2007年09月27日 Thu

キヤノン、BJ用写真用紙の新製品

 光沢系用紙が2種類加わります。
   1. 「キヤノン写真用紙・光沢ゴールド GL-101」
   2. 「キヤノン写真用紙・光沢 GP-501」
 いずれも従来同等製品より価格が引き下げられています。

 1. は生産終了が決まった「スーパーフォトペーパー SP-101」の後継製品です。インク受容層を2層構造とすることで発色性を向上させたとしています。ネーミングがすごいですが、どうやらエプソンに対抗して「分かりやすく、より高級感を」ということだと思います(勝手に推測w)。
 坪量が270g/m2→260g/m2とほんのわずかに少なく(=密度が低く)なっていますが、厚みは同じなので違いが分かるほどではないと思います。

 また、この「GL-101」にのみ新たにKGサイズ(102×152mm)が加わります。やはりエプソンの影響でしょうか。実はキヤノンも海外ではずっと以前からさまざまなタイプの用紙に設定していた"定番サイズ"だったりします(パッケージ表記は「4×6inch」あるいは「10×15cm」)。

 2. は海外ではすでに発売済みの上質紙ベースの光沢紙で、やはり生産終了となった「エコノミーフォトペーパー EC-101/201」および「キヤノン光沢紙 GP-401」の後継製品です。というより、「EC-201」の名称/型番変更&サイズ追加&値下げと言ったほうがしっくりきますね。

 こう言っちゃあなんですが、「EC-101」と「EC-201」が同じシリーズというのは本来おかしいと思います。坪量も厚みも白色度も違うんですから。加えてサイズの違いで名称/型番を別にした「EC-101」と「GP-401」はもっとおかしいです。非常に分かりにくいです。

 インクと違ってキヤノンの用紙は頻繁に変更・追加が行なわれてきたために分かりにくいです。たとえばビギナーでも品質が分かるような名称にしたほうが購入しやすくなるんじゃないかと思うのですが(...余計なお世話か)。

[追記:10月2日(火)]
 新製品ですが、「キヤノン写真はがき・光沢 KH-301 100枚」を見落としてました。「KH-201N」の実質値下げバージョンです。「GP-501」に近い表面仕上げだと思われます(白色度は控えめ)。

 もう1つ、KGサイズに関してですが、昔のカタログを見返していたところ"ミシン目を切り取ると縁なし写真ができあがる"という「フォト光沢カード FM-101」(販売終了)を発見しました。このFM-101の仕上がりサイズがKGサイズでした。
 ただし、「KG」とは明記されておらず、「101.6×152.4mm」と記されています。この商品は先に欧米で発売してから日本に"逆輸入"される形で発売したもののようです(入り数は20枚→30枚に増量)。

 ちなみに、キヤノンの海外製品には現在もKGとは明記されていません。A4やA3といった国際規格で名称が決められているもの以外は実際の大きさ(縦横の長さ)が数値で表記されています。アメリカだけで通用するレターやリーガルも数値(一部でレターはLTR)、L/2L判も数値です。
 ただ、cmの場合は整数のみ、インチの場合は小数点以下第一位くらいまでのアバウトな値になっていることが多く、KGとフォトカード/はがきなど大きさが近いとどちらを指すのか分からない場合もあったりします。

>>>キヤノン - PIXUS 用紙一覧
>>>キヤノン写真用紙・光沢ゴールド GL-101



posted by Raptor03 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

キヤノン、プリンター新製品発表

 引き続き複合機が主力です。一部(MP610/iP4500)を除いてヘッドはそのままですが、「クイックスタート」の導入と印刷速度の向上ということで高速化に主眼が置かれたようです。その他、目立った変更点はソフトウェアによる「自動写真補正」でしょうか。Exif情報だけではなく、画像の自動判別技術を組み合わせた独自の補正技術のようです。

 「MP610」と「iP4500」はヘッドに変更がありました。昨年発売の「MP810」に採用したヘッドですね。従来はシアンとマゼンタは5pLと1pLの2列構成だったのですが(往復が別々なので実は左右対称配置の256ノズル×4列)、新たに2pLノズルを加えて"3列構成"にしたものです。1pLノズルによる重ね打ちを2pLノズルに任せることで印刷速度を向上しているそうです。

 結局、7色以上は「PIXUS Pro」しかなくなってしまいました。ほかはBCI-7e(染料)のみ、あるいはBCI-7e+BCI-9BK(顔料)の組み合わせで4色/6色構成に収束しています(キヤノンの言う7色は実質6色、5色は実質4色です)。コスト的には有利なのかもしれませんし、ユーザー側からすれば分かりやすくていいとは思いますが。

>>>キヤノン(ニュースリリース)
posted by Raptor03 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

2007年09月20日 Thu

エプソン、プリンター新製品発表

 出ました、「PX-G5300」。きょう体を「PX-5800」似のものに一新(中身は一緒)、インク構成を変えてきました。ブルーの代わりにオレンジ、その他のインクもすべて新開発の「New PX-Gインク」とし、色再現性を改善したとのことです。でもグレー系はなし、「高速MACHヘッド」や「REALOID」もなし、MSDTも同じです。唯一といえるのがカラーバランス改善技術「LCCS」でしょうか。

 結局、マイナーチェンジの域を出ていない感じがしますが、これまでのPX-Gシリーズの完成度は案外高かったのかもしれません。いろいろいじくり回すより成熟させたかったのかも。ということで、「PX-5500」の後継機に期待。

 "通常の"カラリオシリーズはやはり複合機が中心です。単機能タイプの「PM-G860」はデザインが「PX-G5300」にちょっと似ています。

>>>カラリオ(ニュースリリース)
>>>PX-G5300(ニュースリリース)
>>>PX-G5300(製品情報)
posted by Raptor03 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

「LBP5000 タイガースモデル」?

 Satera(LBP)のページをうろついていてふと見ると変なバナーがあることに気づきました。
  『阪神タイガース承認 LBP5000 タイガースモデル
 ...はぁ?(^^;)。

 何の関係があるんでしょうか。

 ていうか、これって一応オフィス向けなんですけど。これをオフィスで使うんでつか?。まあ、安い部類なので個人が買う可能性もありますが。

>>>[参考]LBP5000(ニュースリリース)
posted by Raptor03 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

マイクロソフト、Office 2003 SP3を公開

 SP2から約2年ですか。けっこうたまってますよね。

 SP2の時は自動更新の通知で知り、すぐ適用しましたが、今回はダウンロードセンターとOffice Update/Microsoft Updateによる提供で、自動更新(優先度の高い更新プログラム)による配布は2008年4月以降開始とのことです。

 試しにファイルをダウンロードしてみると約148Mバイトでしたが、Office Updateで確認すると私の環境では約110Mバイトでした。また、Excel/Word ViewerのSP3もあり、両方とも10Mバイト前後です。
KB934737Excel Viewer 2003 Service Pack 3
KB934736Word Viewer 2003 Service Pack 3

 このアップデートを適用した場合、Office各アプリケーションからファイルの保存を行なう際にファイル型式として .html、.mht、.rtf、.xml を選択するとOfficeのバージョン番号を含まなくなるそうです。私には...関係ないか。

[追記:2007年10月5日(金)]
 バージョン情報(Excel 2003)です。
Microsoft Office Excel 2003 SP3

>>>Microsoft Office 2003 Service Pack 3
>>>Office 2003 Service Pack 3 (SP3)
>>>[KB923618] - Office 2003 Service Pack 3 について
>>>[KB938807] - Office 2003 Service Pack 3 をインストール後、特定の形式でOffice ファイルを保存するとバージョン番号が格納されません。

[追記:2008年4月13日(日)]
 レイアウトなどを修正。

[追記:2008年12月29日(月)]
 一部変更。
posted by Raptor03 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Office Update

2007年09月19日 Wed

キヤノン、KissDXのファームウェアをアップデート

 Version 1.1.1です。

 変更内容は、
  1. 新レンズ(EF-S18-55ISEF-S55-250ISEF1428L2)の詳細情報を追加
  2. メニューの表示言語にポーランド語を追加
の2点です。...私にはほとんど関係ないですが、もちろん適用っと。

>>>EOS Kiss Digital X ファームウェア 変更 Version 1.1.1
posted by Raptor03 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年09月12日 Wed

表示できません。

 4日から突然「www.canon-sales.co.jp」が表示できなくなりました。3日の22時ごろは普通に表示できていましたが、日付が変わって10分後くらいにググった結果(ニュースリリースのページ)をクリックしたらダメでした。
 何度か「このページは移動しました」とかいう案内ページも見た気がするんですが、それも表示されません。サーバーからきれいさっぱり消されている感じです。

 「もしかして...私だけ?」とか思ってルーターを再起動したり、NIS2007の設定を確認したりとさんざんない知識をしぼりながら探ってみましたが、結局分かりませんでした。

 とは言え、「www.canon.co.jp」と「www.canon-sales.co.jp」を「canon.jp」に統合してから約6年、社名を「キヤノン販売」から「キヤノンマーケティングジャパン」に変更してから1年以上経過したわけですから、一部そのままの形で残してあったり、リダイレクトしてくれていた(?)こと自体が本来はおかしなことだったのかもしれません(「www.canon.co.jp」はいま現在も「canon.jp」にリダイレクトされます)。
 また、「www.canon-sales.co.jp」の部分を「cweb.canon.jp」に変更すれば表示されるページも多いので、ほとんどの人にとってたいした問題ではないのかもしれませんね。

 しかしなんでいま突然? 事前のアナウンスはなかったと記憶しているんですが(...そんなことまでアナウンスする義務はないか)。

 でもやっぱり気になってしかたないので、キヤノンに直接問い合わせてみることにしました(問い合わせフォームより)。

[追記]
 送信して1時間程度でさっそく返信がありました。
  ・そもそも「www.canon-sales.co.jp」は2001年12月のドメイン変更以降、DNSサーバーから削除済みなのでアクセス不可能になっていた
  ・ことし8月ごろから9月3日までの間、DNSサーバーの作業を行なっていたために「www.canon-sales.co.jp」でもアクセス可能な状態になっていた
  ・その間、Googleの一部検索結果が「canon.jp」から「www.canon-sales.co.jp」へ変更されたと思われる
 という内容です。

 あれぇ、おかしいなぁ...。「ことし8月ごろから」じゃなくて、もっとずっと前(3月ごろ、7月ごろ)にも頻繁にアクセスしてたんですけどねぇ。お気に入りにもいくつか登録してあったので確認すると、タイムスタンプが7月11日のものがありました。

 んあ゙ぁ〜〜、なんか、余計混乱してしまいました。いずれにしても、二度とアクセスできなくなったことだけは理解できました。残念(謎)。

 ...って、何検索してるのかって? それはナイショでつ(^-^;)。

[追記:2008年1月31日]
 記事のカテゴリを変更しました。

>>>[参考]キヤノンとキヤノン販売のウェブサイトを統合(ニュースリリース)
posted by Raptor03 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

マイクロソフト、9月の月例パッチを公開

 またしても"黄色い盾"の異常かと思ったら、正常のようです。
KB890830Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2007 年 9 月
 これ1つだけです。なんでも直前に公開が中止されたパッチがあるとか。

 ...なんか、これだけだとさすがに寂しいですねぇ。

[追記:9月13日(木)]
 念のため久しぶりに再起動しました。ここまでの連続起動時間は418時間で、歴代2位を記録しました(^^;)。

[追記:2008年4月13日(日)]
 表形式に変更。

[追記:2008年12月29日(月)]
 タイトル等を変更。
posted by Raptor03 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2007年09月07日 Fri

ソニー、ハイアマチュア向け「α700」発表

 3けたでしたか...。予想と全然違いました。ということは35mmフルサイズ機は「α900」とか?。

 見た目はPIE2007に参考出品されたモックアップとほとんど同じですね。
  ・有効画素数1224万画素CMOSセンサー「Exmore」(APS-Cサイズ相当、先日発表された自社開発のもの)
  ・センサーシフト式手ぶれ補正(補正量:2.5〜4段分)
  ・中央デュアルクロス11点AFセンサー(中央横センサーはF2.8対応)
  ・連続撮影枚数:5こま/秒
  ・「クリエイティブスタイル」機能搭載(キヤノンのピクチャースタイルと同等の機能、14種類をプリセット)
  ・3.0型92.1万画素「エクストラファイン液晶」
  ・CF(UDMA対応)/MS Duoのデュアルスロット
  ・HDMI端子(TypeCミニ)
  ・マグネシウム合金ボディー(防塵・防滴設計)

 私が最初に注目したのは新開発のリチャージブル・バッテリーパック「NP-FM500H」です。なんと"インフォリチウム"が復活しました。1%単位の詳細表示はうらやましい。しかも従来の「NP-FM55H」とほぼ同形状ということで、充電器は共用、α100にも使用可能だそうです(インフォリチウムは機能せず)。容量は50mAhだけアップ。
 というか、「NP-FM55H」が生産終了ということで、後継製品ということになるようですね。なお、「NP-FM500H」には表側に溝が形成されているので、α700に「NP-FM55H」「NP-FM50/FM30」は物理的に装着できないと思われます。

 私的に非常に残念なのが縦位置グリップ「VG-C70AM」です。キヤノンやニコンのものと比べると1.5倍くらいの高さがあり、装着すると異様にデカくて不格好です。横幅より高さが上回ってしまいます。ちょっとあり得ません。ほとんどのリュック型カメラバッグには収まらないでしょうね。

 レンズも新製品が出ますね。新開発の「DT 16-105mm F3.5-5.6」ですが、APS-Cで24〜157.5mmとはちょっと変わった画角です。少なくともキヤノンやニコンにはこれに相当するレンズはありません。広角24mmって風景撮影にちょっと使ってみたい気がします。

 最初見たときに「?」と思ってしまったのが「DT 18-250mm F3.5-6.3」です。「DT 18-200mm F3.5-6.3」があるのに早くも望遠側を伸ばしただけのモデルを追加するということは、1万円の差額やわずかなサイズアップがあっても売れる見込みがある、という自信があるんでしょう。...ということでしつこすぎますがキヤノンもいいいかげん出してくれぇ〜〜(笑)。

 もう1つ、さらに「??」なのが「DT 55-200mm F4-5.6」です。たとえば18-55mmとかがあるならなるほどとも思えますが、現在のところ合うのが「DT 18-70mm F3.5-5.6」です。ちょっと中途半端になってしまっている気がします。

 ちなみに、これらは超音波モーターじゃないんですよね。Gレンズ(キヤノンで言うところのLレンズ)以外には搭載されないんでしょうか。

 関係ないですが、「DT 16-105mm F3.5-5.6」の詳細ページにある写真、奥日光の湯滝です。春〜夏ごろのものだと思います。

 UDMA対応CFカードもソニーから新規に発売になるようですね。300倍速(書き込み速度:45Mバイト/秒)をうたっています。あら、専用の液晶保護シートまで。至れり尽くせりですねぇ。

 ラインアップは本体のみ、DT16-105mmレンズキット、DT16-80mmレンズキット(1000台限定)の3種類です。

>>>プレスリリース - α700(ソニーマーケティング)
>>>プレスリリース - αレンズ(ソニーマーケティング)
>>>α製品情報
>>>DT 16-105mm F3.5-5.6
posted by Raptor03 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年09月01日 Sat

「EOS 40D」、CM開始

 初めてですかね、Kiss以外のEOSでは。いいですねぇ、私は好きです、こういうCM。

 関係ありませんが、「よんじゅうでぃー」と読むんですね。私は「よんまるでぃー」と読んでいました。

[追記追記を修正]
 CMに出てくる幻想的な湖はカリフォルニア州にあるモノ・レイク(Mono lake)という塩湖だそうです。異様な姿をした塔みたいなものは「Tufa Tower」と呼ばれる炭酸カルシウムのたい積物だそうです。元々は水面下にあったものが上流の川にダムが造られて湖の水位が減り続けたために、水面上に姿を現したものとのことです。「Tufa Tower」は日本で言えば天然記念物に指定されていて、採集等が禁止されています。

 ...行ってみないなぁ。

 Googleマップで見てみました。けっこうでかい湖ですね。干上がっている様子もはっきり分かります。

>>>EOS 40D スペシャルサイト
>>>Yahoo!動画 - EOS 40D「私に応える正統」篇→公開終了
>>>[追記:9月7日]Yahoo!動画 - EOS 40D 発表会
>>>Mono Lake, California - Google Maps

posted by Raptor03 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

"黄色い盾"出現

 何かと思ったら、
KB933360Windows XP 用の更新プログラム
 夏時間ルール(サマータイム)の変更に対処するためのもので、2月の月例パッチで配布されたKB931836のアップデート版だそうです。

 なお、この更新プログラムは8月1日に公開されたものだそうで、これ自体数回アップデートされているそうです。29日に"黄色い盾"が出た人が多いようなので、やはり私の"黄色い盾"は壊れているとしか思えません。おそらく、私が気づかないうちにチェックしたんだと思いますが、何らかの影響で「途中でやめてしまう」感じです。何日かすると再チェックしていて、それで成功することもあるんでしょう。いくら調べてもいまだに原因や対処法は不明ですが。

 念のためWindows Updateに見に行ってみると、優先度の高い更新プログラムには以下も。
KB939683Windows XP 用 Windows Media Player 11 の更新プログラム
 更新内容が全く意味不明です([スタート]メニューの固定リストって何??)。8月28日公開...って、やっぱりダメダメでつ、"黄色い盾"。

 某掲示板サイトによると、置き換わるはずのKB931836が復活したという報告もあります(Windows XPのみ?)。なんとなくヤバそうなにおいがしましたが、後回しにするのもややこしい気がするので適用しちゃいます。

 ...結果、KB931836の復活はありませんでした。再起動なしです。WMP11の更新プログラムは結局なんだかさっぱり分かりませんでした。

>>>[KB933360] - Microsoft Windows オペレーティング システム用の 2007 年 8 月の累積的なタイム ゾーン更新プログラム
>>>[KB939683] - FIX: Windows XP の Windows Media Player 11 の更新 (機械翻訳)

[追記:2008年4月13日(日)]
 文章を一部修正。

[追記:2008年12月29日(月)]
 一部変更。
posted by Raptor03 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新