2012年04月30日 Mon

キヤノン、DPPをアップデート

 4月17日に公開され、18日にダウンロード済みだったんですが、時間がなくてインストールなどがきょうまでずれ込んでしまいました。

 EOS 5D Mark IIIに同梱のDPP(Ver.3.11.10)でEOS 5D Mark IIIのRAW画像を現像するとややピンボケしたような画像になってしまう、という致命的とも言える不具合があったそうで、それに対する修正版です。

 バージョンは 3.11.4/3.11.103.11.26 となります。

  Digital Photo Professional 3.11.26 アップデーター for Windows/Mac OS X

 変更点は以下のとおりです。

1.EF24mm F2.8 IS USM、EF28mm F2.8 IS USM、EF24-70mm F2.8L II USM、EF500mm F4L IS II USM、EF600mm F4L IS II USMへの対応
2.EOS 5D Mark III、EOS-1D Xの撮影画像に対応
3.Mac OS X 10.5のサポートを終了(Mac OS X版)
4.デジタルレンズオプティマイザ機能を追加
5.多重合成ツールおよびHDRツールを追加
6.RAW画像を現像した場合、本来の画像特性が得られない現象を修正
7.クイックチェックツールを使って大量の画像を確認している際の障害を修正

 4. と 5. が新機能ということになります。

 さっそく一部で話題となっている新機能「デジタルレンズオプティマイザ」(以下、DLO)を使ってみました。
DPP 3.11.26 - セレクト編集画面 - フィット表示(DLOレンズデータなし)
 初期状態ではレンズデータが [なし] になっているので、[更新...] ボタンをクリックしてインターネット経由でレンズごとのデータを取得する必要があります(JPEGファイルや非対応レンズの場合は [レンズデータ:非対応] と表示されます)。
DPP 3.11.26 - DLO - レンズデータの追加と削除 - サーバーに接続中
 初回は [サーバーに接続中...] だけで1分くらいかかりました。表示しているRAW画像に格納されているレンズ名が取得したデータ一覧にあれば太字で表示されているはずです。
DPP 3.11.26 - DLO - レンズデータの追加と削除 - レンズデータ一覧(EF-S17-85)
 ダウンロードしたいレンズ名のチェックボックスをオンにして [開始] をクリックするとデータがダウンロード/インストールされます。
DPP 3.11.26 - DLO - レンズデータの追加と削除 - 完了(EF-S17-85)

 ちなみに、ダウンロードされたデータは、
   C:\Program Files\Canon\Digital Photo Professional\bin\5025.bin
 へ保存されました。ファイルサイズは約11Mバイトです。ただ、なぜかファイルの作成/更新日時が「2011年10月12日(水) 10:03:56.0」になりました(フォルダーの作成/更新日時はレンズデータを取得した日時)。試しにいくつか別のレンズデータもダウンロードしてみました。
レンズ名ファイル名保存/更新日時
EF-S17-55mm F2.8 IS USM5020.bin2011年10月12日(水) 10:03:52.0
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM5028.bin2011年10月12日(水) 10:04:15.0
 となりました。保存/更新日時が同じでミリ秒単位が「0」ということは、保存したあとわざわざこの日時にしているということですね。.....なんで?w

 ま、それはさておき。DLOの出来具合を試してみます。
DPP 3.11.26 - DLO - プレビュー(調整後)
 レンズ収差補正と似た調整画面が出てくるので、チェックボックスをオンにしてスライダーで調整、決まったら [保存] をクリックします。なお、レンズ収差補正の [色収差] と同時に適用できません。DLOを適用すると結果的に色収差も補正されるためだと思われます。

 注意しなければならないのは、DLOを [保存] するとRAW画像に情報が付加された状態で文字どおり元ファイルに上書き保存されてしまいます。
DPP 3.11.26 - DLO - 保存
 できればバックアップを取ってから作業したほうが良さそうです。

 .....保存が完了するまで私のPCでは50秒ほどかかりました(その間ずっとCPU使用率100%)。メチャクチャ重いですね。ファイルサイズも2倍以上になりました。常用する機能ではないかもしれません。

 で、効果のほどはどうなのかというと......
DPP 3.11.26 - セレクト編集画面 - 100%表示(DLO調整前後)
 劇的とは言えないまでも「そこそこの効果あり」ってところでしょうか。私の撮影した画像では腕が悪いせいか差が微妙ですが、レンズ収差補正の色収差補正+シャープネスアップよりはかなり自然な感じに見えます。また、ピントがきっちり合っている画像のほうが効果が出やすい気がします。

 もしかするとレンズによってはもっとはっきりとした差が出るのかもしれません。



posted by Raptor03 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2012年04月25日 Wed

NIS2012、エンジン更新 - その6

 再起動ありの本更新です。翌日というのは珍しく早いですね。
  ※LiveUpdate概略のキャプは3月16日と同一だったので省略w

 再起動後のバージョン情報です。
NIS2012 - バージョン情報(04 - 19.7.0.9)

 ツールバー関連が更新されました。IE8の場合は、
アドオン名旧バージョン新バージョン
Norton Identity Protection2012.5.2.62012.5.3.7
Norton Toolbar2012.5.2.62012.5.3.7
Norton Vulnerability Protection10.1.0.0同左
 となります。

 本日「正式」リリースされたFirefox 12の場合は、
アドオン名旧バージョン新バージョン
Norton Toolbar2012.5.2.62012.5.3.7
Norton Vulnerability Protection10.1.0.68 - 210.1.0.68 - 3
 となります。

 IDセーフ関連のモジュール(coidsafe.dll)も 2012.5.2.6 → 2012.5.3.7 へバージョンアップしています。

 そのIDセーフですが、さっそくいくつか不具合のあったサイトで試してみたところ、見事に直ってました。....と思いきや、なぜかFirefox 12では直ってません。マヌケ。。。

 ていうか、NIS2012のIDセーフ、根本的に相当おかしいですよね。いっそのこと作り直したほうが早いんじゃないでしょうか。いやマジで。
posted by Raptor03 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2012年04月24日 Tue

NIS2012、エンジン更新 - その5

 再起動なしのエンジン更新です。新エンジンのフォルダーが用意されました。
NIS2012 - LiveUpdate(2012-04-24_01) - 概略

 バージョンは 19.6.2.1019.7.0.9 となります。

 前回同様、更新に関する情報は米国Norton Communityにしかありません(前回は日本版には情報が出ずじまいでした)。 → 25日、ノートンコミュニティ日本版にも情報が出ました。Firefox 12向けのツールバー関連パッチもほぼ同時に配布されたそうです(NIS Resourcesというのがツールバー関連みたいです)。

 IDセーフ系の修正が複数あるようなので、私が訪れる一部サイトで発覚した不具合が修正されていると助かります。

 本日リリースされた(....じゃなくてフライングゲットした)Firefox 12へのツールバー対応が書かれていませんね。私はメインで使っていないのでかまわないんですけどね。ちなみに、現ツールバー(2012.5.2.6)は無効化されました。

[追記:2012年4月25日(水)]
 誤記を修正、および一部追加。
posted by Raptor03 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security

2012年04月16日 Mon

アドビシステムズ、Flash Player 11をアップデート

 セキュリティー更新ではありません。一部環境で音飛びするという情報があり、その修正かと思いきや、どうも違うようで…。ま、よく分かりませんが(^^;)、アップデートしているのは間違いないのでサクっと適用しておきます。

 バージョンは 11.2.202.22811.2.202.233 となります。

 直リンです(32ビットのみ)。
  [Flash Player 11 (11.2.202.233/for 32bit IE)]
  [Flash Player 11 (11.2.202.233/for 32bit Plugin-Based Browsers)]
  [Flash Player アンインストーラー (11.2.202.233/for 32bit)]

 この更新版は13日(金)に公開済みだったんですが、Flash Playerに内蔵の自動更新機能は全く無反応でしたので無効にしました(藁)。

 なお、自動更新機能を無効にするにはコンパネからFlash Playerの設定を変更すると同時に、タスク(タスク スケジューラ)の「Adobe Flash Player Updater」も無効にする必要があります。
posted by Raptor03 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems

2012年04月11日 Wed

アドビシステムズ、Acrobat/Readerの定例アップデートを公開

 Adobe Acrobat/Readerもセキュリティー更新が来ました。Xおよび9.5.xで、緊急度は"クリティカル"、優先度はWindows版のAcrobat/Reader 9.5.1が"1"、それ以外は"2"となっています。

 バージョンはそれぞれ 10.1.210.1.39.5.09.5.1 となります。

 なお、9.5.1 はアップデーター(.mspファイル)のみで、フルセット版は今のところ未公開です。 → 9.x に関しては 9.3.4 を最後に(3けた目のアップデートでは)フルセット版の提供がなくなったようです。

>>>APSB12-08: Adobe Reader および Acrobat に関するセキュリティアップデート公開

[追記:2012年4月12日(木)]
 一部修正・追記。
posted by Raptor03 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Systems

マイクロソフト、4月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、久しぶりに仕事してくれました。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-023KB2675157-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS12-024KB2653956-緊急Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS12-025KB2671605KB2656369緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
4.KB2656370緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 用)
5.MS12-027KB2664258KB2597112緊急Windows コモン コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 セキュリティ更新プログラム
6.MS12-028KB2639185KB2680326重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Works 6-9 Converter セキュリティ更新プログラム
7.-KB2598292--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 4 月 10 日
8.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 4 月 (v.4.7)

 .NET関連のインストールに約7分もかかりました。珍しく終了直後から複数の mscorsvw.exe が起動してきてCPU使用率乱高下が1分ほど続いたので、収まってから再起動しました。

 今回はなぜかデスクトップがすぐに表示されましたが(悪意のある...のHDDガリガリもなし)、メモリー使用量が約400Mバイトの状態になったため、再々起動しようとしたところ、mscorsvw.exe が1つだけプロセスに残っていました(プロセスにはあるが動いていない状態)。それから約40分後、突然動き出してCPU使用率乱高下が1分ほど続いていなくなったので、再々起動して終了です。

 ちなみに 7. のサポート情報がありません。またしても仕事さぼってますねぇ。 → いつの間にかありました(4月14日(土)に確認)。
posted by Raptor03 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年04月07日 Sat

NIS2012、有効期間の延長.....ていうか警告ダイアログがw

 有効期間の延長....の前に。NIS2012の有効期間に関する仕様がおもしろすぎるので、そのてん末をご報告します。

 有効期間の警告ダイアログは「残り30日から1週間ごとに4回、最後の1週間は1日ごとに7回表示される」というのがNIS2009〜NIS2011までの表示方法だったんですが、NIS2012は笑っちゃうほどめちゃくちゃでした。

 表示されたダイアログをカレンダー形式にまとめてみました。
SunMonTueWedThuFriSat
3/4567NIS2012 - 有効期間の警告(01) - 残り30日
8
9NIS2012 - 有効期間の警告(02) - 残り28日(タイプ2)
10
11121314NIS2012 - 有効期間の警告(03) - 残り23日(タイプ2)
15
1617
18192021NIS2012 - 有効期間の警告(04) - 残り16日(タイプ2)
22
23NIS2012 - 有効期間の警告(05) - 残り14日(タイプ3)
24
2526272829NIS2012 - 有効期間の警告(06) - 残り8日(タイプ3)
30
31
NIS2012 - 有効期間の警告(07) - 残り6日(タイプ4)
4/1
NIS2012 - 有効期間の警告(08) - 残り5日(タイプ5)
2
NIS2012 - 有効期間の警告(09) - 残り4日(タイプ6)
3
NIS2012 - 有効期間の警告(10) - 残り3日(タイプ7)
4
NIS2012 - 有効期間の警告(11) - 残り3日(タイプ7)
5
NIS2012 - 有効期間の警告(12) - 残り2日(タイプ8)
6
NIS2012 - 有効期間の警告(13) - 残り1日(タイプ9)
7[更新]

 .....いやはや、何ですかコレ?

 ダイアログが表示された間隔がもはや理解不能です。「残り23日」や「残り16日」は「残り30日」から1週間ごとではありますが、中途半端です。「残り21日」も「残り7日」も表示されませんでしたし、「残り8日」は完全に間違ってるとしか思えません。極め付きは4月4日と5日に2日連続で表示された「残り3日」です。......まさか今ごろになってうるう年加算が実施された.....わけないですよね。

 なお、残り日数がカウントダウンされるのは22時30分ごろですので、ダイアログが表示されたときの残り日数は「前日の22時30分ごろのもの」になります。つまり、本来の日付から1日遅れて表示されたようなものですね。
 [有効期間の状態] を実行(残り日数の確認を手動で実行)せずに放置した場合、NIS本体に反映される(自動的にサーバーへ問い合わせが行なわれる?)のは翌日になるため、その直後にダイアログが表示される、ということのようです。

 ただ、PCの電源をオンにしてからダイアログが表示されるまでの時間がバラバラです。NIS2011まではほぼ決まっていたんですけどねぇ。

 ダイアログのサイズ、文字などのレイアウト、表記内容などが全く統一されていないのも、見た目の安っぽさと相まって素人臭さ満載でものすごく違和感があります。それもわざわざ9種類も作るとか意味不明です。
 そもそも「残り30日」だけNIS2011と同じようなダイアログで、「残り28日」以降を「セキュリティ警告ダイアログ」にする必要があるとは思えません。ユーザーに誤解を与える可能性すらあります。今までどおり同じダイアログで単純にカウントダウンするだけで(残り日数を変更するだけで)十分なのに、いったい何を考えて作ったのやら。。。

 NIS2012、致命的ではないものの他にもまだ不具合を内包していそうな感じがします。



 さて、本題に入ります。本来きょうは「残り0日」のはず(6日の22時30分ごろにカウントダウンされて「残り0日」になっているはず)ですが、放置していたら上記のとおり「残り1日」が自動的に表示されました。ここで [有効期間の状態] を確認してみると....やはり出ました。
NIS2012 - メイン画面(03) - 残り0日(リスクあり)
 ワロタwww

 無防備状態を放置するわけにはいかないので、さっさと「有効期間の延長」をやってしまいましょう。

 今回も「NIS2012 2コニコPACK」で。ちなみに、Amazon.co.jpにて先日購入済みです。発売当初は通常パッケージ(3台/1年保護)とほぼ同額だったんですが、最近になって2コニコPACKだけ値下げされたため、慌ててポチりました。

 メイン画面の [延長] をクリック、指示に従って進めます。従来と同じく、CD-ROMエンベロープ裏面にあるプロダクトキー(ハイフンをのぞいた25けた)を入力します。
NIS2012 - 有効期間の延長(02) - プロダクトキー入力 NIS2012 - 有効期間の延長(03) - アクティブ化 
NIS2012 - 有効期間の延長(04) - 電子メールアドレス NIS2012 - 有効期間の延長(05) - 電子メールアドレス - ロード中
NIS2012 - 有効期間の延長(06) - パスワード NIS2012 - 有効期間の延長(07) - パスワード - ロード中
NIS2012 - 有効期間の延長(08) - 完了
 流れは今までとほとんど同じですね。

NIS2012 - メイン画面(04) - 残り366日
 残り366日になりました。

 念のためNortonアカウントを確認してみます。
Nortonアカウント(18) - NIS2012(01_2012-04-07)
 有効期限は2013年4月8日なので今までより2日増えてますが、今回は「残り0日」で更新したので実際には1日だけ増えたというのが正解でしょう。いずれにしても日数が増えたのは確実なので、今回も問題なしということにしておきます(^^;)。



[Amazonアソシエイト]
 
posted by Raptor03 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norton Internet Security