2009年03月26日 Thu

NIS2009、やっとエンジン更新完了

 先日の更新に続き、きのうになってやっと再起動ありの更新がありました。
NIS2009 - LiveUpdate(2009-03-25) - 概略
 "Resources"の詳細は分かりませんが、例のフォルダー内は変更されていないようなので、レジストリー更新やショートカット作り直しが中心でしょう。

 再起動後、確かに 16.5.0.135 へアップデートされました。ショートカットなども新しく作成されています。
NIS2009 - バージョン情報(16.5.0.135)

 最大の変更点は一足先に「Norton 360 v3.0」に搭載された「Norton セーフウェブ」という新機能が追加されたことです。最初はおもしろいと思いましたが、ポインターがアイコンに乗るといちいち表示されてしまうので、だんだんウザいと感じるようになりました(笑)。
 とりあえず、5種類確認できました。
NIS2009 - Nortonセーフウェブ(全種類)
 サイトを表示した際、Norton ツールバーのアイコンをクリックすれば確認はできるので(表示してからではあまり意味ないですがw)、「検索エンジン結果の拡張」は切ることにします。 → やはりNorton セーフウェブ自体オフにしたほうが良さそうです。サイトによっては確認に非常に時間がかかり、表示がかなり突っかかりますので。

 お? メイン画面の表記が地味に変わってますね。
NIS2009 - メイン画面(新旧)
 何で変えたん?

 おお、通知領域インジケータの右クリックメニュー、すばらしい"改善"です。
NIS2009 - 右クリックメニュー(新旧)
 LiveUpdateが復活してますよ。たまにはいい仕事するじゃん>シマンテック。

 それとうちの環境で一番変わったことがあります(ただし、バージョンアップのおかげかどうかが不明です)。NIS2007あたりからUIにかなりのリソースを使っているようで、PCの再起動をせずに使い続けていると一部表示が崩れたり描画が一テンポ遅れたりなど、表示の異常がときどき起こっていました。
 NIS2009ではLU時やシステムの完全スキャン時のプログレスバーなどのアニメーション表示が突然動かなくなったり、表示位置がずれたりしました。また、LUを直接起動するとウィンドウがアクティブになりませんでした。さらに、ボタンの上などにポインターを持って行くと手の形に変わりますが、それが一瞬で元の矢印に戻ってしまっていました。
 新エンジンにアップデート後、これらの異常のうちLUウィンドウの非アクティブとポインターの異常は直っているようです。あとはプログレスバーのアニメーション表示ですね。しばらく様子見してみます。

 何はともあれ、めでたしめでたし(!?)。

[追記:2009年3月27日(金)]
 LU時のアニメーション表示、Crtl+Alt+Lで起動すると高確率でダメみたいです...orz。通知領域の右クリックメニューから起動すると固まらないことが多いみたいなんですけどね。対処法なんてないんでしょうねぇ...。
 これに限らず、最近のアプリケーションで表示系プチ不具合大杉です。IntelliPoint 6.x とか。Z1のグラフィックがショボ過ぎるのが原因なんでしょうけど。

[追記:2009年4月4日(土)]
 一部加筆。


posted by Raptor03 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | Norton Internet Security
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

完全スキャンに12時間!!
Excerpt: 某有名セキュリティソフトを毎年、買い続けておりますが、今年のは完全スキャンにとん
Weblog: 営業・情報・独り言
Tracked: 2009-03-27 10:40