2011年11月28日 Mon

OCNメールの暗号化設定

 2ちゃんねるを見ていたらOCNメールのメーラーでの送受信にSSLが利用できるようになっている、というような書き込みを見つけました。Mail ONからOCNメールへの移行が済ませてあればメールアカウントの設定を変更するだけで利用できるとのことです。ちなみに、Live HotmailはPOP3/SMTPに移行した時点でSSL対応しています。

 ということは、過去のOCNからのお知らせメールに記述があるはず、と思ってチェックしていくと............ありました。
OCNヘッドラインBB - Action! OCN
 .....これだけです。こんなところ見てません(笑)。

 私は約2年前にMail ON→OCNメールへの移行を済ませているので、上記リンク先を参考にメールアカウントの設定を変更してみました。

 通常の基本情報です。
Outlook 2003 - 電子メールアカウント - OCN - 設定 - 基本情報(標準)
 サーバー情報の"xxx"(サブドメイン)はユーザーごとに異なります("色"を表わす英単語が多いようです)。実は会員登録した時期によっては送信メールサーバーの名称が異なっている場合もあります。たとえば、2006年後半あたりから(2010年8月31日以前)は smtp.vcxxx.ocn.ne.jp 、2010年9月1日以降は smtp.ocn.ne.jp という設定がデフォルトになります。ややこしいですね。

 SSL対応の基本情報です。
Outlook 2003 - 電子メールアカウント - OCN - 設定 - 基本情報(SSL)
 赤字のように変更します。重要なのは [メールサーバーへのログオン情報] - [アカウント名](一部表記は [ユーザー名]) の部分で、通常はメールアドレスの@より左の部分のみでもOKですが(公式資料もそうなっています)、SSL設定では@以降もすべて記入する必要があります。

 次に [詳細設定] の [送信サーバー] タブです。
Outlook 2003 - 電子メールアカウント - OCN - 設定 - 詳細設定 - 送信サーバー(SSL)
 [送信サーバー (SMTP) は認証が必要] にチェックを入れます。ここもある時期以降はデフォルトでチェックを入れる設定です(上記 smtp.vcxxx.ocn.ne.jp の場合など)。

 同 [詳細設定] タブです。
Outlook 2003 - 電子メールアカウント - OCN - 設定 - 詳細設定 - 詳細設定(SSL)
 各サーバーのSSLにチェックを入れ、ポート番号をそれぞれ"995"、"465"に変更します。OP25B対策実施済みのプロバイダー回線経由でOCNメールを送信する場合は"25"ではなく、"587"になります。やはりここもある時期以降はデフォルトで"587"になっています。私は自宅(OCN回線)でしか使わないのでずっと"25"でした。

 なお、Outlook 2003固有の問題だと思いますが、送信サーバーのポート番号を変更してからSSLにチェックを入れるとポート番号がデフォルトの"25"に戻ってしまうというバグがありますので、SSLにチェックを入れてからポート番号を変更する必要があります。受信サーバーは問題ありません(チェックを外すとデフォルトの"110"に戻り、再度チェックを入れると変更した"995"に切り替わります)。こんなバグ、マイクロソフトも把握してないでしょうね。

 これを設定したからといって絶対に安全ということではないんですけどね。あくまでも自分と自分のメールサーバー間の通信が暗号化されるだけです。メールをやりとりする相手側が同じく暗号化に対応していればさらに安全度は高まりますが、それでも完全ではありません。まあ、全く何もしないよりはマシということで。



posted by Raptor03 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2011年11月23日 Wed

マイクロソフト、ルート証明書の更新をリリース

 恒例のヤツです。MUの追加選択に来てました。
KB931125
[要WGA]
ルート証明書の更新プログラム [2011 年 11 月]

 あっという間に終了、再起動要求はありませんでした。
posted by Raptor03 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2011年11月15日 Tue

Googleウェブ検索結果についていろいろ.....

 Googleの検索結果に限った話ではないんですが、ウェブ上に表示されるリンクは未訪問(未クリック)か訪問済み(クリック済み)かで色が変更される(訪問済みになると変化する)のはご存じのとおりですね。最近Googleはこんなところも改悪してくれました。実際に変更が行なわれたのは9月中旬ごろらしいのですが、IE8へ変更後、ユーザーエージェントをIE7に偽装していたため、つい最近まで気づきませんでした。

 Googleの「改悪」というのは未訪問と訪問済みで違いが分かりにくくなってしまった、ということです。液晶パネルの性能が低いのも原因の1つですし、もしかしたら私、軽度の色弱かもしれません。うちの環境では特に訪問済みの"紫"が"ほとんど青に近い紫"に見えるため、未訪問の"青"との区別が付きにくくてしかたありません。
Google.co.jp - ウェブ検索 - リンク色(IE8標準)
 UA偽装をやめたころから「なんかおかしいなぁ…妙に目が疲れる」と感じていましたが、原因が分かってからはイライラがたまって爆発寸前です。

 .....というより、IE7の場合はさほど見づらいとは感じませんでした。ということはつまり、ブラウザーによって異なる色になるわけですね。調べるとIEとFirefoxなどメーカーごとに異なるうえ、IE6とIE7など同じメーカーでもバージョンが異なればさまざまな部分に相違が見られることもあるそうです。

 Googleは少し前からWindows標準の"青"や"紫"とは若干異なっていて、わずかに違和感がありましたけどね(見づらいというほどではなく)。しかも最近は予告なく微妙にコロコロ変えていました。

 実はYahoo!JAPANも変更があったようで、これも激しく見づらいです(青も紫もかなり暗い感じ)。
Yahoo!JAPAN - ウェブ検索 - リンク色(IE8標準)
 やはり私の目がおかしいんでしょうかねぇ。。。画像検索以外は全くと言っていいほど利用していないので、正直どうでもいいんですけどね。

 現在一番まともに見えるのはBingです(明るく淡い感じ)。
Bing - ウェブ検索 - リンク色(IE8標準)
 IE7(UA偽装)とIE8では同じ結果です。

 とにかく。見づらいものは見づらいので、こうなったらCSSでできるところまで徹底的にやってやろうじゃないの。ついでにYahoo!JAPANのリンク色を変更、Bingのリンク色を変更し、同ホバープレビューも無効化しちゃいます。

 と言ってもHTML/CSSの知識なんかほとんどない私にはソースを見てもてんでチンプンカンプンなので、IE8の開発者ツールを利用することにしました。前回のGoogleインスタントプレビュー無効化のCSSなどを参考に、どこの何を指定すれば特定部分のみを変更できるのかを自分なりに試行錯誤してみました。

 結果、ほぼ希望どおりに変更できました。全部合体させ、さらになるべく文字数を節約してみました。
/* Google, Yahoo!JAPAN, Bing - カスタマイズ */
/* 未訪問リンクの色 */
h3.r a:link,      /* Google */
.fc a:link,       /* Google */
#mIn a:link,      /* Yahoo!JAPAN */
#results a:link   /* Bing */
{
    color: blue !important;
}
/* 訪問済みリンクの色 */
h3.r a:visited,
.fc a:visited,
#mIn a:visited,
#results a:visited
{
    color: purple !important;
}
/* ポイント時リンクの色 */
h3.r a:hover,
.fc a:hover,
#mIn a:hover,
#results a:hover
{
    color: red !important;
}
/* インスタントプレビュー, ホバープレビューの無効化 */
#vspb,          /* Google - プレビューウィンドウ */
.vspi,          /* Google - 背景色 */
.vspib,         /* Google - 虫眼鏡アイコン */
.sa_cpt,        /* Bing - ボタン */
.sa_cpoc        /* Bing - プレビューテキスト */
{
    display: none !important;
}
 にわかですので責任持てませんが、とりあえず問題なく動作してるようです。ただし、Googleの検索結果のうち、なぜか以下の部分だけCSSの指定が無視されます。
Google.co.jp - ウェブ検索 - リンク色変更不可(IE8カスタム) Google.co.jp - ウェブ検索 - リンク色変更不可(IE8開発者ツール)
 強調指定された文字列ですね。私の技量ではどうにもなりませんでした。

 また、Bingの #results はYahoo!USAでも似たような場所に使っているため、リンク色が変わってしまいます(広告やナビゲーションも巻き込みます)。Googleのように特定か所に絞れば別々に変更できるはずですが、まあいいでしょう。

 GoogleとBingには hover は元々ありませんが、なんとなく気分で設定してみました。hover の後ろに active というのも設定できるんですが、"リンクをクリックした瞬間"というのがあまり意味なさそうだったので省きました(Yahoo!JAPANは設定しているようです)。

 ※実はGoogleやBingに関しては、最上部/最下部の広告表示も無効化しましたが、おおっぴらに掲載するのは何かとマズいかもしれないので控えさせていただきます(笑)。

 カスタマイズ後の各検索結果です。
Google.co.jp - ウェブ検索 - リンク色(IE8カスタム) Yahoo!JAPAN - ウェブ検索 - リンク色(IE8カスタム)
Bing - ウェブ検索 - リンク色(IE8カスタム)
 色は単純にWindows標準色にしました。私にとってはこれが一番見やすいので。RGBを16進数で指定して自分の好みの色に微調整してみてもいいと思います。

 参考までに、IE7/IE8における各検索サイトの色サンプルです。※()内は10進数
検索サイト未訪問訪問済みポイント時
カスタム(IE8)   
#0000ff
(0 0 255)
#800080
(128 0 128)
#ff0000
(255 0 0)
Google(IE7標準)   
#1111cc
(17 17 204)
#810081
(129 0 129)
-
Google(IE8標準)   
#1122cc
(17 34 204)
#6611cc
(102 17 204)
-
Google(IE8標準/5月)   
#2200c1
(34 0 193)
#551a8b
(85 26 139)
-
Yahoo!JAPAN   
#0e1bbb
(14 27 187)
#4c2472
(76 36 114)
#cc3434
(204 52 52)
Yahoo!USA   
#0000de
(0 0 222)
#551a8b
(85 26 139)
-
Bing   
#0044cc
(0 68 204)
#663399
(102 51 153)
-
 こうすると区別が付きにくいということはないように思えるんですけどね。実際に文字列に適用した場合は全く違う印象になってしまいます。
posted by Raptor03 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

キヤノン、DPPをアップデート

 EOS 5D Mark II、EOS 5D、EOS Kiss X50関連の不具合修正です。
  Digital Photo Professional 3.11.1 アップデーター for Windows

 例によってお約束で。
posted by Raptor03 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2011年11月11日 Fri

アドビシステムズ、Flash Player 11をアップデート

 アプリケーションの強制終了やシステムの乗っ取りが行なわれるというぜい弱性を修正するための更新です。緊急度は"クリティカル(緊急)"です。

 バージョンは 11.0.1.15211.1.102.55 となります。

 直リンです(32ビットのみ)。
  [Flash Player 11 (11.1.102.55/for 32bit IE)]
  [Flash Player 11 (11.1.102.55/for 32bit Plugin-Based Browsers)]
  [Flash Player アンインストーラー (11.1.102.55/for 32bit)]

 バージョン11、しばらく使ってみましたが私の環境では問題等は全く発生していませんのでこのまま行きます。

 私はインストールしていませんが、Shockwave Player 11も更新されています。こちらも緊急度は"クリティカル"です。以下、直リンを。
  [Shockwave Player 11 (11.6.3.633)]
  [Shockwave Player アンインストーラー]

>>>APSB11-28: Adobe Flash Player に関するセキュリティアップデート公開 (2011年11月10日)
>>>APSB11-27: Adobe Shockwave Player用セキュリティアップデート公開 (2011年11月8日)
posted by Raptor03 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems

マイクロソフト、定例外パッチを公開

 "黄色い盾"、速攻で反応しました。
KB2641690
[要WGA]
証明書失効リストの更新
 - Windows XP 用更新プログラム

 日本語版の セキュリティ アドバイザリ がきょう公開されました。マレーシアの下位証明機関が発行した証明書がぜい弱であることから、2つの中間証明機関が発行した証明書を失効リスト(CRL)に入れる必要がある、ということだそうです。不正発行かどうかは不明のようです。....毎回そうですが、証明書の仕組みがよく分かっていない私にはちょっと難解だったりw

 再起動ありです。
posted by Raptor03 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2011年11月09日 Wed

マイクロソフト、11月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、約3時間で準備完了になりました。.....少ない割に時間かかりすぎです。
 MS番号KB番号深刻度概要
1.MS11-037KB2544893重要MHTML の脆弱性により、情報漏えいが起こる
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.-KB2596972-Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2011 年 11 月 8 日
3.-KB890830警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2011 年 11 月 (v.4.2)

 1. は6月15日に公開された更新プログラムの更新版"v2"です(XPとServer 2003のみ)。

 再起動指示はありませんでした。
posted by Raptor03 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

NIS2011、アップデート - その5

 再起動ありの更新がありました。
NIS2011 - LiveUpdate(2011-11-09) - 概略
 昨日リリースされた Firefox 8 への対応で、ツールバー/IDセーフ関連の更新です。もう恒例ですね。

>>>Firefox 8.0でノートンのアドオンを有効にする方法
posted by Raptor03 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2011年11月05日 Sat

キヤノン、「CINEMA EOS SYSTEM」発表

 「ハリウッドで歴史的な発表が行なわれる」ということはかなり以前から報じられていたため、日本でもさまざまな憶測が飛び交っていましたが、大方の予想どおりシネマカメラ分野への本格参入でした。しかも「EOS」の名を冠して。まあ、私のような一般素人にはほとんど無縁の話なんですけどね。

 まとめると以下のとおりです。
  1. スーパー35mmサイズ相当約829万画素CMOSセンサー
  2. 4:2:2カラーサンプリング
  3. EFマウントと映画業界標準のPLマウントに対応
  4. EOS-1D Xベースの4K動画撮影対応モデルも開発中

 1. のスーパー35mmサイズ相当とは、映画撮影で使われる「スーパー35mmフィルム」とほぼ同等サイズという意味で、24.6×13.8mmということはAPS-Cサイズ相当より少し大きい程度ですね。

 また、有効画素数は3840×2160であり、フルHDの4倍で「おおよそ4K」です。ただ、4K動画が撮影/記録できるわけではなく、記録はフルHD(1920×1080)、フレームレートは24pなどがあり、最高ビットレートは50Mbpsです。R-G-G-Bの4色をそれぞれフルHD解像度で読み出し、3板式と同じ信号処理で高画質フルHD映像を作り出すというものです。

 2. は......デジタルコンポーネント記録の際の輝度(Y)と色差(Pb/Pr)の比率です(←実は全然分かってないw)。直接関係ないですが、かつてソニーが主体となって開発した放送業務用デジタルコンポーネント規格「D-1」(SD)が同じ4:2:2でした。

 3. は2種類のマウントに対応した機種を別々に発売するということです。EFマウントは同時に発表された映像制作専用レンズ群「EFシネマレンズ」を始め、EFレンズ(EF-Sレンズを含む)にも対応します。PLマウントは映画業界で一般的に使われているレンズマウントです。

 レンズは「CN-E14.5-60mm T2.6 L S/SP」と「CN-E30-300mm T2.95-3.7 L S/SP」についてはEFマウントとPLマウントをそれぞれ用意、スーパー35mmとAPS-Cに対応します。単焦点レンズ3本についてはEFマウントのみで、APS-Hや35mmフルサイズにも対応します。

 4. ですが、こっちの方が気になる人が多いかもしれませんね。先日発表された「EOS-1D X」をベースに4K動画の撮影に対応させたモデルだそうです。ただし、4Kの場合のみAPS-Hサイズ相当にクロップされるとのことです。つまり、画角がx1.3になるわけですね。使いづらそう。。。余計なお世話かw



 シネマカメラの推定実勢価格は約150万円(約2万ドル)、EFマウント対応モデル「EOS C300」は2012年1月下旬発売予定、PLマウント対応モデル「EOS C300 PL」は2012年3月下旬発売予定です。

 ズームレンズ「CN-E14.5-60mm T2.6 L S/SP」の希望小売価格は390万円(税別)で2012年1月下旬発売予定、同「CN-E30-300mm T2.95-3.7 L S/SP」は410万円(税別)、2012年3月下旬発売予定です。......恐ろしい価格(^^;)。
 単焦点レンズの希望小売価格は3本とも59万円(税別)、「CN-E 24mm T1.5 L F」と「CN-E 50mm T1.3 L F」は2012年7月発売予定、「CN-E 85mm T1.3 L F」は2012年8月発売予定です。

 「EOS-1D X」ベースの4K動画撮影対応一眼レフカメラは来年発売予定、価格等は未定ですが、こちらはコンシューマー向けだそうです。

 新規参入ではありますが、ビデオカメラ、放送用レンズ、一眼レフカメラの各分野では定評があるわけで、「カメラとレンズ両方作っている」という強みもある程度優位に働く可能性はあります。ただ、一番重要なのはハリウッドがどのような評価を下すかでしょうね。.....って、これも余計なお世話でした。

>>>CINEMA EOS SYSTEM
posted by Raptor03 at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ