2009年08月30日 Sun

Nortonアカウントの有効期限が....!!

 ことし4月にNIS2009の更新を行なった際、NIS2009本体とNortonアカウントとでインストール日および更新期限(有効期限)が1日ズレたため、サポートに修正を依頼しました。ところが結果は更新期限が1日延長された状態になっただけで、ズレは直らなかった...というてん末を記事にしました。

 きょう久しぶりにNortonアカウントへアクセスしてみると、いつの間にかリニューアルされていました。
Nortonアカウント - トップ(2009-08-30)
 XGAにすると水平スクロールバーが出現してしまうので1060ドットです。縦も長すぎるし、しかもなにその見る者を威圧するようなセンス悪すぎのバカでかいタイトル文字は?w 手抜きもはなはだしい。

 登録した製品の一覧です。
Nortonアカウント - 製品情報(2009-08-30)
 降順に変更されたのが気に入りませんが。何気に「残り台数」とか追加されてますね。ていうか、いいかげんにバージョン(年号)を表示してくれ。

 で、本題はというと、驚いたことに上図のとおりNortonアカウント側の有効期限が 2010/04/06 に修正されてるんです。

 こちらは6月27日にキャプチャーした旧Nortonアカウントの製品情報です。
Nortonアカウント - 旧製品情報(2009-06-27)
 ね?

 私は特に何もしていないので、シマンテック側が気付いて結局Nortonアカウント側の情報を修正した...かどうかは知りません(笑)。

 ここで私の勘違いを訂正します(^^;)。シマンテックが言う更新期限とは「残り日数が1日になる日」のことで、更新(延長キーまたは新プロダクトキーの入力)はこの日に行なうのが最良です。その翌日である「残り日数0日になる日」だとNISが機能停止になるため、セキュリティー上よろしくありません。

 というわけで、どうやらNortonアカウントの有効期限とは「残り日数が0日になる日」のことのようです(...とすればすべての説明が付きます)。用語とその解釈/使用法が統一されていないために私も混乱してしまいました。

 ま、何はともあれ、これでNIS2009本体とNortonアカウントに表示される更新期限/有効期限が一致しました。スッキリカイケツ!!....?

 ってことは、やはり余計なことしたかなぁ....。気にせず放置しても良かったのかも。


posted by Raptor03 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2009年08月28日 Fri

NIS2009、エンジン更新 - その6

 再起動ありのエンジン更新、また来ました。
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-28) - 概略
 これ、きのう失敗したエンジン更新と同じものか、続きみたいです(...たぶんw)。

 再起動後、LUのダウンロードフォルダーやログなどをチェックしてみました。
  ファイル nis$20engine$20fallback_16.7.2.10_symalllanguages_livetri.zip
  ログ Log.Lue
 どうやら CLTLMJ.dll (2009年08月21日(金) 15:33)というファイルが更新されたようです。すでに公開されている"落ちる人向けのパッチ"に含まれているファイルとバイナリーレベルで同一でした。「CLT」ってのがなんだかよく分かりませんが。

 ...これで逆に落ちるようになったりしませんようにw

[追記:2009年8月29日(土)]
 体験版がきのう付けで更新され、バージョンが 16.7.2.10 に上がっています。新エンジンの不具合は解消されたようなので、再インストールはこれで行くのが最良でしょう。
posted by Raptor03 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2009年08月27日 Thu

NIS2009、新エンジンに不具合あり!?

 先日NIS2009のエンジンが更新されたわけですが、更新した直後からNISがエラーで落ちるという報告が多数寄せられているそうです。

  問題が発生したため、Symantec Service Framework を終了します。
  ご不便をおかけして申し訳ありません。

 というメッセージが出て突然落ちるんだそうです。NISのサービスを再起動しても、PCを再起動しても、再び必ず落ちるそうです。

 私の環境では不具合は一切ないんですが、いったいどこがおかしいのか公式発表はなく、なんとなく不気味です。

 対処法は、シマンテックからリリースされた修正パッチを適用するか、NISを再インストールしてバージョンを戻すかのどちらかだそうです。実はきょうになってLiveUpdateによる新エンジン向けの修正パッチ配布が「Engine Fallback」として実施されているようです。

 というわけでさっそくLUしてみたんですが....
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-27) - 概略(失敗)
 ヤバイw....肝心のエンジン更新だけ失敗しやがりました。うっかりこのウィンドウを閉じてしまったため、対処法も不明になり、この更新は二度と検出されなくなってしまいました。[テクニカルサポート] をクリックすべきだったのかもしれません。
 念のためPCを再起動しました。特に異常はないので、エラーでも出たらそのときは再インストールということで(^^;)。

 なお、現在はLUによる新エンジンへの更新を停止しており、再インストールしても 16.7.2.10 にはならない、とのことです。今後は修正した新エンジンの配布を予定しているようです。
posted by Raptor03 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

Google、"宮沢賢治の誕生日"ロゴを再表示w

 きょうは正式版ということで(笑)。
Google.co.jp - ロゴ(2009-08-27_宮沢賢治の誕生日)

 先日私が指摘した「宮賢治」は修正されています。ここを見たとは思いませんが、指摘した人がいたのかもしれませんね。

 また、今さらですが、ご覧のとおり検索ボックス下のタブ表示がなくなって一覧表示になりました。18日ごろからだったと思います。ことし2月ごろ、"急上昇ワード"とかが表示されていたバージョンとほぼ同じです。
Google.co.jp - 新トップページ(2009-02-06)

 ただし、検索ボックスの高さが妙に広がったため、バランスが悪いです。さらに翌日にはおかしな変更がありました。カーソルの表示位置はボックスの真ん中だったんですが、なぜかボックスの上端へズレました。もう違和感ありすぎ。

 さらに付け加えると、画像検索の仕様が変更されたんですが、変更直後は個別画像を表示させたあとに元のページへ戻るのに [戻る] を2回クリックしなければなりませんでした。これは25日に直りましたが。

 いずれにしても、最近のGoogle日本法人はやることなすことマヌケの連続です。
posted by Raptor03 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2009年08月26日 Wed

マイクロソフト、緊急パッチをリリース

 "黄色い盾"が動き出したので待っていたんですが、ダメですた。WindowsUpdate.log を見ると検出/ダウンロードは成功しているんですけどね。あきらめてMUへ。
 MS番号KB番号深刻度概要
1.MS09-029KB961371緊急Embedded OpenType フォント エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.-KB970653-累積的なタイムゾーンの更新 (2009 年 8 月)
 - Windows XP 用の更新プログラム

 1. は2009年7月の月例パッチで公開された更新プログラムの"v2"です。パッチを適用すると特定の状況で印刷スプーラーが応答しなくなる不具合があったのを修正した、とのことです。

 2. は毎度おなじみになった感のある一部地域の改訂夏時間に伴う更新です。

 再起動なしです。

 ていうか、非表示にしていたIE8が復活してるのはなぜなんだぜ? とりあえずまた非表示に変更、と。
Microsoft Update - 優先度の高い更新プログラム(2009年8月26日)
posted by Raptor03 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2009年08月22日 Sat

NIS2009、エンジン更新 - その5

 朝一発目のLUで再起動更新来ちゃいました。
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-22) - 進行中
 デカイです。ダウンロードだけで約30秒、インストールで3分くらいかかりました。

NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-22) - 概略
 3つありますね。

 再起動してデスクトップが表示されたあと、通常ならすぐにNISが起動してくるんですが、今回は1分近くかかりました。通知領域にインジケータが表示されてからも、HDDへの頻繁なアクセスとCPU使用率の乱高下があり、落ち着くまで3分半くらいかかりました。

 バージョンを確認すると、
NIS2009 - バージョン情報(16.7.2.10)
 16.7.2.10 へアップデートされました。

 16.5.0.135 と比べると...Copyright の西暦表記が
   2008 (16.5.0.135)
   1997-2009 (16.7.2.10)
 と変わってます。...なぜ変えたんでしょう?

 その他、[スマートファイアウォール] - [拡張設定] に
   自動学習 IPv6 NAT 走査トラフィック
 という項目がが加わってますね。

 その下の [イベントの拡張監視] にも
   COM コントロール
 という項目が加わってます...と言いたいところですが、こっちはあいまいで、間違いなくなかったと言えるのはインストール直後のみです。

 他の変更点は...今のところよく分かりません(^^;) 見た目や機能上の大きな違いはない、ということにしておきます。

 なお、今回のエンジン更新で更新期限がズレることはありませんでした(笑)。

[当ブログ内関連エントリー]
>>>NIS2009、エンジン更新 - その4
>>>NIS2009、またエンジン更新
>>>NIS2009、やっとエンジン更新完了
>>>NIS2009、エンジン更新...?
posted by Raptor03 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2009年08月21日 Fri

NIS2009、エンジン更新 - その4

 昨夜、再起動LUが来ました。エンジン更新です。
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-20_01) - 概略

 再起動後、再度LUを実施しました。が、[更新の確認] と [更新をダウンロード] のところでサーバーからの反応が全くなく、タイムアウトしている感じです。
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-20_02) - 完了できません
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-20_03) - 概略(失敗1) NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-20_04) - 概略(失敗2)
 ちょっと時間を空けて2回実施しましたが、連続で失敗しました。原因不明ですが、しばらく放置するしかなさそうです。



 そして、先ほど再度挑戦すると、
NIS2009 - LiveUpdate(2009-08-21) - 概略
 成功です。9Mバイトくらいありました。再起動はありません。

 バージョンはまだ変わっていません。フォルダーを見てみると、やはり新しいバージョンのフォルダーができていました。3月20日のエンジン更新時と同じです。いずれまた更新があり、"本当の更新"が行なわれるのだと思います。
NIS2009 - エンジンフォルダー(16.7.2.10)
 新しいフォルダー内を見てみましたが、SymDgnHC.exe (Firewall Diagnostic NDF Helper) が加わった程度で、あとはほとんど同じです。

[当ブログ内関連エントリー]
>>>NIS2009、またエンジン更新
>>>NIS2009、やっとエンジン更新完了
>>>NIS2009、エンジン更新...?
posted by Raptor03 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

キヤノン、IXY DIGITAL & PowerShotの新製品を発表

 米Canonサイトではすでに19日(水)の深夜に発表されており、直後から2ちゃんねるでも盛り上がってましたね。

 「IXY DIGITAL 930 IS」(IXYD930IS)は「同 920 IS」(IXYD920IS)の、「IXY DIGITAL 220 IS」(IXYD220IS)は「同 210 IS」(IXYD210IS)のそれぞれ後継モデルです。ただし、IXYD210ISはしばらく併売されるようです。

 「PowerShot G11」(PSG11)は「同 G10」(PSG10)の、「PowerShot S90」(PSS90)は「同 S80」(PSS80)の、「PowerShot SX20 IS」(PSSX20IS)は「同 SX10 IS」(PSSX10IS)の、「PowerShot SX120 IS」(PSSX120IS)は「同 SX110 IS」(PSSX110IS)のそれぞれ後継モデルです。

 海外モデルとの対比表です。 ※海外サイトはかなり重いのでリンクしていません。
日本国内名称北米名称ヨーロッパ名称
IXY DIGITAL 930 ISPowerShot SD980 IS DIGITAL ELPHDIGITAL IXUS 200 IS
IXY DIGITAL 220 ISPowerShot SD940 IS DIGITAL ELPHDIGITAL IXUS 120 IS
PowerShot G11同左同左
PowerShot S90同左同左
PowerShot SX20 IS同左同左
PowerShot SX120 IS同左同左
 海外モデルの名付け規則は独特なので、あいかわらずややこしく感じます。

 IXYD930ISの特徴はキヤノン初の24mm始まりの5倍ズームとキヤノン初のタッチパネル採用3.0型ワイド「クリアライブ液晶T」モニター、タッチパネルを利用した「タッチフォーカス」機能および「アクティブ再生」機能です。
 「タッチフォーカス」は画面上の特定の被写体をタッチすることでその部分にピントを合わせるものです。「アクティブ再生」機能はカメラ本体を振ったり傾けたりすることで撮影画像の再生指示を行なえる機能です。HD動画撮影機能(720p)も新搭載です。
 カラーバリエーションはシルバー/パープル/ブルー/ブラウンの4色です。北米モデル「PowerShot SD980 IS DIGITAL ELPH」のみブラウンがGoldとなっていますが、見た目はほぼ同じです。

 IXYD220ISはいわゆる「シンプル&スタイリッシュ」タイプで、レンズは28mm始まりの4倍ズームに進化、液晶モニターも2.7型(非ワイド)に少しだけ拡大してます。HD動画撮影機能(720p)も新搭載です。表面処理などに高級感はありません。
 カラーバリエーションはシルバー/ブラック/ブルー/ブラウンの4色です。

 PSG11は画素数落としてきましたね。サイズは同じものの、1470万画素→1000万画素とは思い切ったものです。1画素あたりのサイズ拡張=集光面積拡大によるノイズの低減および高輝度側のダイナミックレンジ向上を実現したとのことで、「DIGIC 4」との連携で「デュアルクリアシステム」と銘打っています。一部で叫ばれていた「多画素化による画質低下」を認めたことになるわけです。
 全体の印象はほとんど変わりませんね。レンズもG10と同じで、他に違うのは2.8型バリアングル「クリアライブ液晶V」モニター(ドット数は同じ)くらいです。一部でうわさのあったHD動画撮影機能は付きませんでした(SD動画のみ)。
 バリアングルはPSG6以来の復活ですが、賛否両論のようです。「ハイ/ローアングル撮影がしやすい」反面、「強度的に問題がある」「サイズが小さくなる」などの弊害もあります。私個人としては賛成です。

 PSS90は4年前のPSS80からのリニューアルです。どうして突然復活? って感じですね。撮像素子はPSG11と同じで、ノイズ低減による高画質化を達成しているとのことです。レンズは3.8倍光学ズーム(28-105mm)で、F2.0-4.9と明るめですね。液晶モニターはPSG10のものと同じ3.0型「クリアライブII」です。

 PSSX20ISPSSX120ISはそれぞれ従来モデルから画素数をアップ(1000万画素→1210万画素/900万画素→1000万画素)していますが、「iコントラスト」によって暗部のノイズ低減は達成しているようです。PSSX120ISの映像エンジンはPSSX110ISの「DIGIC III」から「DIGIC 4」へ変更されています。その他、液晶モニターが「クリアライブ液晶V」に変更されています(ドット数は同じ)。

 また、昇華型熱転写方式のコンパクトフォトプリンター「SELPHY ES40」も発売されます。「同 ES30」の後継モデルで、本体に「音声ガイド」機能を新搭載しています。
 「音声ガイド」機能は「お楽しみ印刷」時の手順やエラーなどを音声で知らせる機能です。ヨーロッパモデルのスペック表によると7か国語(English, French, Italian, German, Spanish, Chinese and Japanese)に対応していますが、日本国内モデルは明記されていません(日本語のみの可能性もあります)。その他、液晶モニターのサイズが3.0型→3.5型にアップしています。
 「ES30」の日本国内モデルのみハンドル部分/側面/背面がオレンジ色でしたが、今回は全世界共通のホワイト一色です。 → 前面がホワイト、ハンドル部分/側面/背面がアイボリーホワイトでした(^^;)。

 今回の新製品はカラーバリエーションを含めて"ほぼ"全世界共通ラインアップとなりました。非常に珍しいですね。



 ところで、EOSデジタルの発表がありませんでしたが、一部で実機画像のリークがあった「EOS 7D」はほぼ間違いなく発売されるようです。例年だとコンパクトデジタルカメラと同日発表なのですが、今回はずらしたようです。

 「EOS 7D」は型番のとおり「EOS 5D Mark II」の下位機種、エントリークラスのフルサイズ機です。
 リーク画像によるとストロボ内蔵で、外観は二けたAPS-C機に近いと推測されます。モードダイヤルは5DIIと同じなので、シーンモード「かんたん撮影ゾーン」はありません。電源スイッチがKissシリーズと同じモードダイヤルと同軸になっているのも特徴です。また、HD動画撮影機能の搭載は当然、という推測が大勢を占めているようです。
 なお、「EOS 60D」のリークはないようです。今回は見送る可能性もあるとかないとか。

>>>IXY DIGITAL & PowerShot シリーズ6機種
>>>SELPHY ES40
>>>Canon(USA) - Digital Cameras
>>>Canon(USA) - Compact Photo Printer
>>>Canon(Europe) - Digital Compact Cameras
>>>製品カタログ - コンパクトデジタルカメラ【IXY DIGITAL/PowerShot】

[追記:17:45]
 誤記を修正。

[追記:2009年8月26日(水)]
 誤りを訂正。
posted by Raptor03 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2009年08月16日 Sun

Microsoft Works 6-9 ファイル コンバータ

 Word 2003で文書を [Works 6.0 & 7.0 (*.wps)] にて保存しようとしたところ、
Word 2003 - Works 6.0 & 7.0 コンバータ - 文書保存形式の警告
 なんてのが出てきました。[はい] をクリックしましたが今度は
Word 2003 - Works 6.0 & 7.0 コンバータ - ファイル保存の失敗
 ...はぁ!? 開こうとしているんじゃなくて、保存しようとしているんですが何か?

 さておき、[はい] をクリックしたところファイルが保存されずに
Download Center(en) - Works 6-9 File Converter
 がブラウザーで開きやがりました(つか、なんで英語?)。6月の月例パッチ時にちらっと書いた「Microsoft Works 6-9 ファイル コンバータ」です。なんと驚いたことにWorksコンバーターが機能しなくなっており、代わりに新しいのをインストールしろと言いたいようです。

 ふざけてますかコラ?

 私が新コンバーターの存在を知ったのは上記のとおり6月の月例パッチ時ですが、そのときは「ほとんど使わないコンバーターだからこのままでいいや」ということですぐに忘れ去りました(笑)。

 あらためてググってみるとそのものズバリの解答が見つかりました。2008年2月の月例パッチですね。
このセキュリティ更新プログラムはこのセキュリティ情報で説明している脆弱性をどうやって解決するのですか?
このセキュリティ更新プログラムはコンピュータ上の脆弱性のあるバージョンの Works ファイル コンバータ から脆弱性のないバージョンのコンバータに置き換えます。
しかし、このセキュリティ更新プログラムをインストールした後初めてユーザーが .wps ファイルを開こうとする際に、Microsoft Works 6 - 9 ファイルコンバータ のダウンロードをさらにユーザーに要求します。
1 度 Works 6 - 9 ファイル コンバータをコンピュータにインストールしてしまえば、再度 Works 6 - 9 ファイル コンバータのダウンロードを要求されることはありません。

 文書コンバーター「Works for Windows 7.0」(「Works 6.0 & 7.0」)がデフォルトでインストールされる設定だったかどうかは覚えてません(私はカスタムでほとんどすべてをインストールしています)。
 おそらく、「インストールしなかった場合を想定した」と言いたいんでしょう。そのままインストールしないで過ごす人もいるでしょうから(私みたいにきょうまで気づかない人もいるでしょうしw)。

 ですが、インストールされている/いないは検出可能なわけで、それによって既存のコンバーターに対する更新プログラムとして新しいコンバーターを適用する(あるいはしない)というのがごく自然な形だと思うんですけどねぇ。



 せっかくなので「Microsoft Works 6-9 ファイル コンバータ」をインストールしてみました。
Word 2003 - Works 6.0-9.0 Converter セットアップウィザード(01) Word 2003 - Works 6.0-9.0 Converter セットアップウィザード(02)
Word 2003 - Works 6.0-9.0 Converter セットアップウィザード(03) Word 2003 - Works 6.0-9.0 Converter セットアップウィザード(04)

 セキュリティー更新プログラムがあるのでMUへ。
MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
MS09-024KB957632KB968326重要Microsoft Works コンバーターの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Works 6-9 Converter セキュリティ更新プログラム
 再起動なしです。

 ついでに動作テストもしてみます。適当なWord文書を開いて [名前を付けて保存] - [ファイルの種類] から [Works 6.0 - 9.0 (*.wps)] を選びます。
Word 2003 - 名前を付けて保存[Works 6.0 - 9.0(wps)]
 [保存] をクリックすると....
Word 2003 - Works 6.0-9.0 コンバータ - ファイル保存(01) - 保存形式の警告
 やはり同じような警告が出ましたが、今度は [はい] で保存できました。開いてみると、たとえば「縦中横」は解除され、「下線の色」がなくなっていました。

 ちなみに、Works日本語版は2004年10月29日発売のVer.8.0が最後となりました(セキュリティーアップデート版およびOEM版としてVer.8.5があります)。Ver.8.xはExcel/Word 2003までのファイルの読み書きに対応していることになっていますが、上記のとおり一部書式などに制限があるので「とりあえずカタチだけ対応」です。

 これに対し、英語版はVistaに正式対応したVer.9.0が2007年にリリースされており、Office 2007にネイティブ対応を果たしているそうです。

 ...あれ? だったらコンバーターに制限付ける必要なんてないじゃないですか、ケチ。私は使いませんけどw
posted by Raptor03 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Office

2009年08月13日 Thu

マイクロソフト、8月の月例パッチを公開

 きのうは「MUはクソ遅くてイヤなので意地でも"黄色い盾"で」....と深夜まで粘ったんですが、検出だけして死亡してしまい.....結局あきらめて(めんどくさくなって)寝ました(笑)。

 しかし、きょうも"黄色い盾"はダメみたいなのでMUへ...とその前に。2ちゃんねるで耳寄り情報ゲットしました。プロキシを設定すると問題ないらしいので、使えそうなところを探して設定してアクセスしてみると.....

 おおおおお!!!!!、ホントだ。遅延がほとんどなくなりましたよ。こりゃいいや。当面はMUの時だけ設定してしのぐことにします。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS09-037KB973908KB973354緊急Microsoft ATL (Active Template Library) の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.KB973540緊急Microsoft ATL (Active Template Library) の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP Service Pack 3 用セキュリティ更新プログラム
3.KB973507緊急Microsoft ATL (Active Template Library) の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.KB973869緊急Microsoft ATL (Active Template Library) の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.KB973815緊急Microsoft ATL (Active Template Library) の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS09-038KB971557-緊急Windows Media ファイル処理における脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS09-041KB971657-重要ワークステーション サービスの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
8.MS09-042KB960859-重要Telnet の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.MS09-043KB957638KB947319緊急Microsoft Office Web コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Web Components セキュリティ更新プログラム
10.MS09-044KB970927KB956744緊急リモート デスクトップ接続の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
11.-KB968389--認証に対する保護の強化
 - Windows XP 用更新プログラム
12.-KB972688--Microsoft Office Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2009 年 8 月 11 日
13.-KB890830-警告Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2009 年 8 月 (v2.13)

 1. 〜 5. は例のATLのぜい弱性に関連したもので、Windowsのコンポーネント自体の更新です。1. はOE6、2. はWMP9/10/11、3. はWindowsコンポーネント(その名もズバリ atl.dll)、4. はDHTML編集コンポーネント(ActiveXコントロール)、5. はMS WebDVD(ActiveXコントロール)をそれぞれ更新します。

 9. はTechNetを見ると2項目ありますが、更新プログラムは1つです。先月セキュリティ アドバイザリ(973472)が公開されたもので、複数のアプリケーションが影響を受けます。

 11. は本日セキュリティ アドバイザリ(973811)が公開されましたが、セキュリティー更新ではなく、機能の追加みたいなものです。私には...よく分かりません(^^;)。

 再起動ありです。「悪意のある...」のインストールはあいかわらずバカみたいに時間がかかりましたが(インストール全体の約7割)、再起動は途中で突っかかることなくほぼ普通に起動しました。通知領域のインジケータの並び順も正常です。
posted by Raptor03 at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2009年08月09日 Sun

Yahoo!JAPAN、やらかしましたね?w

 テレビ番組表がいつの間にかグチャグチャになってました。
Yahoo!JAPAN - テレビ番組表の不具合(2009-08-09)
 赤がフジテレビ、青がテレビ朝日、緑がテレビ東京です。もうわけが分かりません。

 放送時間の延長があったからなのかもしれませんが、こんなの初めて見ました。休日とはいえひどい仕事しますねぇ、Yahoo!も。

[追記:2009年8月10日(月)]
 日付が変わった直後に見てみたら直ってました。休日の深夜にご苦労さんです。
posted by Raptor03 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2009年08月08日 Sat

Google、やらかしましたね?w

 日付が変わった直後、Googleのロゴが変わりました。
Google.co.jp - ロゴ(2009-08-08_宮沢賢治の誕生日)
 をいをいをい、きょうは誕生日ぢゃないしー。それに「宮澤賢治」ぢゃなくて「宮沢賢治」でしょ。

 なにを寝ヴォケてるんですか?w

 そして、朝起きると消えているのであったww

 いわゆるフライングですね、分かります。
posted by Raptor03 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット