2011年10月30日 Sun

Google、古いブラウザー向けのインスタント検索を提供中止

 24日(月)からなくなってたんですねー。なぜかヘルプフォーラムでコソっと発表されているだけですが。ていうか、IE8も「古いブラウザー」ですかw

 しかも、理由が「日本語入力システムとの兼ね合い」とかw あくまでも「自分たちの考えたものは絶対」なんですね。恐れ入りました。

 これでインスタント検索とオートコンプリート両方ともオフにできるので、とりあえずウェブ検索に関してはほぼ元どおり....ではないんですよこれが。

 いつの間にかインスタントプレビューが改悪されてやがります。当初は虫眼鏡アイコンをクリックしないと表示されなかったんですが、虫眼鏡アイコンが廃止され、各検索結果(ページの内容)にマウスが乗るとその右側に [>>] が表示され、そこにマウスが乗っただけでプレビューされてしまいます。検索結果の上にマウスを乗っけたままスクロールするとちょっとカクカクします。
Google.co.jp - ウェブ検索 - インスタントプレビュー(IE8_02)

 .....こりゃやっぱり使えませんね。でもググってみると簡単に解決策が見つかったりします。CSSです。私の場合、以下のCSSを設定しました(完全無効化)。
/* Google インスタントプレビューを無効化 */
#vspb, .vspi, .vspib {
    display: none !important;
}
 GIPD.CSS など適当な名前で保存し、IE8のユーザー補助で指定します。

 私にはCSSやHTMLの知識はほとんどないため(笑)、他のサイトで影響ないかどうかは分かりませんが、少なくとも同様の機能を提供している Bing では影響なしでした。その他いつも訪れるサイトを回ってみましたが、問題はないようです。


posted by Raptor03 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2011年10月26日 Wed

マイクロソフト、定例外パッチを公開

 "黄色い盾"、全然ダメです。WindowsUpdate.log によると、
  Sequence xxxx vs AcceptRate 0.
 のままです。3時間半で5回も確認しに行ってるのにずっと"0"というのは珍しいですね。

 というわけできょうもMUにて。追加選択にも2つ来てました。
 KB番号概要
1.KB2526297Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 3
2.KB2526302Excel Viewer 2007 Service Pack 3
3.KB2526298PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 3
4.KB2598845Windows XP 用 Internet Explorer 8 互換表示一覧用の更新プログラム
5.KB931125
[要WGA]
ルート証明書の更新プログラム [2011 年 10 月]

 1. 〜 3. はOffice 2007 SP3リリースに伴う更新です(Office 2007のコンポーネントを使用しているため)。

 4./5. は追加選択です。

 再起動要求はありませんでした。
posted by Raptor03 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2011年10月22日 Sat

ソニー「x-アプリ 3.0」を試す...が!

 いつの間にか「SonicStage V」シリーズの提供が終了しており、その代替として「x-アプリ」という音楽/映像関連統合アプリケーションが公開されているのを知りました。音楽再生機能に限って言えば、見た目が多少変わり、サポート機器(ウォークマン)が一部切り捨てられた程度の違いしかないようです(中身は「SonicStage V」らしいという情報も)。Z1(XP)でも問題なく動作するようなので、さっそくインストールしてみることにしました。

 いざインストールが始まるとx-アプリ本体の前になぜか次の2つが....。
x-アプリ(3.0.01) - インストール(08)
  ・Windows Media Format Runtime
  ・DirectX 9.0c Runtime
 この2つはどちらもインストールされているはずのものですけど? 何の説明もなしに強制上書きインストールとか、不親切極まりないですね。....DirectX 9.0cはバージョンチェックによってインストールされませんでした(現時点の最新バージョンである 9.29.1947 がインストール済み)。

 さらにインストール途中でいろんなプログラムが次々にNISに引っかかりました。驚いたことにそのほとんどはJava(JRE)でした。
NIS2011 - セキュリティ警告(jre.exe)
 「入れちゃいけないもの」としてがんとしてインストールを避けていたのに、勝手なことしやがってからに。もちろんこれもサイレントインストールです。しかしなんで音楽再生アプリケーションにJavaが必要なんだよ。普通にプログラミングしろよ(怒

 トドメはインストール終了後でした。"黄色い盾"が何やら検出したので「また誤検出か?」と思いきや.....
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.-KB929399--Windows XP 用 Windows Media フォーマット 11 SDK の更新プログラム(v2)
2.MS07-068KB941569-緊急Windows Media Format の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS08-076KB959807KB952069重要Windows Media コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP Service Pack 3 用セキュリティ更新プログラム
4.MS09-051KB975682KB954155緊急Windows Media Runtime の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP SP 3 用 Windows Media フォーマット ランタイム 9、9.5、および 11 のセキュリティ更新プログラム
5.MS10-033KB979902KB978695緊急メディア解凍の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows Media フォーマット ランタイム 9、9.5、11 のセキュリティ更新プログラム、Windows XP SP3 向け
6.MS10-062KB975558-緊急MPEG-4 コーデックの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム

  _| ̄|◯


 すべて以前月例パッチで適用したことがある更新プログラム.....しかもすべてWindows Mediaがらみです。ってことは、Windows Media Format Runtime(以下、WMFR)がインストールされたからですよね?

 [プログラムの追加と削除] で確認すると、どういうわけか「Windows Media Format 11 Runtime」があります。これはWMP11と同時にインストールされるはずのランタイムモジュールです(ダウンロードセンターでも公開中で、WMPのバージョンに関係なく単独インストール可)。それまではおそらく9.5(ファイルバージョンは10)で、[プログラムの...] の項目にはなかったと記憶してます。

 どうもよく分かりませんね。WMFRが11に更新されると更新プログラムの再適用が必要....? 「インストール済みファイル個別のバージョンチェックなんか一切せずに強制的に上書きしちゃうよ〜」的なトンデモ仕様のインストーラーってわけですか。まさか4年半もさかのぼるとは恐れ入りました。
 ...この場合、x-アプリのインストーラーではなく、WMFR11のインストールパッケージが糞ということになりますね。上記 2. に関しては2007年、WMP11をインストール後に訳あってWMP11/WMFR11をアンインストールした際にも検出されたことがありましたし。

 納得できませんが、適用するしかありません。



 そしてJREですが、コイツやっぱり超やっかいな野郎でした。

 x-アプリのインストール後、タスク マネージャのプロセスタブにJRE関連のプログラムが2つ(アップデートチェック中などは3つ)が出現しました。
タスクマネージャ - プロセスタブ(JRE)
 jucheck.exejusched.exe は最近のアプリケーションでは常識となりつつある自動アップデート機能のためのモジュールです。プロセスが複数増えるのはあまり気持ちいいものではないので(メモリー使用量の増加はわずかですが)、この時点では自動アップデートをオフで運用しようと考えました。

 Javaコントロールパネルを見てみると [アップデートを自動的にチェック] がオンになっていました。
Javaコントロールパネル - アップデートタブ(01)
 これをオフにして再起動しました。

 ところが、タスクマネージャにはあいかわらず当該プロセスが居座っています。システム構成ユーティリティのスタートアップ項目を確認してみると、
システム構成ユーティリティ - スタートアップ(jusched)
 jusched.exe にはチェックが入ったままでした。おかしいなと思いつつ、スタートアップ項目をチェックオフして再起動すると今度はプロセスから消えました。

 ちょっと分かりにくい挙動なのでいろいろ試してみました。

 この状態(両方ともオフ)でJavaコントロールパネル側をオンにすると.....スタートアップ項目が復活しました。次に、Javaコントロールパネル側をオンにし、スタートアップ項目をチェックオフして再起動すると、Javaコントロールパネル側はオンのままでした。

 まとめると、「Javaコントロールパネル側からオフ→オンにした場合のみ連動する」ってことですね。かなり気持ち悪くてひねくれた仕様ですねぇ。



 ついでなので(?)、自動アップデート機能に関していろいろいじってみました。

 自動アップデートのチェック日時が「毎月10日の4:00」とか意味不明な日時になっていたので、[詳細...] で「毎日21:00」に変更してみました。
Javaコントロールパネル - 自動アップデートの詳細設定(チェック日時)

 .....ところがっ!!! 数分後に何気なくチェック日時を確認したところ、どういうわけか「毎週日曜日の21:00」に変更されていました。何度やっても「毎日」が設定できません。試しに「毎月1日の0:00」に変更しても「毎週日曜日の0:00」に変更されてしまい.........なんだそれ。なんと「毎週日曜日」にしか設定できないバグwwwww

 ググるとこれと似たようなバグ(日時設定が保存されない)に関する解決策が見つかったんですが、Windows 7/Vistaでのみ有効....orz

 放置決定ですかね。....ここでふとOracleのJava(JRE)公式サイトへ行ってみると、偶然にも新バージョン(6.0.29)が公開されていたので、速攻でダウンロード/インストールしてみました。

 さっそくチェック日時を変更してみるとちゃんと「毎日21:00」で設定が保存されるようになり、バグは修正されたようです。

 .....と思ったのもつかの間、これで終わりではありませんでした。しばらく設定をいじったあと、気になったので再度チェック日時を変更してみたところ、またしても「毎週日曜日」以外に設定できなくなってます。参りましたね、まったく。

 この状態に陥ると絶対に直せないようです。とりあえず、再インストールしてみます。
プログラムの追加と削除 - JRE

  !!!!!

 なんじゃこりゃ? なんでバージョン違いの2つともインストールされてるの?? 新バージョンをインストールしても旧バージョンがアンインストールされない??? なんなんだよ....一応ググってみると、公式にありました。結論としては「(自動アンインストールされないので)削除を推奨する」が、「もしかすると動作しないアプリケーションがあるかも」。アドビシステムズとは考え方が違うようで。

 もしかして、2つインストールされていたのが原因で上記のような症状が出るんでしょうか? ま、考えても意味なさそうなのでさっさと両方ともアンインストールし、最新版のみ再インストールしました。チェック日時を「毎日21:00」に設定、自動アップデートをオフ→オンにしてしばらく放置。.....ダメでした。やはり「毎週日曜日」に変更されやがります。

 結論から言うと一度でも自動アップデートをオフ(にしてオン)にしてしまうと、一定時間経過後「毎週日曜日」に勝手に変わる、という間抜け仕様になっているようです。

 こうなりゃ意地だということで、徹底的に検証してみました。再インストールしてチェック日時を変更、自動アップデートをオフ→オン.....結果、チェック日時を設定してからきっかり5分経過すると「毎週日曜日」に勝手に変更されることが分かりました。自動アップデートをオフ→オンにすると5分間だけ正常になります(超無意味w)。

 しかも、この自動アップデート機能、指定時間どおりに動作していません。
Javaコントロールパネル - アップデートタブ(02)
 「21:00」なのに「16:10」にチェックしてます。つまり、この瞬間に「毎日」→「毎週日曜日」に変更されたわけです。

 アホの子ですか?wwww 完全にどっかぶっ壊れてますね。

 もうバカバカしいので自動アップデートは完全に無効にします。[今すぐアップデート] で確認できますしね。



 .....いやぁ、すっげー疲れました。。。4時間以上もくっだらないことに費やしてしまいましたわ。

 結局「x-アプリ 3.0」のことなんかどっかへ吹っ飛んでしまいました。
posted by Raptor03 at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC一般

2011年10月20日 Thu

キヤノン、「EOS-1D X」発表

 また2日遅れになってしまいましたが、やはり久々の新型機なのでお約束ということで。

 2007年11月29日から約4年、ついに「EOS-1Ds Mark III」の後継機種が.....というか、APS-H機「EOS-1D Mark IV」との統合という形で決着したようです。統合の噂は以前から頻繁に出ていて、実は今月初旬ごろから某サイトにリークと思われる「かなり正確な情報」が数回に分けて掲載されていました。

 素人考えでは「3000万画素超え」あるいは「多画素でAPS-Hクロップ機能搭載、クロップ時高速連写可能」なんて思っていましたが、処理速度と高感度画質を重視した結果ということなんでしょうね。プロのみなさんは納得の内容なのかもしれません。

 1つ疑問があります。名称の「X」ですが、なぜ"10"なんでしょうか。どう数えても10代目ではないんですよね。EOS-1D系としてなら9代目ですし、「EOS-1V」のように「F-1」から数えると10を超えてしまいますし。う〜ん、謎だ。。。
 ※数え方が分かりました。2ちゃんねる情報です。
 ボディー派生型
1F-1F-1 高速モータードライブカメラ
2New F-1(F-1改)-
3EOS-1EOS-1 HS
4EOS-1NEOS-1N HS/DP/RS
5EOS-1VEOS-1V HS
6EOS-1DEOS-1Ds
7EOS-1D Mark IIEOS-1Ds Mark II/EOS-1D Mark II N
8EOS-1D Mark IIIEOS-1Ds Mark III
9EOS-1D Mark IV-
10EOS-1D X?
 「フラッグシップ機として10代目」であり、"派生型"はモデルチェンジとしてカウントしない、ということのようです。

 それはともかく、とりあえず表にまとめてみました。
機種名EOS-1D XEOS-1Ds Mark IIIEOS-1D Mark IV
撮像素子タイプCMOSセンサー
サイズ35mmフルサイズ
(約36×24mm)
APS-Hサイズ相当
(27.9×18.6mm)
有効画素数約1810万画素約2110万画素約1610万画素
センサークリーニングEOS I.C.S
(超音波モーションクリーニング) 
EOS I.C.S
映像エンジンデュアルDIGIC 5+デュアルDIGIC IIIデュアルDIGIC 4
A/D変換14ビット
記録画素数RAW/JPEG L:5184×3456
JPEG M1:4608×3072
JPEG M2:3456×2304
M-RAW:3888×2592
S-RAW/JPEG S:2592×1728
RAW/JPEG L:5616×3744
JPEG M1:4992×3328
JPEG M2:4080×2720
sRAW/JPEG S:2784×1856
RAW/JPEG L:4896×3264
JPEG M1:4320×2880
JPEG M2:3552×2368
M-RAW:3672×2448
S-RAW/JPEG S:2448×1632 
ISO感度自動設定(ISOオート)
、ISO100〜51200
(拡張:ISO50/102400/204800)
ISO100〜1600
(拡張:50/3200)
自動設定(ISOオート)
、ISO100〜12800
(拡張:ISO50/25600/51200/102400)
連続撮影速度超高速:約14こま/秒
高速:約12こま/秒
高速:約5こま/秒
低速:約3こま/秒
約10こま/秒
連続撮影枚数JPEG
(ラージ/ファイン)
未定→約100枚約56枚約121枚
RAW未定→約35枚約12枚約28枚
RAW+JPEG
(ラージ/ファイン)
未定→約17枚約10枚約20枚
シャッター耐久性能約40万回約30万回
AFユニット最大41点クロス測距
61点高密度レティクルAF
19点クロス測距
45点エリアAF
39点クロス測距
新45点エリアAF
測光方式
252分割TTL開放測光
(10万画素RGB測光センサー採用)
+AE専用DIGIC 4による「EOS iSA System」
63分割TTL開放測光
多重露出撮影可能(多重枚数:2〜9枚)-
オートライティングオプティマイザ標準/弱め/強め/しない-標準/弱め/強め/しない
ファインダータイプガラスペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率
(50mmレンズ)
約0.76倍(50mmレンズ・∞・−1m-1)
アイポイント約20mm
フォーカシングスクリーン交換式(Ec-CV標準装備)交換式(Ec-CIV標準装備)
液晶モニタータイプワイドクリアビュー液晶II広視野角TFT液晶クリアビュー液晶II
サイズ3.2型3.0型3.0型
ドット数約104万ドット(720×480ドット)約23万ドット(320×240ドット)約92万ドット(640×480ドット)
視野角上下左右約160°上下左右約140°上下左右約160°
表面処理強化ガラス+光学弾性体
、反射防止マルチコート処理
反射防止3層マルチコート処理強化ガラス+光学弾性体
、反射防止マルチコート処理
ライブビュー撮影機能ライブ/クイック/顔優先ライブモード
、手動ピント合わせ
手動ピント合わせライブ/クイック/顔優先ライブモード
、手動ピント合わせ
動画撮影解像度1920×1080ドット(フルHD)
1280×720ドット(HD)
640×480ドット(SD)
-1920×1080ドット(フルHD)
1280×720ドット(HD)
640×480ドット(SD)
フレームレート30p/25p/24p(フルHD)
60p/50p(HD)
30p/25p(SD)
30p/25p/24p(フルHD)
60p/50p(HD/SD)
映像形式H.264(MPEG-4 AVC)-H.264(MPEG-4 AVC)
映像記録形式MOV-MOV
圧縮形式ALL-I、IPB --
音声形式符号化方式リニアPCM-リニアPCM
量子化ビット数16ビット-16ビット
標本化周波数48kHz-48kHz
チャンネル数2(ステレオ)-2(ステレオ)
記録媒体CFカード×2(UDMA mode 7対応)CFカード(UDMA対応)
+SD/SDHCメモリーカード
のデュアルスロット
CFカード(UDMA mode 6対応)
+SD/SDHCメモリーカード
のデュアルスロット
撮影可能枚数ファインダー撮影23℃未定→約1,120枚約1,800枚約1,500枚
0℃未定→約860枚約1,400枚約1,200枚
ライブビュー撮影23℃未定→約290枚-約270枚
0℃未定→約250枚-約230枚
動画撮影可能時間23℃未定→約2時間10分-約2時間40分
0℃未定→約2時間--
大きさ(幅×高さ×奥行き)約158.0×163.6×82.7mm(CIPA基準)156.0×159.6×79.9mm156.0×156.6×79.9mm
質量本体のみ未定→約1,340g約1,210g約1,180g 
CIPAガイドライン未定→約1,530g約1,405g約1,370g

 なんか未定が多いですが、まだ開発が完了していないということのようです。発表を大幅に前倒しした理由はイマイチ分かりませんが、某社の動向に関係しているのかもしれません(謎)。 → 2012年2月27日(月)に発表されました。

 その他の新機能・特徴として、
  ・EOS iSA Systemとの連動で被写体を高精度に追従する「EOS iTR AF」
  ・AIサーボAF III
  ・透過型液晶によるインテリジェントビューファインダー(AFフレーム/グリッド/水準器など)
  ・EOS初のカメラ内RAW現像(RAWのみ)
  ・色収差(倍率/軸上)補正機能を新搭載
  ・多重露出撮影機能
  ・タイムコードに対応したEOS MOVIE
  ・縦位置マルチコントローラー&マルチファンクションボタン2
  ・LAN端子搭載(1000BASE-T対応)
  ・新バッテリーパック「LP-E4N」採用

 インテリジェントビューファインダーは「EOS 7D」とほぼ同等で、水準器はAFフレームを利用したものです。ライブビュー時の「デュアルアクシス電子水準器」も7Dと同等です。

 多重露出は加算、加算平均、比較(明)、比較(暗)の4種類から選択可能です。

 新バッテリーパック「LP-E4N」は「LP-E4」より容量をアップ(2300mAh→2450mAh)、旧機種(1Ds Mark III/1D Mark III/1D Mark IV)にも使用可能で、「LC-E4」での充電も可能です。新バッテリーチャージャー「LC-E4N」は「LP-E4」の充電も可能です。

 同梱のストラップが「ワイドストラップL7」に変わりました。「同L6」は左から"Canon"(上下逆さま)、"Canon"、"EOS"の順でロゴが加工されていますが、L7は左から"EOS"、"Canon"、"Canon"となり、肩当て部分とひも部分との結合部が変更されているようです。これは.....もしかしたらまた買うかも(笑)。

 その他専用アクセサリーとしてキヤノン初のGPSレシーバー「GP-E1」、新たにIEEE802.11nにも対応し、対応機器との連動撮影が可能なワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E6B」も発売予定です。.....「GP-E1」の商品コードがぶっ飛んでますが、どうしたんでしょうね。

 1D Xの推定実勢価格は約65万円、2012年3月下旬発売予定です。 → 2012年4月下旬へ延期されました。

 もちろんプロ用なので私にはほとんど関係ありませんが、例によって「できれば使ってみたい」(^^;)。

>>>EOS-1D X

[追記:2011年10月25日(火)]
 一部補足および誤記を訂正。

[追記:2012年3月2日(金)]
 一部補足および変更。
posted by Raptor03 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2011年10月12日 Wed

マイクロソフト、10月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、全くダメでした。

 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS11-075KB2623699KB2564958重要Microsoft Active Accessibility の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS11-077KB2567053-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS11-078KB2604930KB2572067緊急.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 向け)
4.KB2572073緊急.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
5.MS11-080KB2592799-重要Ancillary Function ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS11-081KB2586448-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
7.-KB2596520--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2011 年 10 月 11 日
8.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2011 年 10 月 (v.4.1)

 再起動ありです。例によって mscorsvw.exe がおとなしくなるまで放置、と。

 ..."黄色い盾"、まぁた誤検出やらかしまた(2件)。
posted by Raptor03 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2011年10月06日 Thu

アドビシステムズ、Flash Player 11 正式版をリリース

 出ましたね。というか、Ver.10 はサポート終了みたいです。公式ページから Ver.10 が一斉に消えて Ver.11 一色になってます。

 バージョンは 11.0.1.152 となります。

 改良点は...
  1. Stage 3Dによる高速グラフィックレンダリング
  2. 64ビットOSのネイティブサポート
  3. H.264/AVCソフトウェアエンコードのサポート
  4. モバイルデバイス向けコンテンツ保護のサポート

 1. は....私の環境では無関係みたいです。ていうかその前に、CPUが2.33GHz以上、128MB以上のグラフィックメモリーという時点で完全にスペック不足だったりしますが。

 2. の64ビットOS、WindowsではWindows 7のみです。

 私の環境ではほとんど関係ないか、ヘタするとパフォーマンスが悪化する可能性も。。。

 直リンです(32ビットのみ)。
  [Flash Player 11 (11.0.1.152/for 32bit IE)]
  [Flash Player 11 (11.0.1.152/for 32bit Plugin-Based Browsers)]
  [Flash Player アンインストーラー (11.0.1.152/for 32bit)]

 とりあえず入れてみてしばらく様子見します。使えそうもなかったら戻すということで。

 ....って、おぃ。。。
Flash Player アンインストーラー11(11.0.1.152)
 文章が見えねぇぞボケw

 確かにRealPlayer 11入れてますが、ほとんど使ってないのでおかしくなったらRealPlayerにいなくなっていただきます。

>>>Adobe Flash Player 11
posted by Raptor03 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems