだ画像を変換しただけというのがありました)。

>>>製品カタログ - デジタル一眼レフカメラ(EOS DIGITAL)
>>>製品カタログ - パーソナル向けスキャナ(CanoScan)
posted by Raptor03 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年08月20日 Mon

キヤノン、「EOS 40D」&「EOS-1Ds Mark III」などを発表

 出ました、キヤノン祭りです(謎)。

 まず「EOS 40D」です。有効画素数約1010万画素CMOSセンサー(22.2×14.8mm≒APS-Cサイズ)、「センサーダスト対策機構(EOS Integrated Cleaning System)」、「DIGIC III」、3.0型液晶モニター(約23万画素)、ライブビュー機能あたりは予想されていた方も多いと思いますが、防滴性能の向上(新登場の「BG-E2N」も)、全点クロス9点AFセンサー、最高約6.5こま/秒、交換可能フォーカシングスクリーンは私的には予想外でした。

 全体的には20D→30Dの時とは「進化のレベル」が全く違い、「EOS-1D Mark III」にかなり近づいた印象です。KissDX持ちの私から見るとうらやましい限りです(比べちゃいかんでのですが...)。

 なお、コミュニケーションパートナー(イメージキャラクター)には俳優の渡辺謙さんが抜てきされました。以前から写真が趣味で、EOSユーザーだそうです。ニコンのキムタクに対抗したということですね。

 次に「EOS-1Ds Mark III」。なんと言っても有効画素数約2110万画素CMOSセンサー(フルサイズ)ですね。こっちは単純に「EOS-1D Mark III」の21Mピクセル版としか言いようが...。などと言うと失礼かもしれませんが、本当にそれだけって感じです。

 あ、「Mark II」から進化した点として、最高約5こま/秒の高速連続撮影がありました。画素数が大幅に増えたのに速度が(わずかかもしれませんが)上がっているというのは驚きです。

 続きを読む
posted by Raptor03 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

ウィングレット

 きょう午前中に起きたチャイナエアラインの「737-809」(B-18616)の炎上事故。事故機はいわゆる「737NG(New Generation)」の一種で、1997年から導入が始まった第3世代の「737」です。ま、事故のことはそこらじゅうで取り上げられているので、私はちょっと違う視点から取り上げてみます。

 今回事故を起こした機体は「ボーイング Model 737-800型」。「737」といっても第2世代までの機体とは別物と言ってもよく、翼も新設計で形状も違います。一番目を引くのが主翼先端に付けられた「ブレンデッド・ウィングレット(主翼一体型翼端小翼)」でしょう。飛行中に翼端後方に発生する渦流(翼端渦)を抑制して空気抵抗を減らし、燃費を改善させる効果があります。

 ただし、ボーイングではこれをオプションとしているそうで、チャイナエアラインでも後付けだったようです。今回の事故機も昨年の7月ごろに取り付け工事を行なったとのことです。

 なお、「エンジン付近から燃料漏れと煙を確認」ということなので、
  ・エンジンあるいは燃料系統の整備に問題があった
  ・エンジンや燃料系統自体になんらかの欠陥や不具合があった
 などと指摘されています。いずれにしても同型エンジン(「CFMインターナショナル CFM56-7B」)を搭載する航空機の総点検が行なわれるでしょう。特に新しい設計ではないんですけどね。

>>>「B-18616」の写真
>>>CFM56-7B(CFM International)
posted by Raptor03 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年08月17日 Fri

シグマ、「18-200mm F3.5-6.3 DC OS」のニコン用はHSM搭載

 「D40/D40x」があるので密かに予想はしていました。最近シグマから発売されたニコンマウント用レンズはほとんどがHSM搭載ですし。
 ニコン謹製「AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm 18-200mm F3.5-5.6G(IF)」より2万円前後も安いので、ヒットするかもしれませんね。

 しかし、すでに購入したキヤノンユーザーにとっては「そ、そんな...」的な製品でしょう。しかも同価格ですからね。私もHSM搭載なら買ったのに(←ウソ)。

>>>シグマ(新着情報)
>>>18-200mm F3.5-6.3 OS(製品情報)
posted by Raptor03 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年08月15日 Wed

37℃

 「風通しの良い屋内」です。屋外(日陰)は39℃で、ピークは16時ごろでした。私の部屋なんか冷房ガンガンかけていても設定温度(28℃)には到達せず、結局最高で34℃まで上がりました。午後は西日が当たっている壁(もちろん室内側)やドアノブなどの金属部分が温かくなってましたよ。

 ところで、PCはCPUファンがなるべく回らない「CPU制御:自動調節、CPUファン制御:Level1(サイレント)」に設定していました。CPU速度は犠牲にしてもファンがうなっているのはイヤだったので。
 しかし、ここのところキーボード(CPUやGPUがある)やパームレスト(左側にHDD)、ディスプレイ下部(下1/4くらい)が常に高温になっていて、PC自体が暖房器具と化しています。これじゃマズイということで、「CPUファン制御:Level5(パフォーマンス)」に変更しました。これで改善されるのかは不明ですが。

 なんだかなー。でも、異常気象もここまでくると逆におもしろくなってきます。どうせなら観測史上最高とか記録しちゃえばいいのに(ぉ)。

[追記]
 18時ごろ、ググっていたら突然IEが落ち、CPU使用率100%になり、次いでエクスプローラまでが無反応になり…(おもいっきり中略)…最後にはSTOPエラーが出ました。
 「前回正常起動時...」で起動したんですが、チェックディスクやらなんやらやっていたらこんな時間に。つか、

    キーボードがすっっげー熱い(笑)。

 あー、いったい何??。私ゃ何もしてないぞ、ゼッタイ!!。
posted by Raptor03 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象

エプソン、PX-G5100用プリンター・ドライバーをアップデート

 それぞれちょっとずつアップしてます。いずれもきょうまで気づきませんでした(^^;)。
  1. プリンタドライバ Ver.6.53 (公開日:7月20日)
  2. ドライバアップデータ Rev.1.2 (公開日:7月13日)
  3. かんたんプリントモジュール (公開日:7月20日)

 1.のアップデート内容は、
------------------------------------------------------------------------
  【変更点】
    Adobe Improved Printing Experience に対応しました。
    (Windows 2000除く)

    ※Adobe(R) Photoshop(R) CS3でカラーマネジメントを行う場合、
     プリンタドライバのカラー設定が自動的に「色補正なし」に設定
     されます。
     なお、Windows XPで本機能をご使用になる場合には、Microsoft
     .NET Framework 3.0が必要です。
------------------------------------------------------------------------
 ...あまり関係なさそう。
 2.は、
------------------------------------------------------------------------
  【変更点】
    ・Windows Vistaにて他社製プリンタドライバがインストール済みの場合に、
     一部の「カラリオかんたんプリント」対応アプリケーションから印刷
     できない問題に対応しました。

    ・筆まめ Ver.17でアプリケーションプレビューが正しく表示されるように
     対応しました。
------------------------------------------------------------------------
 筆まめVer.17の「アプリケーションプレビュー」というのが分かりません。印刷プレビューかな?。だとしたら結構重要かもしれません。
 3.も筆まめで使います。ただしこれは新プリンターに対応させた程度だと思います。なお、PM-4000PX用にも2.と3.が公開されていますが、同じファイルです。2.が1回の実行でいいのかどうか不明です(3.は1回でよい)。

 とりあえず...全部適用w。旧バージョン(Ver.6.52)をアンインストールしてからVer.6.53をインストール...正常に終了しましたが、通知領域に「問題が発生した」バルーンが表示されて一瞬焦りました(すぐに消えてしまった)。いったんプリンターの電源をOFF、しばらくのちONしてみましたが、正常に認識されましたので問題ないようです。
 すぐにドライバアップデータを適用してみました。あっという間に「更新は正常に終了しました」とだけ表示されて終わりました。機種には依存しないようで、適用は1回でいいようです(あいまい...)。最後にかんたんプリントモジュールを適用、で終了です。
posted by Raptor03 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

マイクロソフト、8月の月例パッチを公開

 きょうも"黄色い盾"から実行します。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS07-042KB936227KB936021緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム(XML3.0)
2.KB936181緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft XML コアサービス 4.0 Service Pack 2 用セキュリティ更新プログラム
3.KB933579緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft XML コアサービス 6.0 および Microsoft XML コアサービス 6.0 Service Pack 1 用セキュリティ更新プログラム
4.MS07-043KB921503-緊急OLE オートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS07-045KB937143-重要Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム
6.MS07-046KB938829-緊急GDI の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS07-047KB936782-重要Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用 Windows Media Player 11 のセキュリティ更新プログラム
8.MS07-050KB938127-緊急Vector Markup Language の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用 Internet Explorer 7 のセキュリティ更新プログラム
9.-KB938828--Windows XP 用の更新プログラム
10.-KB890830--Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2007 年 8 月
 1. 〜3. はXMLコアサービス3.0/4.0/6.0のパッチ...というか現行主要OSが対象ですので、対象PCの数は膨大だと思われます。
 9. はエクスプローラがコケてSTOPエラーが出るという現象の修正パッチらしいです。一部ではエクスプローラがらみの別の不具合を修正できるという情報もありますが、根拠が確認できませんでした。。。いずれにしてもAdobe Reader 8との関係はなさそうです。

 ここでPCを再起動し、エクスプローラを起動してフォルダーを表示してみると...以前より左ペインの表示が遅くなりました。直っていないどころか以前より悪くなっているような...。

 続いてOffice Updateへ。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS07-042KB936227KB936048緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 セキュリティ更新プログラム(XML5.0)
2.MS07-044KB940965KB940602重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Excel 2003 セキュリティ更新プログラム
3.KB940604重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Excel Viewer 2003 セキュリティ更新プログラム
4.KB936643--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2007 年 8 月
 1. はまたまたXMLコアサービス(5.0)です。現行主要Officeが対象なので、これまた相当数のPCが対象に。

 うへぇ〜、すっげー見づらい(^^;)。...ていうか、今回もてんこ盛りだったんですね。しかもほとんどが緊急です。

 そういえば多くの企業がお盆休み中だと思いますが、どうしているんでしょうね、アップデート作業。電源入れっぱなしで自動更新...じゃないよなぁ。アップデート作業要員か誰かが出勤しているとか?(まさかね)。普通は休暇明けの始業前にあわてて...ということになるんでしょうね。

[追記:2008年4月13日(日)]
 表形式に変更。

[追記:2008年12月29日(月)]
 タイトル、表レイアウト等を変更。
posted by Raptor03 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2007年08月13日 Mon

ペルセウス座流星群

 久しぶりに"観測"してみました。結果、約45分間で10個でした。

 ...いや実は屋外に出るのがめんどくさくて「部屋の中から網戸越しに、北北東方向のみ」という状況だったので、明るく輝いたものだけしか見えず、相当数見逃していたと思います。それでも火球に近い激しく長く輝くものを2個観測できたので良しとしましょう。



 ペルセウス座流星群といえば、高校生のころを思い出します。当時学校の理化学部に所属しており、夏休みということもあって部員4名での観測を敢行しました。場所は周囲に明かりのないところをということで近所の小学校の校庭に決まりました。周りを田んぼに囲まれた文字どおり田舎の学校なので最高の環境でした。

 23時ごろに小学校直近にある部員の家に集合し、準備を整えていざ小学校へ。やっぱりだぁれもいません。ていうか、当時はマスコミも全く騒がず、知っている人は非常に少なかったんではないかと。

 校庭のほぼど真ん中に特大のレジャーシートを敷き、周囲に蚊取り線香を4個配置たうえで露出部分に虫除けスプレーを噴射(^^;)、各自持ち寄った枕やクッション、座布団等を使って仰向けの体勢を取り、観測範囲を輻射点を中心に東西南北に分け、0時ごろから観測を開始しました。
 運良く空は快晴で、確か月は夜中以前に沈んでいたため、観測には影響なかったと記憶しています。流星は2〜3時ごろにピークを迎え、最高で1時間に約50個を観測できました。火球も5個ほど見ることができ、大満足の結果でした。

 同じ日、私たちとは別に天文部が長野県の高原で観測を行なったそうですが、関東より空気が澄んでいるのにあいにく曇りがちで、1時間に最高30個程度しか観測できなかったそうです。
posted by Raptor03 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年08月07日 Tue

アドビシステムズ、Flash Playerのぜい弱性を修正

 7月10日に公開されていたようですが、なぜかきょうVAIO Updateを通じて知りました。遅い、遅すぎるっ!!

 バージョンは 9.0.45.09.0.47.0 となります。普段はダウンロードセンターにてオンラインアップデートしていますが、今回はアーカイブごとダウンロードしてローカルからインストールしてみました。

 インストール後、
  C:\WINDOWS\system32\Macromed\Flash
 に
  Flash9d.ocx (ファイルバージョン:9.0.47.0、タイムスタンプ:2007-06-12 05:04)
 があったので成功しているようです。

>>>APSB07-12: Flash Playerのセキュリティ脆弱性に対処するためのアップデート公開 (2007年7月10日)
>>>テスト用のアーカイブ版 Macromedia Flash Player の提供について

[追記:2012年2月17日(金)]
 一部修正。
posted by Raptor03 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems

2007年08月04日 Sat

『ラオックス ザ・コンピュータ館』が9月末に閉鎖へ

 へぇ...知らなかったです、経営再建中だったとは。

 何を隠そう(?)、私がPC関連商品を最初に購入したのが『ザ・コン』でした。購入したのは会社で使うための3ボタンマウス「Logitech LogiMouse C7 Plus」(IBM PC/AT用、RS-232C接続)。購入日は1990年2月24日です。つまり、正式オープン(1990年4月)前です。当時まだ工事が終わっておらず、一部だけ開店していたと記憶しています。店舗名は『ラオックス新館』でした。

 そのころの秋葉原にはまだPC専門店が少なく、大型店は皆無でした。私はそれ以来PC本体/関連商品のほぼすべてを『ザ・コン』で購入し続けます。「NEC PC-9801T/W5」、「キヤノン LBP-B406S」、「一太郎Ver.4.3」、「Aldus PageMaker 3.0J/SE」...。結局2004年ごろまでは「秋葉原へ行く=ザ・コンへ行く」みたいな感じでした。

 よくよく考えると、「キヤノワード α20」を購入したのも『ラオックス 本店』なので、家電製品の買い物で一番多い(総額)のが『ラオックス』だということに今さら気づきました。

 いやぁ、それにしても残念。...とは言うものの、2005年の2回目のリニューアル以降1回も行ってなかったりしますが(^^;)。

>>>プレスリリース(ラオックス)

posted by Raptor03 at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他