2007年11月20日 Tue

キヤノン、Picture Styleファイルの"新作"を公開

 ポートレート撮影向けですので、私は使わない可能性もありますが、一応ダウンロード。
  1. スタジオポートレート
  2. スナップショットポートレート
 主にコントラストの違いがあるようですが、色合いなども微妙に異なるようです。

>>>ピクチャースタイルファイルダウンロード


posted by Raptor03 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2007年11月19日 Mon

Excel 2003、またバグ発見

 「オートフィルタ」を使って絞り込みを行なった場合、抽出されたデータをカーソルキーで「セルを下から上へ移動する」となぜか1行おきに移動してしまう現象が発生します。発生条件は、

  絞り込みを行なう列に、縦方向に結合したセルが存在する

です。

 結合セル(複数行)から実際に抽出される行は「一番上の行のみ」になることが関係しているのでしょうけど、なぜ結合行数に関係なく必ず「1行おきに移動」なのかは分かりません。

 過去のバージョンでは気づかなかった現象です(というか、オートフィルタなんてほとんど使っていなかった)。Excel 2007でも発生するのでしょうかね。

posted by Raptor03 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Office

2007年11月16日 Fri

フォントのバージョン

 既出かもしれませんが、Windows標準のフォントビューアー(fontview.exe)に"バグ"を発見しました。

 かつて使っていた「筆まめVer.11」のCD-ROM内にあるフォントのバージョンを確認しようとしたんですが、インストール済みの「筆まめVer.17」にバージョンの新しい同じフォントがあり、なぜかそちらが表示されてしまうことに気づきました。別のフォントでも確認しましたが、必ずインストールされているほうのデータを表示してしまうようです。
 マイクロソフトに言わせると"仕様"なんでしょうけど、私に言わせりゃ手抜きですよ、これ。

 これでは正確なバージョンが把握できない...ということでフリーソフトで何かできのいいフォントビューアーがないかと探してみました。すると、皮肉にもマイクロソフトのフォント関連のページにてエクスプローラ用のプロパティ拡張アドイン「Font properties extension」なるものを発見しますた。英語版ですが、問題なくインストールできました。

 ただ、
  ・.ttf/.otfファイルのプロパティが3段表示になってウザくなる
  ・当該タブは全部英語表示
  ・文字が小さすぎて見づらい(MSのJIS2004対応フォントを適用していると輪をかけて汚くなる)
  ・拡張子が.ttcのファイルはどこかにコピーして.ttfに変更しないとタブが表示されない
  ・日本語フォントのように収録文字数が多いとプロパティが表示されるまで時間がかかるようになる
 という"弱点"もあったりしますが、フリーソフトなのでなんとか許せる範囲ということにしておきましょう。

FontPropertiesExtension [表示例]

 ちなみに、同じフォントでもマイクロソフトの「Digital Image Pro 10」(DIP10)やOffice 2003付属のものと「はがきスタジオ2004」(HS2004)付属のものではエクスプローラで表示されるアイコンが違います。DIP10/Office 2003はOpenTypeのもの、HS2004はTrueTypeのもので、たいていHS2004のほうがバージョンがわずかに古いです。

 ま、こんなふうにフォントのバージョンにこだわること自体ナンセンスなのかもしれませんが、「なんでバージョン上がってるんだろう?」とか考えるとなんとなく「新しいに越したことはない」と思ってしまうんですよ(^^;)。

[追記:2007年11月16日(金)]
 ↑やっぱりダメですた、「Font properties extension」。

 プロパティを表示させ、拡張されたタブをクリックしたとたんにエクスプローラが落ちまくるようになったのでアンインストールしますた。詳しい原因は不明ですが。

 めんどくさいですが、フォントのバージョンはMIFESで開いて確認することにします。

>>>Microsoft typography - Font properties extension, version 2.30
>>>Microsoft OpenType Font File Properties Extension

posted by Raptor03 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント

2007年11月15日 Thu

Yahoo!JAPANの新トップページ(ベータ版)

 21時すぎ、Yahoo!JAPANにアクセスしてみると、「今すぐ新トップページを使ってみる」というような文字が見えたので、「ああ、先月ニュースで見たやつか」と思って何の気なしにクリックしました。表示幅が広くなり、今までよりは見やすくなっています。US版に近いデザインですね。

 先月、一部のYahoo!JAPANユーザーに先行公開するということが書かれていたのを見た気がしたのでニュースサイトを探してみると、やはり「10%のユーザーに先着順で公開」ということのようで、私がその一部ユーザーに当たったようです。

 一度移行すると左上の「もとのトップページに戻す」をクリックしない限り、そのままになります(ログアウトしても)。で、試しに「もとの...」をクリックしたら、アンケートページが現われ、「新トップページは二度と出現しないかも」だそうです(^^;)。アンケートに答え、戻ってみると確かに何事もなかったかのように、「今すぐ新トップページ...」は出てきませんでした。

 もう一度移行することは可能かググってみると、「新トップページ - ガイドツアー」へアクセスすることで移行できることが判明、さっそく再移行。気に入ったので、このまま新トップページにしておきます。

 なお、正式版の一般公開は2008年1月1日です。
posted by Raptor03 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年11月14日 Wed

「MS07-057」問題 - その2

 マイクロソフトのTechNetで前回発見したMS07-057問題の続編です。きょうも数回試してみましたが、クリックしてからページが表示されるまで必ず1分20秒前後かかります。何かがおかしいのは確実なのですが、いまだに原因不明で、消化不良のままです。

 マイクロソフト側は気づいているのかさえ怪しい感じがしますし、このまま原因不明だとモヤモヤしたままでイヤなので、しつこいようですがマイクロソフトからの返信に追記して返信してみました。

[追記:21:28]
 夜、さっそく返信がありました。当該現象を確認できたようです。予想どおりこっちが原因ではなく、TechNetのサーバー側に問題があるということですね。

 が。「原因は仕様上の問題などもあり、一概に明確な回答ができない」「関連部署にフィードバックしておく」だそうでつ。調べて原因が分かっても詳細は公開できないということでつか。

 問い合わせた意味が全くなかった...。

[追記:11月22日(木)]
 マイクロソフトからメールが来てることにきょう気づきました(なぜか3日前に受信していた^^;)。

 しかし。原因は「データ量が多いため表示に時間がかかるようだ」だって。何を言い出すかと思えば...ちゃんと調べもせずに素人以下の対処ですか。つか、どこが多いんだどこが。クリックしてから「何の反応もない時間」が1分半近くあるんだってば。実際のダウンロード時間は数秒だ、数秒。

 はぁ...。ここまで中途半端な対応されるとは思いませんでしたねぇ。...完全に無視されたほうがまだマシだったかも。

posted by Raptor03 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

マイクロソフト、11月の月例パッチを公開

 きょうはPCを復帰させて間もなく"黄色い盾"が出ました。
 MS番号KB番号深刻度概要
1.MS07-061KB943460緊急Windows URI 処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.-KB890830-Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2007 年 11 月
 これだけでした。再起動ありです。

 関係ありませんが、最近URLではなくURIと表記しているのをよく見かけるようになりました。最初はスペルミスだと思っていたのですが、URIは「URLなどを含む上位の集合」というような解釈がなされているようで、本来「さまざまなリソースの場所や名前を識別するための言葉(記述法)」としては「現在では」URIのほうが正式名称ということになるようです(RFC 3986)。W3CではURLという言葉自体が使われていないそうですし。

 私はマイクロソフトがURIを使ったのを見たのは今回が初めてです。技術文書をよく見ればあったのかもしれませんけど、やっぱり一般的とは言えないような...。いずれにしても、解説が分かりにくいし(^^;)一般の統一がなされているわけではないので、私はしばらくURLで様子を見ます。

[追記:2008年4月13日(日)]
 表形式に変更、一部文章を修正。

[追記:2008年12月30日(火)]
 タイトル等を変更。
posted by Raptor03 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2007年11月13日 Tue

インクカートリッジ特許侵害訴訟

 8日はキヤノンが勝訴、9日はエプソンが敗訴。って、なんじゃいそりゃ。。。

 どこが違うのかさっぱり分かりませんが、エプソンの敗訴だけは死んでも理解できません


 キヤノン、エプソン両社は訴訟を起こしてはいるものの「非純正品を否定するものではない」とも言っているわけですが、私はインクカートリッジ/トナーカートリッジに関しては「非純正品完全否定」、「本体と"消耗品"は一体となって本来の能力を発揮している」という考え方です。
 また、消耗品を買う場合、メーカーが行なっている「環境保護への取り組み」の一環である再資源化に協力しているという認識を持っているので、そこに別会社が割り込む余地を与えるつもりなど全くありません。

 以前、会社のインクジェットプリンターで詰め替えインクやリサイクル品を使ったがために、プリントヘッドを交換する羽目に陥ったという経験を2度もしました。誰かが気を利かせたつもりで"安価"という理由だけで安易に注文、装着しているのに気づかずに私が使ってしまった結果です(実際には私以外にも異常に気づいていた者がいたらしい)。
 まあ、プリンターのことを熟知した管理者を置かない会社が悪いので、金銭的損失がどうとか知ったこっちゃないですが、最初に気づいたのが私だったばかりに、メーカーへの修理依頼などで時間的に大損こいてしまいました。メーカーの担当者にも「今後は純正品をお使いくださいね」とくぎを刺されました。それ以来、私は非純正品と聞くと過剰に反応してしまいます(^^;)。
 続きを読む
posted by Raptor03 at 23:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | プリンター

2007年11月06日 Tue

エプソン、PM-4000PX用プリンター・ドライバーをバージョンアップ

 Ver.6.52→6.53です。
----------------------------------------------------------------------
  【変更点】
   ・インク残量が25%以下の時、印刷設定のユーティリティからヘッド
    クリーニングが実施できない場合がある点に対応しました。
----------------------------------------------------------------------
 この現象は出ていません。先日残り10%程度でも実行できましたので。

 それより、
----------------------------------------------------------------------
  【Windows Vistaでご使用になる場合の注意事項】
   ・プリンタドライバには以下の制限事項があります。
    1)プリンタドライバのヘルプが表示できない
    2)Internet Explorer 7にて、インターネットオプションの「保護モード」が
      有効になっている場合、印刷プレビューが表示されない
----------------------------------------------------------------------
 ベータ版ですか?。

 なんか怪しいにおいがしますが、適用してみます。

 なお、公開日が11月2日になっていますが、ウソです。私はPX-G5100とともに3日午後に確認しています。まあ、いつものことですが(なぜ毎回公開日と実際の更新日が違うのかは知りません)。

>>>ドライバダウンロード - PM-4000PX
posted by Raptor03 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンター

キヤノン、PIXUS PDFカタログが"記録更新"

 きょう公開されたPIXUSの"正月バージョン"ですが、なんと約28Mバイトを記録しますた。実はエプソンの「カラリオ・プリンタ総合カタログ」(9月版)が約25Mバイトあり、PIXUS(9月版)を抜いて"PDFカタログ1位の座"に就いたんですが、あっさり更新されちゃいました。
 写真の解像度は低いままで、どこで容量を食っているか見当も付きません。文字列の検索/選択が不可能なのも変わりありません。

 容量の大きいPDFを開くと、ページ切り替えなどの際にCPUパワーやメモリーを持って行かれてPC全体のパフォーマンスが落ちてしまい、大変迷惑なんですよねぇ(PCがショボいのは認めますが...)。

 ...ていうか、このままいくと100Mバイト突破も必至ってか?。

>>>製品カタログ - インクジェットプリンター[PIXUS]
posted by Raptor03 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年11月04日 Sun

フォント

 バックアップしたフォントをエクスプローラで見ていたんですが、
 拡張子アイコンフォント型式アウトライン型式
1.OTFOpenType(OpenType)PostScript
2.TTFOpenType(OpenType)TrueType
3.TTFTrueType(OpenType)TrueType
4.TTF/TTCTrueType(TrueType)-(TrueType)
5.PFM(/PFB)Type1(Type1)-(PostScript)
 と私のPC内には5種類あることに気づきました。

 1. は従来PFMとPFBの2つに分かれていたType1フォントを1つのファイルにまとめ、OpenTypeの皮をかぶせたようなものです。モリサワのOpenTypeフォント製品など元々Type1フォントだったものがこれです。Adobe Readerなどにも標準で付属していますので、インストールフォルダーを探してみてください。

 2. は最近のTrueTypeフォントに多い型式で、部分的にはOpenType仕様らしいのですが、実質的にはTrueTypeフォントと言って差し支えなさそうです。試しに拡張子をOTFに変更してインストールしても問題ありませんでした。ただし、フォントの追加(インストール)時は[フォントの一覧]のフォント名のあとに"(TrueType)"と表示されます。

 3. が分からないんですよね。ファイルのヘッダー部分の文字列(4文字)が違っているだけで、2. と同じみたいです。試しに 1. と同じ文字列に書き換えてみると、アイコンがOpenTypeのものに変わり、2. と同じになりました。動作も問題ありません。

 4. はWindows 3.1のころからあるごく普通の純粋なTrueTypeフォントです。

 5. はPostScript Type1フォントで、PFMとPFBの2つ1組で扱われます。PFM(Printer Font Metric)はメトリックデータを含むファイル、PFB(Printer Font Binary)はアウトラインデータを含むファイルです。Winodws 2000/XP/VistaではOSにラスタライザーが組み込まれているので、ATMを用意しなくてもTrueTypeと同じように扱えます。
 PFBファイルはプログラムには関連づけられていませんが、PFMファイルはfontview.exeに関連づけられており、ダブルクリックするとTTFファイルなどと同様にサンプルが表示されます。

 ついでに、ATM4.1でも確認してみました。すると、1. しかOpenTypeフォントとして認識されません。拡張子をOTFに変更してインストールしたTrueTypeフォントは一覧に現われませんでした。なお、OTFに変更すればATM4.1からでもインストールは可能でした。

 ちなみに、私はATM4.1をPFM/PFBのフォントビューアーとして使っています。PFM/PFBファイルのアイコンが赤い「a」に変更され、どちらをダブルクリックしてもATMを使ってサンプルが表示されるようになります。

 結局、OpenTypeフォントの仕様や扱いがはっきり分かりません。TrueTypeなのかOpenTypeなのかはっきりしていただきたいですね。

[追記]
 いくつか誤字・脱字・勘違いがあったようで...修正しました。

>>>Adobe Type Manager Light for Windows
posted by Raptor03 at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント

2007年11月01日 Thu

キヤノン、EOS関連ユーティリティーを一斉にバージョンアップ

 「EOS 40D」発売時にアナウンスがあったものですね。私の環境では次のとおりです。
  1. Digital Photo Professional Ver.3.2.0 (アップデーター)
  2. ZoomBrowser EX Ver.6.0.1c (アップデーター)
  3. EOS Utility Ver.2.2.0 (アップデーター) ※以下、EU2.2
  4. PhotoStitch Ver.3.1.20 (アップデーター)
  5. PictureStyle Editor Ver.1.1.0 (インストーラー)
 5. のPictureStyle Editor Ver.1.1(以下、PSE1.1)は新規インストール可能ですが、結局ピクチャースタイルが使える環境(対応EOSデジタル本体およびEOS UtilityやDPP)でのみ有効なので、「単体ではインストール不可」と同じようなものです。

 さっそくダウンロード/インストールしてみたのですが...ZBEXのアップデーターを起動したところ、ファイルを解凍し終わった瞬間にブルースクリーンになりました。再起動後はインストールも問題なく完了しましたが、実は以前にもZBEXのインストール後の再起動時にブルースクリーンになりました(そのときも再々起動で正常に)。インストーラーにバグの可能性あり?。

 さて、1. のバージョンアップ内容は、次のとおりです。
  ・レンズ収差補正機能(周辺光量、歪曲、色収差、色にじみ)を追加
  ・ハイライト/シャドウ警告機能追加
  ・RAW画像の高画質表示モードに「高速化(偽色緩和なし)」を追加
  ・メイン画面での画像並び替え保持機能追加
  ・クイックチェック画面での画像拡大率に「100%」を追加(従来は50%表示のみ)
 2. 〜4. は「EOS 40D」などへの対応が中心です。

 DPP3.2で追加された「レンズ収差補正機能」ですが、
   EF-S17-85U:非対応
   EF-S17-55IS:対応
   EF17-404L:非対応(?)→JPEGで確認
   EF8512L2:非対応(?)→〃
 くらいしか分かりません。キヤノンからのメールには、
----------------------------------------------------------------------
  対応カメラと対象レンズについては、Digital Photo Professional 3.2の
   使用説明書(PDF)をご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
 とか書いてありますが、そんなもの存在しません(DPP3.0はダウンロード可能)。DPP3.2のヘルプには書いてありません...というよりありゃヘルプとは言えないシロモノです。

 というわけでキヤノンへ問い合わせてみました(フォームより)。

 ちなみに、すべてのアプリケーション/ドライバーの全設定がリセットされます。初めて接続する際に出る選択画面まで出ました。手抜きだな、このインストーラー。。。

[追記:2007年11月3日(土)]
 キヤノンから返信がありました。サポートページにDPP3.2のマニュアルを掲載したそうです。
 もちろん「私が指摘したのであわてて掲載」です(コラコラ)。EU2.2(新機種対応版)、PSE1.1もアップデートされてますね。いずれも、おととい確認したときにはありませんでした(だから問い合わせたわけで)。

 で、肝心の対応レンズですが、広角〜標準系が中心です。驚いたことに、EF-Sで非対応なのはわがEF-S17-85Uだけですた..._| ̄|◯。なんでさ?。一番対応しなきゃならんレンズでしょうに。...認めたくないってこと?。それともあまりに収差やゆがみがひどすぎて補正しきれない?(笑)。

 対応本体も限られていて、EOS-1D/Ds系すべてと、EOS 5D/40D/30D/KissDXのみです。それとやはりJPEGは非対応で、RAWのみでした。

 いずれにしても、レンズに関しては何を基準に対応/非対応を決めたのかさっぱり分かりません。今後増やしてくれないかなぁ...。

>>>製品マニュアル - EOS DIGITAL
posted by Raptor03 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

NIS2008納品

 セブンドリーム・ドットコムで注文したNIS2008ですが、出荷したというメールが来ないまま、きょう午後に到着しました。セブンドリーム・ドットコムの不手際かと思いきや、それが「仕様」だそうです。他のオンラインショップではその都度知らせてくるのが普通です。
 今まではすべてセブン-イレブン受け取りを選択しており、その場合は納品(到着)日/おおよその時間がメールで送られてきました。宅配の場合は「ご注文確認」メールのみで、その後はログイン後「ご注文履歴確認」→「配送状況」でチェックするしかないそうです。ちょっと面倒ですね。

 ついでに、領収書の発行を依頼しました。1週間くらいかかるそうです。

 さて、NIS2008ですが、紙ケースの大きさはNIS2007(185x232mm)よりさらに小さくなってます(138x192mm)。が、質感(表面仕上げや材質)が向上しています...というより普通に戻りました(笑)。さらに、裏面が見開きできるようになっています。倍くらいコストかけたんじゃないかと思えるほどの変わりようです。
NIS2008-01NIS2008-02
 ちなみに、「ノートン 25サンクスキャンペーン」部分は印刷です。これがないパッケージはキャンペーン対象外です。

 ユーザーガイド等はショボいままで変わらず。
NIS2008-03

 インストールは当面先延ばしです。リカバリー後にしたいので。

 セブンドリーム・ドットコムでの取り扱いは10月31日までの期間限定だったんですが、「好評につき期間延長!12/31までの期間限定特価」だそうで。売れていないということなんでしょう、きっと。

[追記:2007年12月21日(金)]
 セブンドリーム・ドットコム、「好評につき期間延長!2008/1/31までの期間限定特価」とまた延長してます。売り上げランキングでは常に上位(というか1位)なんですが、セブンドリーム・ドットコムだけ売れていないんでしょうかね。やっぱり値段でしょうか。一部ではすでに5000円を切る販売価格ですし。

>>>ご利用ガイド - ご注文後にお送りするメール(セブンドリーム・ドットコム)
>>>Norton Internet Security 2008【期間限定特価】(セブンドリーム・ドットコム)
posted by Raptor03 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security