2011年07月21日 Thu

最後のスペースシャトル、帰還

 ついに終わってしまいましたねぇ。。。

 1981年4月12日、初打ち上げの際にテレビで生中継された映像を見て子どもながらに感動したものでした。それ以前のロケット打ち上げなんて物心つく前で全く記憶になかったため、打ち上げ中継自体が生まれて初めての体験でした。

 しかし、きょう生中継したのは日本テレビだけ(しかも30秒程度)って....寂しいかぎりですねぇ。。。

 というわけで、スペースシャトル計画30年の記録を軽くまとめてみました。
機体飛行回数総飛行時間(メインギア接地まで)備考
OV-098 Pathfinder (パスファインダー)--地上試験機
OV-099 Challenger (チャレンジャー)10回1,495時間56分22秒
 ( 62日 7時間56分22秒)
実用機2号機、元は地上試験機(STA-099)
OV-100 ---予備機、建造途中で中止され、実用機の保守用に徴用
OV-101 Enterprise (エンタープライズ)--大気圏内滑空試験機
OV-102 Columbia (コロンビア)28回7,214時間 8分58秒
 (300日 14時間 8分58秒)
実用機1号機、2001年に改修実施
OV-103 Discovery (ディスカヴァリー)39回8,756時間25分22秒
 (364日 20時間25分22秒)
実用機3号機
OV-104 Atlantis (アトランティス)33回7,356時間59分06秒
 (306日 12時間59分33秒)
実用機4号機、2000年に大規模改修実施
OV-105 Endeavour (エンデヴァー)25回7,105時間21分29秒
 (296日 1時間21分29秒)
実用機5号機、チャレンジャー事故を受けての追加建造

着陸地回数備考
John F. Kennedy Space Center79回Shuttle Landing Facility
Edwards Air Force Base53回複数の滑走路を使用
White Sands Missile Range1回Northrup Strip(Runway 17)

フライトの種類回数備考
総フライト数/ミッション数135回STS-1〜4はシャトルシステム関連テストフライト
ISS組み立てミッション 37回スペースシャトル以外:4回(ロシア/今後1回予定)
衛星放出ミッション27回軌道投入失敗は5回(のちに回収・修理後に再投入成功は2回)
HST保守ミッション5回 
スペースラブミッション11回 
微小重力実験ミッション11回 
DODミッション10回軍事衛星放出は9回
シャトル/ミールドッキングミッション9回 
中止ミッション6回 

ミッション番号は初飛行〜9回目の飛行までが STS-1〜9 と通算飛行回数を表わしていましたが、10回目〜25回目(チャレンジャー事故)までは STS-41B〜51L と変更されました。これは「STS-41B」を例にとると「4」が1984会計年度、「1」が打ち上げ場所(ジョン F.ケネディ宇宙センター)、「B」はスケジュール番号を意味します。チャレンジャー事故後の再開時(26回目以降)には再び STS-26〜 と通算番号へ戻されています。また、ミッション番号と打ち上げ順とは必ずしも一致していません。

 ちなみに、OV-101 エンタープライズ の当初の名前は「Constitution (コンスティテューション)」でしたが、『スタートレック』ファンによる40万通にもおよぶ嘆願によって「エンタープライズ」に決まったという経緯があります。改修して実用機とする計画もあったそうですが、事故が重なったことなどから中止され、結局宇宙へは行けませんでしたけどね。

 いろいろありましたが、スペースシャトルのおかげで世界各国の宇宙開発が加速したことだけは間違いないと思います。30年間本当にお疲れ様でした。


posted by Raptor03 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス

2011年07月13日 Wed

マイクロソフト、7月の月例パッチを公開

 たった4つなのに"黄色い盾"が動き出してインストール可能になったのは起動から約4時間後でした。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS11-054KB2555917-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS11-055KB2560847KB2493523重要Microsoft Visio の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 セキュリティ更新プログラム
3.MS11-056KB2507938-重要Windows クライアント/サーバー ランタイム サブシステムの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2011 年 7 月 (v.3.21)

 2. は「Visio 2003なんてインストールしてないのになんで?」ですが、
影響を受けないバージョンの Microsoft Office 2003 をインストールしていますが、なぜこの更新プログラムが提供されるのですか?
CVE-2010-3148 に記載されている脆弱性が悪用される攻撃の経路は、Microsoft Visio 2003 によるものですが、影響を受けるコードは Microsoft Office の共有コンポーネントに存在します。Microsoft Office 2003 スイートや Microsoft Office 2003 のスタンドアロンのプログラムなどの影響を受けないソフトウェアには、影響を受ける共有 Microsoft Office コンポーネントが含まれていますが、影響を受けるコードにアクセスしないため、この脆弱性の危険にさらされることはありません。しかし、影響を受けるコードが存在しているため、この更新プログラムが提供されます。
 ...だそうで。

 再起動ありでした。
posted by Raptor03 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2011年07月07日 Thu

NIS2011、アップデート - その2

 再起動ありの更新がありました。
NIS2011 - LiveUpdate(2011-07-07_01) - 概略
 エンジンフォルダーを確認したところ、6月22日と同じくIDセーフなどのFirefox向けプラグインモジュール関連の更新でした。
posted by Raptor03 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security