2010年12月31日 Fri

筆まめVer.20 - その2

 ことしは買わずにそのままVer.20を使いました。

 で、昨年気づかなかったバグを発見しましたのでさっそくツッコミをw

  1. あて名印刷の際、[印刷範囲] が [すべて] ではなく [現カードのみ] がデフォルトになっている
  2. 住所録フォームの表示項目を設定する際、[主項目] を [会社名] に切り替えて [氏名] に戻すと設定と表示が一致しなくなる
  3. デザイン面(文面)の作成時(「特急デザイナー」を使用した場合)、素材を選択したとたんにCPU使用率がほぼ100%になる

 まず 1. ですが、昨年はプリンターの入院などで忙しく、また、あて名印刷は1回しか行なわなかったためか、「前回保存時の状態を記憶しているからだろう」と思い込んでしまい、バグだという認識には至りませんでした。
 今回は喪中の人がいたため [印刷条件] を設定しようと思ったんですが [条件なし] 以外がグレーアウトして選択できず、気づいた次第です。
筆まめVer.20 - あて名印刷ダイアログ - 印刷範囲バグ
 印刷前に必ず [すべて] に切り替えなければならないなんて、そんなマヌケ仕様はあり得ません。まさかあて名は1枚ずつ印刷するのが普通だとか言わないですよね? 一覧表の印刷では [すべて] がデフォルトになっていますし、私の知る限りVer.17以前は [すべて] がデフォルトでしたし。

 2. は非常に分かりにくいのですが....
 どれでもいいのでフォームを選択します(図では一部カスタマイズした状態です)。デフォルトでは [主項目] が [氏名] になっています。これを [会社名] に切り替えて再度 [氏名] に戻すと....
筆まめVer.20 - 住所録フォームの詳細設定矢印 - 右(黒)筆まめVer.20 - 住所録フォームの詳細設定バグ
[正常] [異常]
 [会社] のプルダウンメニューは [常に表示] のままなのに、実際の表示では [タブで切り替え] になってしまっています。完全なバグですね。以前のバージョンではこんなことありませんでした。

 3. は「またしても」というかなんというか、何なんでしょうね。XPだから? CPUが糞だから?w こんな状態になるアプリケーション、あまり聞いたことないんですけどね。ただ、ググったら筆まめVer.20で同じ症状を経験した人を何人か見つけました。ま、私は筆まめで文面を作ることはないので(笑)正直どうでもいいですけどね。

 あと、文面作成に関連して気づいた点があります。「文面」「文面デザイン」「デザイン」「デザイン面」と用語が統一されていません。デフォルトでは [オープニングメニュー] というのが表示されるんですが、タブの表示は [デザイン面を作る] なのに、
筆まめVer.20 - オープニングメニュー - デザイン面を作る
 [デザインを作る] とか、[白紙から文面デザインを作る] とか、実際に [白紙から文面デザインを作る] を起動するとタイトルバーは [文面] だけ.....紛らわしいですね。これでは初めて見た人は混乱しそうな気がします。

 などと文句ばかりですが、やはり他の製品に乗り換えることはもうありません。操作性に関しては一番自分に合ってると思いますし、やっぱり売れている製品のほうがいろいろな意味で多少はマシですから。それになんと言っても年賀状印刷ソフトは印刷結果がすべてです。「こういう仕上がり具合にしたい」という要望にちゃんと応えてくれるというのが他にはない長所なので(もちろん私の個人的な印象ですが)。

 だからこそ、残念でしかたありません。もう少し丁寧に作ってもらいたいんですけどね>クレオさん。


posted by Raptor03 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC一般

2010年12月29日 Wed

NIS2010、暴走w

 LiveUpdateの15分後、突然HDDへの小刻みなアクセスが始まり、「いつものNIS2010のバックグラウンドタスクだろう」と思ったんですが、なぜか画面右下にバルーンが表示されません。CPU使用率は40〜50%を維持しています。おかしいと思ってNISメイン画面を起動し.......あれ? マウスやキーボード操作では全く収まりません?

 いったい何事かと思い、タスクマネージャを見ると犯人はやはり2つある ccsvchst.exe の1つです。Process Explorerで見ても ccsvchst.exe プロセス下で何をしているのか分かりませんでした。

 夕食やら何やらを済ませるために1時間近く放置したんですが、まだやってます。ほとんど暴走状態ですね。その後さらにCPU使用率が約70%に上がってしばらくするとふいに収まりました。
タスクマネージャ - NIS2010(2010-12-29)NIS2010 - パフォーマンス画面
タスクマネージャNIS2010 - パフォーマンス画面

 実はこの現象、NIS2010導入後2回目です。前回は忙しくてほっといたらすぐ収まったため忘れていました。今回あらためてググってみると.....ありました。本バージョンから「アイドル時に最適化」なんていうおせっかい機能が追加されていたのでした。

 設定を確認してみました。
NIS2010 - アイドル時に最適化(オフ)
 ん? [その他の設定] - [アイドル時に最適化] はオフにしてありますが何か? これってバグでしょうか?

 そもそも最適化はリカバリー直後(9月下旬)と今月初めごろに確認して「必要なし」でしたので、たいして断片化してないはずなんですけどね。ってことは別の作業を行なっているということになりますが、はたして何をしているんでしょう?

 まあ、一番問題なのは「いったん起動してしまったのを止める方法がない」ということです。ごくまれな現象とはいえ、困った挙動です.....。
posted by Raptor03 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2010年12月17日 Fri

KB2416400 による一部サイトの文字化けについて

 先日の月例パッチの続きですが、長くなりそうなので独立させました。

 TBSがコメントを発表してたんですね。
TBS - サイト表示不具合のお知らせ(トップページ)
TBS - サイト表示不具合のお知らせ(2010-12-16)
 「一部」じゃないですけどね。それに対処法の「...更新プログラムを適用していただいた上で...」ってそのパッチ(KB2467659)は同時インストールされてるわけで、サイトの文字化けにインストールの有無は関係ないみたいなんですけどね。

 しかし、ISO-2022-JP のサイトって他にいくらでもあると思っていましたが、一向に見つかりませんw 元々珍しいエンコードなんですかね。と思っていたら2ちゃんねるに日経BP書店でも文字化けがあるというのでアクセスしてみました。確かに文字化けするページが一部ありますね。

 ということで、対策案を元に戻して放置することにしました。TBSなど一部サイトのためだけにぜい弱性を復活させるのもどうかと思いますので。

 これも2ちゃんねる情報ですが、IEのエンコード設定の一番上にある [自動選択] にチェックを入れていればいいのでは? というので試してみました。ところが、TBSトップページでは文字化けは起こりませんが、一部番組公式サイトでは文字化けします。日経BP書店の一部ページでも効果なしでした。今のところ「F5キーを押す」以外の対処法はないと思っていいようです。
 ※以前IE5やIE6が主流だったころ「自動選択にしておくと<meta>タグで文字コードを指定していないサイトで文字化けする」というのがありました。一時期IE6でYahoo!JAPANを表示した際にその現象が起こったのを確認していますが、今現在は問題ありません。また、IE6/7のデフォルトでは [自動選択] にチェックはされていません。


[追記:23:37]
 マイクロソフトも公式(?)アナウンスを出していたんですね。気づきませんでした。
MSDN - IEブログ(MS10-090導入後の不具合について)
 検討中ですか。ま、ほとんど影響ないのでいいですけどね。


[追記:2010年12月20日(月)]
 へ!? 何ですかこれは?
TBS - サイト表示不具合(2010-12-20)
 何か変更したようですが、意味不明です。


[追記:2010年12月27日(月)]
 トップページ、いつの間にか修正したんですね。正常に表示されるようになっています。

 ただし、印刷はほぼすべてのページでダメでした。
TBS - サイト表示不具合 - IE7印刷プレビュー(2010-12-27)

 それに未修正のページがまだまだたくさんあります。
  サイトマップ
  エラーページ

 [ドラマ]
  月曜ゴールデン

 [バラエティー・音楽]
  関口宏の東京フレンドパークII
  Boot!

 [生活・情報]
  みのもんたの朝ズバッ!
  みのもんたのサタデーずばッと
  情報7days ニュースキャスター
  サンデージャポン
  噂の! 東京マガジン
  みんなのえいが

 [報道・ドキュメンタリー]
  Nスタ
  NEWS23 X(クロス)
  解禁! マル秘ストーリー〜知られざる真実〜
  関東地方あしたのお天気
  バース・デイ
  報道特集
  ウィークエンドウェザー
  あすのそら色
  報道の魂

 [ミニ番組]
  30★Style

 [TBSラジオ]
  エキサイトベースボール

 私がざっと探しただけでこんなに出てきました。もっとあるかもしれません。しかし、報道系はほぼ全滅ですね。逆にアニメ系はすべて正常に表示されます。
 また、関係ないですが一部のページでは印刷プレビューを実行するとCPUを使い切ってIE7が死亡しましす。みなさん注意しましょう。

posted by Raptor03 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows

2010年12月15日 Wed

マイクロソフト、12月の月例パッチを公開

 なんと、きょうは速攻で"黄色い盾"出現です。また何かやらかしたのかと思いましたが、きちんと全部検出しています。

 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS10-090KB2416400-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS10-091KB2296199-重要OpenType フォント (OTF) ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS10-096KB2423089-重要Windows アドレス帳の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS10-097KB2443105-重要インターネット接続のサインアップ ウィザードの安全でないライブラリのロードにより、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS10-098KB2436673-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS10-099KB2440591-重要ルーティングとリモート アクセスの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS10-103KB2292970KB2284695重要Microsoft Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Publisher 2003 セキュリティ更新プログラム
8.MS10-105KB968095KB2289163重要Microsoft Office グラフィック フィルターの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 セキュリティ更新プログラム
9.-KB2449798--Microsoft Office Outlook 2003 セキュリティ更新プログラム
10.-KB2467659
[要WGA]
--Windows XP 用 Internet Explorer の更新プログラム
11.-KB2443685
[要WGA]
--2010 年 12 月 の 累積的なタイム ゾーンの更新 - Windows XP 用 の更新プログラム
12.-KB2466074--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2010 年 12 月 14 日
13.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2010 年 12 月 (v.3.14)

 なんか、一部環境では更新件数が17件くらいになるとかで「過去最大級の月例更新で、企業のセキュリティー担当は大仕事」などと話題になってましたが、その程度でご冗談を(嘲笑)。うちはたった13件でしたが、それを超える更新件数なんて覚えていないくらいたくさんありましたし、17件以上に限定しても今までに5回くらいありますし、現在までの爆盛り最高記録は20件ですけど何か?w

 7. はOfficeのセットアップ時にPublisherをインストールしていなくても適用の対象となります。

 8. はOffice XP/2003の場合、11月の月例パッチで提供された MS10-087 の更新プログラムも適用する必要があります(適用順は問わないそうです)。

 9. はサポートオンラインがヘタレ機械翻訳のため、例によってちんぷんかんぷんでした(笑)。

 10. は 1. の MS10-090 (KB2416400) をインストールすると「JISエンコーディングの自動検出が無効になるため、文字化けが発生する」問題に対処するためのものだそうです(最初から組み込んでおけよと言いたいw)。なぜか12月10日(金)に公開済みとなっています。
 なお、KB2416400 のサポートオンラインにアクセスするとPCが"一時意識不明の重体"になるのでやめたほうがいいでしょう。

 ↓アクセスしちゃった状態w
タスクマネージャ - サポートオンライン(KB2416400)
 記録更新しました。今までの最高は約2分でしたが、今回は約4分でした。こんなのがなんで放置されてるのか全く理解できません。

 11. は恒例となったタイムゾーンの更新です。新たに「(GMT+11:00) マガダン」が追加されます。今までは「マガダン、ソロモン諸島、ニューカレドニア」でしたが、マガダンが夏時間を導入するため、独立させることになったそうです。その他は現行タイムゾーンの夏時間開始/終了日時の調整だと思われます(あいまい...)。こちらは11月22日(月)に公開済みでした。

 再起動ありです。今回は再々起動が必要でした。落ち着いてからもなぜかCPU使用率が40%前後から下がらない状態になり、タスクマネージャを表示してみたらなぜか10%前後に。explorer.exe と svchost.exe がわずかにCPUを使っていましたが、いくら待ってもそれより下がりませんでした。初めての経験で、対処法が分からないのでとりあえずプリフェッチ削除後に再起動を試したら収まりました。

 念のため、2ちゃんねるにテスト用として掲載された(笑)TBSのトップページを表示したら見事に文字化け&Flash読み込み不能でした。ていうか、TBSは全体的にダメですね。
IE7 - 文字化け(TBSトップページ)

 冗談じゃない、ってことで普段訪れるサイトへ片っ端からアクセスしてみましたが、文字化けするサイトは一切ありませんでした。メールに関しても今のところ文字化けは皆無です。KB2467659 の作成ミスorTBSのサイトが腐ってるかのどちらかでしょう(激しく後者のような気がしますがwww)。
 で、やはり2ちゃんねるの有志による対策案(詳細はググってねw)を実施してみましたところ、解消します。セキュリティー的に問題ありそうですが、いつになるか分からないマイクロソフトorTBSの公式アナウンスを気長に待つ気はありませんw → やっぱり待ちます(^^;)
posted by Raptor03 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2010年12月10日 Fri

NIS2010、エンジン更新 - その7

 3か月ぶりです。
NIS2010 - LiveUpdate(2010-12-10) - 概略
 今回もまたどのファイルが更新されたのかが分かりませんでした。ダウンロードされたアーカイブ内のインストール設定ファイルには NewVersion=17.8.0.5.2 という表記が見られます(前回は 17.8.0.5.1)。

 再起動しましたが、やはり変わったところは特に見当たりませんでした。
posted by Raptor03 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2010年12月01日 Wed

アドビシステムズ、「Adobe Reader X」をリリース

 11月18日夜にダウンロード済みだったんですが、時間がなくてやっときょうインストールしました。個人的には名前がイマイチな感じがしますが(笑)、メジャーバージョンアップなのでさっそく試してみました。

Adobe Reader X - セットアップ(01) Adobe Reader X - セットアップ(02)
Adobe Reader X - セットアップ(03) Adobe Reader X - セットアップ(04)
Adobe Reader X - セットアップ(05) Adobe Reader X - セットアップ(06)

 バージョンは 10.0.0 (ファイルバージョンは 10.0.0.1)です。

 起動時間は9.xとほとんど同じくらいです。初回のみちょっと時間がかかったうえ、EULAが表示されている間はCPU使用率100%になるのには参りましたが。
Adobe Reader X - 起動スプラッシュ(10.0.0)
 またずいぶんと奇抜なデザインですね。。。

 全体的な印象は....ツールバーのアイコンのデザインのせいなのか、なんとなく安っぽく感じます(笑)。.......ていうか、まず目障りだなぁと思ったのが↓コレ。
Adobe Reader X - 全体(デフォルト)
 こんな中途半端なメニューなんて使いません。しかもどうやら消せませんorz.... ま、気にしなければいいと言われればそれまでですが。

 ユーザーインターフェイスに関しては....あいかわらず私の感覚とはちょっとズレてるなぁと感じました。例によってツールバー項目が引き継がれずにリセットされてやがるのでカスタマイズしようとしたら.....カスタマイズ画面が消滅しています!?.....orz
Adobe Reader X - 表示 - 表示切り替え - ツールバー項目
 上図のようにツールバーの各ボタンを表示(あるいは非表示)しようと思うといちいち [表示] メニューから [表示切り替え] - [ツールバー項目] ...とたどり、グループ分けされているツールを個別にクリックしなければなりません。つまり、一度に表示/非表示を設定できるのは1つだけということです。一発でできるのは全部表示とリセットのみです(そんな機能はほとんど使わんw)。

 参考までに、Reader 9.x のツールバーカスタマイズ画面です。
Adobe Reader 9 - その他のツールダイアログ(デフォルト)
 ご覧のようにチェックオン/オフで一括設定できます。

 今回のようにメジャーバージョンアップ時のインストールではツールバー項目などがリセットされるため、これだと再設定する際の手間が異常に増えてめんどくさいです。。。理解に苦しむ仕様変更で非常に残念でなりません。

Adobe Reader X - 全体(カスタマイズ後)

 そして Reader 9.x で改悪されたページアップ/ダウンのボタンが上下矢印になっているという違和感ありすぎのデザインはそのままでした。納得しないまま約2年間我慢して使ってきましたが、結局全然慣れることはありませんでした。激しく「← →」に戻してもらいたい。

 もう1つ、[100%表示] が"1:1"という直感的に非常に分かりにくいデザインに変更されてしまいました。写真関連アプリケーションの「ピクセル等倍表示」ならいざ知らず、何を基準に「1:1」?? 「カッコイイ!!」とか思ったんですかねぇ?(藁) いずれにしても一般的には受け入れがたい自己中な改悪です。

 さらに、いきなりバグを発見しました。[全体を表示] のボタンのみラベル(ツールチップ)が表示されません。マヌケですねぇwww いつ気づくのか見物です(「次のメジャーバージョンアップまで気づかない」に1万ルピア賭けますw)。

 そして意味があるのかどうかがかなり疑わしいスタートアップ項目 Reader_sl と AdobeARM も引き続き登録されますが、もちろんチェックオフで殺処分しておきます。

 長所を挙げるとすれば本バージョンの目玉とも言える「保護モード」の搭載でしょうか。いわゆるサンドボックス技術で、保護モード下で開かれたファイルに悪意のあるコードが仕掛けられていてもOSなどには悪影響を与えないというものです。
 あとは「多少動作が機敏になったように感じる」程度でしょうか。気のせいかもしれませんがw

 以下、直リンです。.exe と .msi の2種類あります。前バージョン(9.4.0)よりファイルサイズは約30%以上増加しています。
  [Adobe Reader X (.exe形式)]
  [Adobe Reader X (.msi形式)]
 ちなみに、.exe は NOSSO とかいう変な形式ではなく、.7z 形式の自己解凍書庫(さらにその中に .cab形式の書庫を含む)に変更されましたので、対応するアーカイバーで中身を見ることができます。
posted by Raptor03 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems