2012年12月31日 Mon

年忘れアップデートw

 もしかしてと思ってMUへ行ってみると...なんか来てましたw
MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度備考
MS12-078KB2783534KB2753842緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム

 12月の月例パッチで配布されたセキュリティー更新プログラムの"v2"ですね。

 再起動ありです....「Windows を起動しています...」で約6分ほどフリーズしたような状態になってCPUファンが回りまくりましたが、再々起動して問題なしです。


posted by Raptor03 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年12月12日 Wed

マイクロソフト、12月の月例パッチを公開

 そこそこ多いですね。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-060KB2720573KB2726929緊急Windows コモン コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 セキュリティ更新プログラム
2.MS12-077KB2761465--Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
3.MS12-078KB2783534KB2753842緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.KB2779030緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-079KB2780642KB2760497重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word 2003 セキュリティ更新プログラム
6.KB2760498重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word Viewer セキュリティ更新プログラム
7.KB2760416重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites セキュリティ更新プログラム
8.MS12-081KB2758857-緊急Windows のファイル操作コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.MS12-082KB2770660-重要DirectPlay の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
10.-KB2779562
[要WGA]
--2012 年 11 月 の累積的なタイム ゾーン更新プログラム
 - Windows XP 用更新プログラム
11.-KB931125
[要WGA]
--Windows XP 用のルート証明書の更新プログラム [2012 年 12 月]
12.-KB2760582--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2012 年 12 月 11 日
13.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 12 月 (v.4.15)

 1. は2012年8月の月例パッチの更新版です。で、更新されたFAQを見ると...
(MS12-060のFAQより抜粋)
なぜこのセキュリティ情報は 2012 年 12 月 12 日に更新されたのですか?
マイクロソフトは、適切なタイムスタンプ属性なしでマイクロソフトによって生成された特定のデジタル証明書に関する問題に対応するために、このセキュリティ情報を再リリースし、影響を受けるすべてのバリエーションの Microsoft Office 2003、Microsoft Office 2003 Web コンポーネント、および Microsoft SQL Server 2005 上の Windows コモン コントロール用の KB2687323 更新プログラムを KB2726929 更新プログラムで置き換えます。詳細については、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2749655 を参照してください。

再リリースされた更新プログラム (KB2726929) は元の更新プログラム (KB2687323) を置き換えますが、元の更新プログラムを正常にインストールされたお客様は再リリースされた更新プログラムをインストールする必要はありません。

元の KB2687323 更新プログラムが既に正常にインストールされています。 2012 年 12 月 12 日に再リリースされた更新プログラム パッケージ (KB2726929) をさらに適用する必要がありますか?
いいえ。再リリースされた更新プログラム (KB2726929) は、対応する元の更新プログラム (KB2687323) がまだインストールされていない場合にのみ影響を受けるソフトウェアを実行しているシステムに適用されます。元の更新プログラムを既にインストールしているお客様は、その他の対策を行う必要はなく、再リリースされた更新プログラムが提供されることもありません。

注: 元の更新プログラムが既にインストールされているときに、再リリースされた更新プログラムを同じシステムにインストールすると、更新プログラムが既にインストールされていることを示すメッセージがインストーラーによって表示されます。メッセージが表示された後に、インストール済み更新プログラムの一覧で元の更新プログラムの KB 番号が再リリースされた更新プログラムの KB 番号に置き換えられます。このインストール動作の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 2720573 を参照してください。
 ...8月にインストール済みなら必要ないし、提供されない?? 思いっきり提供されてますけど何か? ...なめとんのか?w ま、検出されたものはきっちり適用しますよ。何か起こったらマイクロソフトに責任取ってもらいます。

 10. は複数の国/地域がタイムゾーン/夏時間を変更したための更新です。
1.ブラジルのバイーア州が夏時間を廃止したため、「(GMT-03:00) サルバドル」へ統合
2.アゾレス諸島が夏時間の終了日時を変更(表示名の変更なし)
3.フィジーが夏時間の開始/終了日時を変更(表示名の変更なし)
4.ヨルダンが標準時を変更したため、表示名を「(GMT+02:00) アンマン」から「(GMT+03:00) アンマン」へ変更

 11. は [追加選択] です。

 再起動ありです。



 ...ところで。ことし夏ごろ、ダウンロード センター(日本版)の様式がアメリカ版に合わせる形で刷新され、非常に分かりにくくなりました。あいかわらず検索はクソで使い物になりません。

 たとえば、今回の「Outlook 2003 迷惑メールフィルタ更新プログラム」を探す場合、「Outlook 2003 迷惑メールフィルタ」という検索語句ではヒットしません。「Outlook 2003 Junk E-mail Filter」としなければなりません。つまり、そのページの正確なタイトルが分からなければ出てきません。そもそもなんでタイトルが英語? って感じですが。

 ダウンロードセンター以外から探す場合はMUでカスタム検索し、[詳細...] をクリックしてサポート情報のリンクにアクセス(なぜか英語)、ダウンロードセンターへのリンクがあるのでそこへアクセス(当然英語)、言語を日本語に変更....でやっとたどり着けます。

 最近サポート情報の日本語への翻訳がメチャクチャ遅く、やっと機械翻訳されても誤訳満載で意味不明、リンク先は英語ページ、結局ほとんどの場合は正式な日本語版が提供されずに終わります。さらに、正式な日本語版であるにもかかわらず、一部の見出しはなぜか英文だったり、誤訳が含まれていたり…以前はあり得なかったミスや手抜きが横行しています。最近は今回(11月も)のようにタイトルまで英語のままなんていうのもときどき見かけるようになりました。

 最初のころはフィードバックフォームから記述ミスやら何やらを事細かに報告していたんですが、「一切聞く耳持たず」でした。むなしいのでもう何もしませんけどね。

 それと。「悪意のある...」の深刻度「Severe」がいまだにどこにも説明がありません。ことし8月(v.4.11)以降ずっと「Severe」なんですけどね。何考えてんでしょうねぇ。
posted by Raptor03 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新