2011年02月10日 Thu

アドビシステムズ、定例アップデートを公開

 私の環境では「Flash Player 10」と「Reader X」が対象です。

 Flash Playerは13件のぜい弱性を修正しています。深刻度は"Critical"(いわゆる緊急)です。

 バージョンは 10.1.102.6410.2.152.26 となります。

 例によって直リンからダウンロードし、旧バージョンをアンインストール後、新バージョンをインストールしました。
  [Flash Player 10 (10.2.152.26/for IE)]
  [Flash Player 10 (10.2.152.26/for Plugin-Based Browsers)]
  [Flash Player アンインストーラー]

 Reader Xは29件のぜい弱性を修正したそうです。こちらも"Critical"です。

 バージョンは 10.0.0 (10.0.0.396)10.0.1 (10.0.1.434) となります。

 アップデーターはFTPサイトからダウンロードしたんですが、今回はReader X本体から手動アップデートしてみました。
アップデートの有無をチェック
Adobe Reader Update(01) Adobe Reader Update(02)
Adobe Reader Update(03) Adobe Reader Update(04)
Adobe Reader Update(05)

 システムの再起動が必要? めんどくさいですね。あ、その前に Reader_sl をチェックオフして、と。

 スクロールバーのバグやら何やら、全然直ってません。やはりセキュリティー以外の修正はしないつもりなんでしょうかね。


>>>Security update available for Adobe Flash Player - February 8, 2011
>>>Security updates available for Adobe Reader and Acrobat - February 8, 2011


posted by Raptor03 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems

キヤノン、「EF500mm F4L IS II USM」と「EF600mm F4L IS II USM」を正式発表

 3日遅れですが(^^;)。

 昨年8月26日に開発を表明していた超望遠レンズEF500mm F4L IS II USMEF600mm F4L IS II USMの発売が決まりました。

 いずれも蛍石レンズを2枚採用することでレンズ枚数を1枚削減し、高画質化と軽量化を併せて実現したとしています。最短撮影距離が短縮し、最大撮影倍率もアップしています。SWCを採用し、レンズ最前面と最後面に汚れ付着軽減のためのフッ素コーティングを施しています。手ぶれ補正量は約2段分から約4段分に向上、シャッター半押し状態で動作しない「モード3」も搭載しています。

 設計思想はすでに発表されている「EF300mm F2.8L IS II USM」や「EF400mm F2.8L IS II USM」と同じですね。これで「プロの要求に応える」新世代高性能望遠レンズのラインアップが完成したといった感じでしょうか。2012年のロンドンオリンピックあたりで活躍するんでしょうねぇ。

 「EF500mm F4L IS II USM」は113万4000円(税込み)、5月発売予定、「EF600mm F4L IS II USM」は143万8500円(税込み)、6月発売予定です。

 ....高ぇ(^^;)



 そしてオマケというかトドメです。EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4×の開発表明来ました。1.4×のエクステンダーをレンズ後端(後部フィルターホルダーの直前)に内蔵、しかもオン/オフが可能で、「280-560mm F5.6」相当に早変わりするスグレモノ(?)です。しかし、エクステンダー内蔵とは「無茶しやがって....」(AA略

 まだ光学系の詳細は不明ですが、蛍石を使っているそうです。「CP+2011」関連の複数の写真から判断すると結構な大きさですね。エクステンダー部分は外側に膨らんでおり、内部でエクステンダーが"スイングorスライドする"構造のようです。写真では分かりにくいのですが、内部に接続されたレバーを動かすことでオン/オフ切り替えするようです(ロックスイッチを挟んで上側が"1x"、下側が"1.4x")。

 リニューアルの要望が高いと思われる「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」の後継モデルかと思いきや、どうやらニコンの「AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II」(税込み105万円!)を意識した製品のようです。ってことは100万超え必至!?

 今年中の発売を予定しているとのことです。
posted by Raptor03 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2011年02月09日 Wed

キヤノン、「EOS Kiss X5」および「EOS Kiss X50」を発表

 まずはEOS Kiss X5です。今回はほぼ1年サイクルでした。

 主なスペックの新旧比較を。
 EOS Kiss X5EOS Kiss X4
撮像素子タイプCMOSセンサー
サイズAPS-Cサイズ相当
(22.3×14.9mm)
画素数約1800万画素
記録画素数RAW/JPEG L:5184×3456
JPEG M:3456×2304
JPEG S1:2592×1728
JPEG S2:1920×1280
JPEG S3:720×480
RAW/JPEG L:5184×3456
JPEG M:3456×2304
JPEG S:2592×1728
ISO感度ISO100〜6400(拡張:ISO12800)
連続撮影速度約3.7こま/秒
連続撮影枚数JPEG
(ラージ/ファイン)
約34枚
RAW約6枚
RAW+JPEG
(ラージ/ファイン)
約3枚
映像エンジンDIGIC 4
A/D変換14ビット
AFユニット全点クロス測距9点 → 中央クロス測距9点(中央部F2.8対応縦センサー)
測光方式63分割TTL開放測光「iFCL」(デュアルレイヤー測光センサー採用)
オートブラケティングオプティマイザ標準/弱め/強め/しない
ファインダータイプペンタダハミラー
視野率上下左右とも約95%
倍率
(50mmレンズ)
約0.85倍(35mm換算:約0.53倍)約0.87倍(35mm換算:約0.54倍)
アイポイント約19mm
液晶モニタータイプTFTカラー「ワイドクリアビュー液晶」
バリアングルタイプ
TFTカラー「ワイドクリアビュー液晶」
サイズ3.0型
ドット数約104万ドット(720×480ドット)
視野角上下左右約160°
表面処理反射防止3層マルチコート処理
ライブビュー撮影機能ライブ/クイック/顔優先ライブモード、手動ピント合わせ
動画撮影解像度1920×1080ドット(フルHD)
1280×720ドット(HD)
640×480ドット(SD)
 ※SDはデジタルズーム可能
1920×1080ドット(フルHD)
1280×720ドット(HD)
640×480ドット(SD)
クロップ640×480ドット(SD)
フレームレート30p/25p/24p(フルHD)
60p/50p(HD)
30p/25p(SD)
30p/25p/24p(フルHD)
60p/50p(HD/SD/クロップ) 
映像圧縮方式H.264(MPEG-4 AVC) 
映像記録形式MOV
音声記録方式リニアPCM
量子化ビット数:16ビット
標本化周波数:48kHz
ステレオ
記録媒体SD/SDHC/SDXCメモリーカード
撮影可能枚数ファインダー撮影ストロボなし約550枚
50%ストロボ約440枚
ライブビュー撮影ストロボなし約200枚
50%ストロボ約180枚
動画撮影可能時間約1時間40分
質量(本体のみ)約515g約475g

 その他、
  ・全自動モードを進化させた「シーンインテリジェントオート」モード
  ・「EOSシーン解析システム」による新ピクチャースタイル「オート」を搭載
  ・EOS初のガイダンス機能搭載
  ・マルチアスペクト機能
  ・トランスミッター機能を内蔵したポップアップストロボ
 などが新設・改良されました。

 記録画素数に関してですが、X4のJPEGは「JPEG L/M/S」の3種類でしたが、X5は「JPEG S」が「JPEG S1〜S3」の3種類に細分化され計5種類になりました。

 「アートフィルター」は世界共通名称の「クリエイティブフィルター」へ変更されています。

 動画クロップ機能(約7倍相当のデジタルズーム)はなくなりましたが、代わりに640×480ドット(SD)で約3〜10倍の「動画デジタルズーム」ができるようになっています(一部では3、7、10倍の3段階のみとなっていますが、公式サイトには記載なし)。....あれ? 10倍ということは解像度落とすかデジタル補完してますよね?(1800万画素の横1/10は640ドットにならないので)

 なぜかファインダー倍率が落ちてますね。もしかして、トランスミッター機能を内蔵したストロボのために小さくせざるを得なくなったとか?

 サイズがわずかに大きくなり、質量も増えてますが、これはバリアングル化の弊害でしょうか。どうせ大きくなるならファインダーも大きくしちゃえば良かったのに。

 バッテリーなど電源関係はX4と同じ、バッテリーグリップもX4用のものがそのまま使えます。

 推定実勢価格はボディーのみが約9万円、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」同梱のレンズキットが約10万円、レンズキットに「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」を加えたダブルズームキットが約13万円、いずれも3月3日(木)発売予定です。

 ちなみに、北米名称は「EOS Rebel T3i」、ヨーロッパ/アジア/オセアニア名称は「EOS 600D」です。

 なお、レンズキットの標準ズームレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIは外観などを変更したリニューアル版です。Lレンズなどと同様のレザートーン塗装処理や、ズームリングゴムのパターン変更を施していますが、 → 間違いでした。元々レザートーン塗装処理ですし、ズームリングゴムのパターンも同じです。
 主な変更点は、
  ・ズームリングの焦点距離指標部分をシルバーからブラックに変更
  ・[IMAGE STABILIZER] の印刷位置をズームリング先端部からマウント側に移動
  ・AF/MF切り替えスイッチ/IS ON/OFFスイッチ台座部分をほぼフラットに変更
 です。光学系の変更はありません。
 標準価格は3万4650円(税込み)、3月発売予定です。



 その他、EOSアクセサリーとして「スピードライト 320EX」と「同 270EX II」が発売となります。「320EX」は初のラインで、デザインが結構斬新です。バウンス発光機能(上90°、左180°、右90°)を搭載し、動画撮影時に便利なLEDライトを内蔵しているのが特徴です。「270EX II」は文字どおり「270EX」(2009年4月発売)の後継モデルです。

 双方ともリモートレリーズ機能を初搭載し、ストロボ側からカメラのシャッター操作が可能になります。このリモートレリーズ機能とスレーブ機能により、ワイヤレスマスター機能搭載のEOS(「EOS 7D/60D」、「Kiss X5」)との組み合わせでワイヤレスストロボ撮影が特別な機材なしに可能になります。

 また、新たに「EOS PREMIUM ACCESSORIES」という製品群がリリースされます。
  キヤノンレザーストラップ PA-E1BK
  キヤノンアジャストストラップ(レッド) PA-E2RE
  キヤノンアジャストストラップ(ブルー) PA-E2BL
  キヤノンアジャストストラップ(ベージュ) PA-E2BG
  キヤノンショルダーバッグ PA-AA-E1
  キヤノンメッセンジャーバッグ PA-AA-E2
  キヤノンインナーポーチ(ブラック) PA-E4BK
  キヤノンインナーポーチ(ブラウン) PA-E4BW
 ショルダーバッグとメッセンジャーバッグは「ARTISAN&ARTIST(アルティザン&アーティスト)」とのコラボレーション製品です。いずれも5月発売予定です。

 さらに、斜めがけに対応する女性向けのストラップもリリースされます(通常のEOSアクセサリーです)。
  EOSロングストラップ(ブラウン) ELS-10BR
  EOSロングストラップ(アイボリー) ELS-10IV
  EOSロングストラップ(ネイビー) ELS-10NA
  EOSロングストラップ(オレンジ) ELS-10OR
 いずれも3月発売予定です。

[追記:2011年2月17日(木)]
 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」の変更点に関する誤記などを修正しました。

[追記:2012年6月9日(土)] 
 「EOS Kiss X5」のスペックの誤記を修正しました。

 続きを読む (EOS Kiss X50)
posted by Raptor03 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン、IXY & PowerShotの新製品を発表

 7日(月)に帰宅してみると久しぶりに"キヤノン祭り"が開催されており、数時間では記事が書ききれないと判断、4日がかりになってしまいました(^^;;)。

 まずはコンデジから。

 IXY 31Sは「同 30S」の後継モデルで、同時に「同 10S」の後継モデルでもあるようです。

 違いは、
  ・撮像素子の画素数アップ(約1000万画素→約1210万画素)
  ・光学系の広角側への拡大(換算28mm→24mm)+ズーム倍率アップ(約3.8倍→約4.4倍)
  ・液晶モニターの機能拡大(3.0型ワイドクリアライブ液晶G→タッチパネル式3.2型ワイドクリアライブ液晶T)
  ・フルHD動画撮影(1080p/24fps)への対応
  ・「主役フォーカス」機能搭載
 などです。また、引き続き「HS SYSTEM」に対応します。

 「主役フォーカス」機能は主役となる被写体を自動で判別し、ピントと露出を合わせ続けるというもので、人物以外の動物や鉄道などにも対応します。被写体が動いても追尾し続けるので撮りたい瞬間を逃さない便利機能ですね。

 ちなみに、北米モデルの「DIGITAL ELPH」シリーズは"SD"と"DIGITAL"および"IS"が取れて「PowerShot ELPH 500 HS」などとなりました。ヨーロッパモデルの「IXUS」シリーズと併せてさらにややこしさが増したような....。

 IXY 410Fは「同 400F」の後継モデルです。スリムではありますが、IXY史上最薄ではなくなり(約17.8mm→約19.5mm)、四隅が角張った印象の外観に変更されました。

 その他の違いは、
  ・撮像素子の変更(約1410万画素CCD→約1210万画素裏面照射型CMOSセンサー)
  ・「HS SYSTEM」に対応
  ・レンズの高倍率化(換算28〜112mm→24〜120mm)および広角側開放F値の改善(F2.8→F2.7)
  ・IS補正量を向上(約3段分→約4段分)
  ・フルHD動画撮影(1080p/24fps)への対応
  ・「主役フォーカス」機能搭載
 などです。

 IXY 210Fは「同 200F」の後継モデルです。撮像素子がCCDから裏面照射型CMOSセンサーに変更され(画素数は同じ約1210万画素)、「HS SYSTEM」対応となりました。液晶モニターは2.7型「クリアライブ液晶II」から強化ガラスを採用した3.0型「クリアライブ液晶G」へとサイズアップしていますので、ここだけちょっとした下克上ですね(笑)。「主役フォーカス」機能を搭載し、フルHD動画撮影(1080p/24fps)へも対応しています。

 PowerShot SX230 HSは「同 SX210 IS」の後継モデルです。キヤノン初のGPS受信機内蔵タイプで、撮影位置情報を静止画/動画に埋め込むことができます。一定間隔で位置情報を取得してメモリーに記録する「ロガー機能」もあり、いずれの情報も付属アプリ「Map Utility」を使って撮影ポイントに対応した写真や移動経路を「Googleマップ」などの地図サービス上に表示できます。

 撮像素子は約1410万画素CCDから約1210万画素裏面照射型CMOSセンサーに変更され、「HS SYSTEM」対応となりました。「主役フォーカス」機能を搭載し、フルHD動画撮影(1080p/24fps)へも対応しました。

 PowerShot A3200 ISは「同 A3100 IS」の後継モデルです。デザイン的にはかつての「IXY DIGITAL」にそっくりで、Aシリーズ初のアルミニウム合金外装(フロント/リアカバー)を採用しています。ていうか、型番から"IS"は廃止されたと思っていたんですが、存続させるんですね。

 その他の違いは、
  ・撮像素子の画素数アップ(約1210万画素→約1410万画素)
  ・映像エンジンの変更(「DIGIC III」→「DIGIC 4」)
  ・光学系の広角側への拡大(換算35mm→28mm)+ズーム倍率アップ(4倍→5倍)
  ・HD動画撮影(720p/30fps)への対応
  ・「主役フォーカス」機能の搭載
 などです。

 ちなみに、海外モデルには上位モデル「同 A3300 IS」もあります。撮像素子の画素数が約1600万画素に、液晶モニターのサイズが3.0型になっている以外は同じです。

 PowerShot A2200は「同 A2100 IS」の後継モデル....じゃありません。「同 A3200 IS」からISを省き、ズーム倍率を4倍に抑えた下位モデルという位置づけのようです。ISがない代わりにISO感度を上げる「ブレ軽減モード」を搭載していますが、記録画素数が約400万画素固定になるため画質的にはかなり不利になりますね。その他ポイントは「PowerShot Aシリーズ最薄の約23.6mmを実現」だそうです。

 PowerShot A1200は「同 A2200」の下位モデルで、これもISなしです。光学ファインダーを搭載し、単3形乾電池×2本で駆動できますので、「同 A1100 IS」のコンセプトも受け継いでいると言えます。

 ちなみに、一部で「同 A495」の後継モデルとされていますが、海外モデルにはさらなる下位モデルとして「同 A800」があり、内容的にはこちらが「同 A495」の直系(というか外観が違うだけ)です。現在のレートで8000円を切る実売価格となっています。

 海外モデルとの対比表です。
日本国内名称北米名称ヨーロッパ名称
IXY 31S
 シルバー
 ゴールド
 ブラウン
 ピンク
PowerShot ELPH 500 HS
 Silver
 -
 Brown
 Pink
IXUS 310 HS
 Silver
 Gold
 Brown
 Pink
IXY 410F
 シルバー
 ブラック
 レッド
PowerShot ELPH 300 HS
 Silver
 Black
 Red
IXUS 220 HS
 Silver
 Black
 Red
IXY 210F
 シルバー
 ブルー
 ピンク
 オレンジ
 -
PowerShot ELPH 100 HS
 Silver
 Blue
 Pink
 Orange
 Gray
IXUS 115 HS
 Silver
 Blue
 Pink
 -
 Grey
PowerShot SX230 HS
 ブラック
 レッド
 ブルー
同左
 Black
 Red
 Blue
同左
 Black
 Red
 Blue
--PowerShot SX220 HS
 Grey
 Purple
-PowerShot A3300 IS
 Silver
 Pink
 Black
 Blue
 Red
同左
 Silver
 Pink
 -
 Blue
 Red
PowerShot A3200 IS
 シルバー
 ピンク
 ブルー
 -
-同左
 Silver
 Pink
 Blue
 Orange
PowerShot A2200
 シルバー
 -
 -
 レッド
同左
 Silver
 Blue
 Black
 Red
同左
 Silver
 Blue
 Black
 Red 
PowerShot A1200
 シルバー
 -
同左
 Silver
 Black
同左
 Silver
 Black
-PowerShot A800
 Silver
 Red
 -
 Black
同左
 Silver
 Red
 Blue
 Black

 こう見るとヨーロッパ製品のラインアップはすごいですね。何でもそろってるという感じで。ただ、ヨーロッパと言ってもアジア/オセアニア地域なども含まれるので上記モデルがすべてどの地域でも入手できるわけではないようです。東南アジア地域でしかリリースされないモデルもあったりするようですし。

>>>コンパクトデジタルカメラ IXY/PowerShot
>>>Canon(USA) - Digital Compact Cameras
>>>Canon(Europe) - Digital Compact Cameras
posted by Raptor03 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

マイクロソフト、2月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、復帰から3時間かかって出現しました。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS11-003KB2482017-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS11-006KB2483185-緊急Windows シェルのグラフィック処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS11-007KB2485376-重要OpenType Compact Font Format (CFF) ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS11-010KB2476687-重要Windows クライアント/サーバー ランタイム サブシステムの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS11-011KB2393802-重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS11-012KB2479628-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS11-013KB2496930KB2478971重要Kerberos の脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
8.MS11-014KB2478960-重要Local Security Authority Subsystem Service (LSASS) の脆弱性により、ローカルで特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.-KB2492441--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2011 年 2 月 8 日
10.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2011 年 2 月 (v.3.16)

 1. は MS10-090  (KB2416400) の事実上の更新版ですね。やっとTBS系サイトが正常に表示されるようになりました。....結局TBS側は修正しなかったようで。

 再起動ありです。.....「Windows を起動しています...」が4分30秒。。。例によって(ry
posted by Raptor03 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

初雪

 今さら今シーズン初めての降雪&積雪です。年が明けてからは北部山沿いで断続的に積雪があり、久しぶりにけっこうな降雪量になっているんですが、この辺りは空っ風が吹きすさぶだけの真冬の晴天が続いていました。
初雪 - 2011年2月9日
 けさ8時少し前の状態です。積雪量は2cmくらいでした。

 11時ころに降りやんだと思ったら急速に晴れ上がって気温が上昇したため、今現在すでに跡形もなく解けてなくなってます。
posted by Raptor03 at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象