2012年03月11日 Sun

3.11から1年

 私にとってはあっという間の1年でした。「ボーッとしていてあっという間に過ぎてしまった」ようにも思うのですが、地震発生の瞬間、それからの約1日、その後の数週間、自分は何を考え、どう過ごしたのか、なぜか今でも細かいことまで意外と覚えていたりします。一生忘れられないかもしれません。

 幸い私や私の家族、知り合いは無事に過ごしてきました。いまだに困難な状況に置かれている方々には申し訳ないと思うこともしばしばですが、でももう地震が来ないというわけではないんですよねぇ。最近は大きな地震は減ってきていますが、首都圏直下型、東海・東南海・南海連動型など、近い将来間違いなく巨大地震は起こると予測されています。とりあえず自分たちでできる備えはしてきたつもりですが、ふと不安がよぎることもあったり。。。

 まあ、考えていてもしょうがないですけどね。私にできることは毎日を生きていくことくらいしかないです。


posted by Raptor03 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年01月01日 Sun

ことしもよろしくお願いします

 昨年はいろいろありすぎて何がなんだか分からないうちに終わってしまいました。ことしこそはゆったり落ち着いて過ごせればいいかな、と思っています。

 けさは残念ながら曇りだったため、初日の出は拝めませんでした。風がなくて穏やかですが、いつもより薄ら寒く感じる夜明けでした。
posted by Raptor03 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月11日 Mon

ちょうど1か月、またしても大きな余震

 「計ったように」とはまさにこのことでしょう。時間こそ違いますが、1か月後の同じ日に似たようなパターンの連続地震とは。。。この辺は震度4と発表されていますが、やはり5弱に非常に近い大きな揺れで、7日の余震よりもやや強いように感じました。

 ただ、きょうは地響きがほとんどありませんでした。小さな揺れを感じてから5秒ほどして横揺れが始まり、徐々に大きくなる感じでした。3.11の本震とほぼ同じで、揺れは2分近く続きました。しかも、揺れが収まる前に次の余震が断続的に襲ってくるパターンは3.11とそっくりです。30分くらいの間に10回以上の比較的強い余震がありましたし(ていうか、まだ揺れてる...しつこい)。

 7日と同じく、本棚の本がまたしても崩れ落ちました(対策しようがない...しばらく床に積んでおいたほうがいいですね)。

 震源は....福島県浜通り? 陸地ですか。津波警報/注意報も出ていますね。→ 18:05、すべて解除されました。マグニチュードは7.0、最大震度は6弱(福島県いわき市など)。また何らかの被害が出ているでしょうねぇ。

 しばらくはこんな状態が続くんでしょうか。常に緊張していて気の休まる時間が全くありません。

 関係ないですが、雷鳴ってます。....そういえば、3.11も同じようなにわか雨がありましたっけ。実は関係あるのかもしれませんね。
posted by Raptor03 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月08日 Fri

最大級の余震

 ちょっと焦りました。テレビを見ていたら緊急地震速報が流れたのですが「精度が低くなってるからどうせ外れるだろう」と思いながらのんきに構えていました。ところが、はっきりした地響きとともに強いP波が到達したので「マズイ、これは近いかも」と身構えたところ、かなり強い横揺れが1分以上続きました。

 速報で震源は宮城県沖、マグニチュード7.4、最大震度6強と出てすぐに津波警報の文字。うちの周辺はと.....震度3!? んなアホな。3.11ほどではなかったですが、棚の上の置物や本棚の本がけっこう落ちましたよ? 体感では「震度5弱に限りなく近い震度4(笑)」くらいはありました。やっぱり壊れてるのかな>うちの町の地震計。それともよほど揺れにくい場所に設置されてるのか。いや、うちの周辺が極端に揺れやすい地盤なのか。いずれにしても体感とのズレが激しすぎます。

 ほとんどのテレビ局は報道特番に切り替わりました。とあるニュース番組で仙台市内の屋外カメラの映像が流れましたが、遠くの方で青白く輝く光が数回見えました。「何だろう?」と思ったら街の明かりが徐々に消えていくのが(停電していくのが)分かりました。「なるほど、さっきの光は送電線か変電所で電線が接触して起きた放電か」。初めて見ましたよ、あんな映像。。。

 あ。うちの地域、いつの間にか震度が修正されました。でも震度4ですね。震度4で本棚の本が落ちた事なんて一度もないんですけどね。

 ....また体が興奮状態に(汗)。眠れるかなぁ。。。
posted by Raptor03 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月28日 Mon

計画停電 - その12

 きょうは第4/第5グループも実施が見送られました。

 あすは全グループの実施が見送りとなりました。製鉄所などの企業が持つ自前の火力発電所が稼働を始め、そこから供給されることになったため、多少余裕が生まれたようです。

 ※計画停電に関する個別記事はこれでいったん終了とし、今後は全体の予定を追記する程度にとどめます。
posted by Raptor03 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月27日 Sun

計画停電 - その11

 あすの第3グループは 12:20〜16:00 の予定でしたが、実施を見送ると発表されました。第1グループと第1/第2グループの2回目も見送りです。第2グループは一部のサブグループが実施され、実施しないサブグループが次回実施となるそうです。

 ここのところ第3グループはずっと見送りが続いているため、実施しているグループにはちょっと申し訳ないという気持ちになってしまいます。

 しかし。。。予想どおり、ややこしくなってます。今までは前日の発表は基本的に5+2種類しかありませんでしたが、グループが分割されることでごちゃごちゃして見づらくなってますし、週間予定PDFもサブグループの表示があるのは翌日1日分のみです。
posted by Raptor03 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月26日 Sat

計画停電 - その10

 きょうとあすはすべてのグループで見送りとなりました。



 きのうグループ細分化が発表されました。現行の各グループ内をさらにA〜Eの5つのサブグループに分けるそうです。現在所属するグループや時間帯の変更は行なわれません。同じグループ内の同じ町内で停電する場所としない場所が混在していたのを分かりやすくするとともに、1回目で停電したサブグループは2回目には停電しないようにするなど、不公平感を軽減する運用も行なわれるそうです。

 でも....結局東京都心のほとんどは除外されていますし(新たに除外されたところまであります)、停電する/しないが入り乱れることに関しては変電網を変更することができないので解消されません。それに、どう考えても分かりやすくなったとは思いません。今まで同様、自分がどこに所属していてどの時間帯に停電するのかを確認する必要がありますが、細かくなる分、見づらいと思う人が出ること必至です。

 ちなみに、うちが所属するサブグループは......地域が絞られるので秘密ということで(^^;)。

>>>計画停電の運用改善「グループの細分化の運用開始」について
posted by Raptor03 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月24日 Thu

計画停電 - その9

 きょうは結局第5グループ(15:20〜19:00)も見送られ、第1グループ(18:20〜22:00)のみ実施されました。

 あすの第3グループは 6:20〜10:00 と 13:50〜17:30 の2回が予定されていましたが、第3/第4/第5/第1グループ(6:20〜19:00)および第3/第4グループの2回目(13:50〜20:30)が見送られました。第2グループ(18:20〜22:00)のみ実施の予定です(実施2時間前までに要否を発表)。
posted by Raptor03 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月23日 Wed

計画停電 - その8

 第1〜第3グループは実施されませんでした。第1/第2グループの2回目も見送られ、需要がピークとなる時間帯(15:20〜22:00、第4/第5グループ)のみ実施されました。

 あすの第3グループは 9:20〜13:00 と 16:50〜20:30 の2回が予定されていましたが、第2/第3/第4グループ(6:20〜16:00)および第2/第3グループの2回目(13:50〜20:30)が見送られました。第5/第1グループ(15:20〜22:00)のみ実施の予定です(実施2時間前までに要否を発表)。

 できれば需要がピークとなる夕方〜夜の時間帯を回避して欲しいところですが、まあ無理でしょうね。
posted by Raptor03 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月22日 Tue

計画停電 - その7

 きょうの第3グループは 15:51〜 18:45 でした。第5グループと第1グループの2回目は実施されませんでした。

 あすは 12:20〜16:00 の予定ですが、第3グループ(および第1/第2グループの2回目)は実施2時間前までに要否を発表するそうです。また、第1/第2グループの1回目は実施されません。



 現在グループが5つに分けられていますが、各グループ内で細分化して合計25グループにするという発表がありました。「同じ町内でも停電する場所と停電しない場所および開始・終了時刻が異なる場所が混在していて、混乱が生じているうえ不公平感がある」のを解消するためという理由だそうですが....配電網の区分けは必ずしも住所と同じではないですし、入り組んでいて単純ではないため、細分化しても解消することはないはずです。ということで、あまり意味がないような.....。

 ちなみに、私の市では一部を除いてほぼ同じグループで同時に停電していますし、毎日停電や停電なしの場所はないようなので、どちらでもかまいません。

 加えて、夏・冬も計画停電を行なう可能性が高いとの発表もありました。真夏の暑い時間帯に停電したらと思うと今から憂うつです。

 ところで、東電の公式サイトですが、レイアウトなどが変更されました。多少見やすくなった気がします。「電力の使用状況グラフ」ページも公開されました。
posted by Raptor03 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月20日 Sun

計画停電 - その6

 きのうときょうは全面中止となりました。久しぶりに多少落ち着いて過ごせた感じがしますが、あす21日は第2/第3グループのみ需要動向を見て実施の要否をあす正午までに決定するそうです。

 今のところ第3グループは 18:20〜22:00 の予定です。



 それにしても、ガソリンがありません。ほとんどのスタンドは14日以降売り切れが頻発し、断続的に休業しています。食料品などと違って買い占め/買いだめしてるわけもなく、おかしいと思ったらどうやらタンクローリーがほとんど来ないようです。かろうじて営業していたあるスタンドでは「10時ごろにタンクローリーが来るので12時ごろから販売予定、1台2000円分まで、なくなり次第閉店」とのこと、本社に確認すると「製油施設は被災していないので、不足するはずはない」との説明だそうです。

 ....被災地優先だからでしょうか? 東北地方への燃料供給量は震災前の需要量を確保できたと発表されているんですけどね。ご近所からの情報も含めると、きのうときょうはほぼすべてのスタンドが休業中で複数の家庭がどこへも出かけられない状況に追い込まれてしまったそうです。

 コンビニやスーパーも似たような状況です。売り物(特に食料品)が底をついてしまい、きのうあたりから売り場の半分くらいが閉店状態になっているところが続出しています。原因はやはり「納品のトラックが少ない」との説明です。これも被災地優先だからでしょうか。なんか信じられません。

 ある意味ここは被災地より深刻な状態で、あす以降も続きそうな気配です。

 実は先日散歩のついでに周辺の家々を見て回りました。するとけっこうな確率で屋根瓦(特に棟や隅棟部分)が破損していたり、家の壁やブロック塀に大きなひび割れが起こっていたり...「被災地ではない」と言えるような状態ではない光景にあらためて「震度6強」だったことを思い知らされました。

 ここは首都圏とは言いがたいド田舎なので結局いろいろな意味でスルーされている気がします。。。

[追記:3月21日(月)/11:54]
 計画停電、第2/第3グループも中止となりました。
posted by Raptor03 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月18日 Fri

計画停電 - その5

 きょうは 12:50〜15:45 でした。第1/第2グループの2回目は中止されたそうです。あすは 9:20〜13:00 と 16:50〜20:30 の予定です。

 ....もう1週間たったんですねぇ。あっという間でした。まだまだ余震や誘発地震が多く、精神的に全然落ち着けません。地震は発生していないのに「揺れているような錯覚」に襲われることが頻発し(特にじっとしているとき)、寝ていても震度2くらいの揺れで目が覚めてしまいます。今までそんなことほとんどありませんでしたので、恥ずかしながら自分でも驚くほど精神的なダメージがあるようです。

 まあ、被災者に比べたら五体満足で天国のような環境にいるわけですから、この程度のことで文句言ってられませんね。
posted by Raptor03 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月17日 Thu

計画停電 - その4

 ワンパターン化していますが、しばらくはこの話題で行きます。

 きょうは 15:55〜18:45 でした。あすは 12:20〜16:00 の予定です。

 しかし寒いです。朝6時40分の時点で0℃でした。北西の強風が吹き荒れ、最高気温は6℃。ほとんど真冬並みでした。暖房器具の多用で大規模停電の可能性があったようですが、どうやら回避されたようです。

 東電の公式サイトでは「計画停電マップ」がYahoo!地図に加えてGoogleマップでも公開されています。Yahoo!地図と違って町名に色の付いた小さい丸印が重なって表示されているだけなので、拡大していくと文字に丸印が埋もれて見づらくなります。
posted by Raptor03 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月16日 Wed

計画停電 - その3

 きょうは風呂と夕食を18時までに大急ぎで済ませ、待ちかまえることに。停電になったのは18時55分でした。

 ろうそくの明かりで本を読みながら時間つぶし。。。

 が、なぜか2時間後の20時55分に復帰してしまいました。

 東電からは特にアナウンスなしのようです。ま、あくまでも予定ですからね。

 なお、東電の公式サイトですが、きょうはすでにあすの計画停電の情報が掲載されています。きのうは日付が変わっても更新されませんでしたからねぇ。苦情が殺到したのかもしれません。

 ちなみに、あすの第3グループは 15:20〜19:00 です。
posted by Raptor03 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月15日 Tue

計画停電 - その2

 うち(第3グループ)は 6:20〜10:00 に変更になってました。きのう寝る直前に東電のサイトを見ていてたまたま気づきましたが、分かりにくいことこの上ないですね。

 どの地域がどのグループに属しているかの詳細一覧PDFが改訂されていて(...見比べてもどこが変わったのか分かりませんし、少なくとも私の住む市は変更なしです)、そのことばかり前面に出している印象だったため、「時間帯が変わる」という点を認識していませんでした。

 計画停電のシステムをイマイチ理解していない私にも問題はありますが、もう少しはっきり時間帯の部分を整理して記述していただきたいものです。

 なお、詳細一覧は本日からPDFに加えてExcelファイルでも公開されています。さらに、Yahoo!地図を利用した「計画停電マップ」なるものも公開されています(地域ごとの詳細ではありません)。



 朝、余震で目が覚めると6時25分でした。しかしまだ停電にはなっておらず、「もしかしてまた見送り?」と思ってうとうとしていたら、6時40分に停電しました。朝食はレトルトパックのご飯をカセットコンロで蒸らして食べました。

 当然信号機も止まってましたが、警察の交通整理が徹底していたので混乱はなかったと思います。

 復帰(停電終了)はきっちり3時間後の9時40分でした。

[追記:23時55分]
 東電サイトに
  「(停電の時間帯は毎日変わりますのでご注意ください)」
 とコソっと追記されているのを先ほど発見。

 が、16日は各グループがどの時間帯になるのかが更新されていませんけど?  ...マスコミには流すんですね。いいかげんにしてください。

 結局第3グループは... 18:20〜22:00 でした。また夕食はカップラーメンになりそうです。
posted by Raptor03 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月13日 Sun

計画停電

 テレビの情報によると、私の住んでる市は第4グループに属していました。PDFが発表されているそうなので入手しようとさっそく東京電力のサイトへ......やはり全くアクセスできません。

 ググってみました。すると、幸いPDFの直リンを発見しました。PDFはグループ別ではなく都県別でした。それぞれ市ごとに町村名が羅列され、グループが記されています。私の住んでいる市は第1〜第4グループに割り当てられていて、さらに私の町は第3グループでした。

 結局テレビで発表したものは全く役に立ちませんね。

 ていうか、こんな発表のしかたでは計画停電の詳細を知らない人が相当いるはずです。あす朝起きたら停電していて大あわて...みたいなことになる予感。

[追記:3月14日(月)/12:50]
 けさ実施見送り発表後、やっぱりやるかもしれないと発表....第1/第2グループは1回目はとりあえず見送ったものの、2回目は実施するかもしれない。。。はっきりしてもらいたいんですが…

 周囲を見渡すと操業していない工場がちらほら。最寄りの鉄道は終日運休中。これじゃ、東電には苦情が殺到してるでしょうねぇ。

 で、結局ここもまだ停電していません。第3グループも実施が見送られたようですが、はたして...?

[追記:3月14日(月)/17:50]
 実施は第5グループ限定ということで、とりあえず本日に限っては私の地域の実施は見送りとなりました。明日以降に関しては現時点では未定とのことです。

 ていうか、東電社内でも情報が混乱しているようですね。もっとしっかりしてほしいです。
posted by Raptor03 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月12日 Sat

東北地方太平洋沖地震

 ここは震度6強でした。とりあえず生きてます。PCも奇跡的に落下物の餌食にならず、損傷はありませんでした。

 しかし…部屋の中は爆弾が落ちたような状態で、足の踏み場がありません。どこから手を付けていいのか分からず、何もする気力が起こりません。

 [発生時の状況]

 昨日は体調不良(頭痛と発熱)のため家で寝てました。14時46分、少し横揺れがあり、多少強まったので「ああ、この間の余震だな。すぐ収まるだろう」と思ってネットで地震情報を確認したところ、「マグニチュード8!?」と目を疑う数値が!!
 「こりゃヤバイ」とすぐにテレビを付けてNHKを確認(確かスタジオで「揺れを感じています」とか言っていたような...)。その時点で収まるどころかどんどん大きくなって生まれてこのかた経験したことがないすさまじい揺れに見舞われ、「終わったな」とあきらめました。もうなるようになれって感じで。直後にテレビが落下(藁)、ほぼ同時に停電になりました。家自体のきしみやモノが飛んだりはねたり落ちたりする音が入り交じってものすごいごう音になり、部屋の外の様子は全く分からず。ここまでおそらく30秒ほど。

 それでも収まらず、立っていられない揺れが30秒ほど続き、やっと収まってきたので、1階に降りてみると食器棚からコップなどが落ちて散乱するなど惨たんたる状況にしばしボー然。

 5分後、またしても巨大な揺れ。電池駆動のラジオを付けると、やはり三陸沖、先日の地震と全く同じ震源であるとの情報。マグニチュードは8.4(7.9→8.4→8.8→9.0と修正)、宮城県北部で震度7。聞いたことない規模です。大津波警報が出され、最大で6m、場所によっては10mを超える可能性との報道。

 さらに20分後(15時15分ごろ)、地響きを伴う小刻みな縦揺れ「P波」を感じたため、「ん? これは相当近いからさっきとは違うぞ.....」と思った瞬間、先ほどと同じくらいの巨大な横揺れが襲いました。なんと、茨城県沖を震源とするマグニチュード7クラスの別の地震によるものと判明し、さらにあ然。「いったい何が起こってるんだ?」

 実は仙台市内に親せきがおりまして、これじゃ無事では済まされないな、という一種の恐怖感のようなものがよぎりました。しかし、電話(固定、携帯とも)はつながらず、確認のしようがありません。ラジオで災害伝言ダイヤルが使えるようになっていると聞き、さっそくこちらは無事であることを残しました。

 それにしてもいつまでたっても復旧しない電気。。。なんで震源付近でもないのにこんな長い間停電するのか。ラジオに聞き入るも、停電に関する情報は全くなし。もしかしてこの辺だけ?
 停電に関する詳しい情報が入ったのは19時ごろでした。東北・関東ほぼ全域で大規模停電とのこと。原発が死んだのか? 福島第1原発が緊急停止らしいというあいまいな情報がありましたが、詳細は確認できない様子。報道機関も状況をきちんと把握できていないようで、特にラジオからは津波の情報以外はほんとど伝わってきません。

 もうどうすることもできず、軽く片づけをしてから20時ごろ夕食を取りました。電気が使えないとガスコンロをつけることもできないので、カセットコンロでお湯湧かしてカップラーメンで済ませました。
 どうせ起きていても何もすることがないということで21時半ごろに就寝しました。が、体が興奮状態になってしまって全く寝付けず、電気が復旧した5時30分まで結局熟睡できませんでした。まあ、実際には揺れが収まる前に次の揺れが来るという繰り返しでしたので、どっちみち寝付けなかったと思います。


 体がだるくてしかたありませんでしたが、電気が復旧したのでさっそく落ちたテレビを付けてみると、奇跡的に無事でした。頑丈で良かった(笑)。
 そこに映し出された各地の状況はむごいとしか言いようがありませんでした。ほとんどが津波の被害ですね。このあたりは福島・宮城などに比べればはるかにマシです。

 驚いたことに、三陸沖、茨城沖だけではなく、なんと長野県北部でもマグニチュード6.6、震度6強の地震があり、その後も余震が連発していることを知りました。「なんじゃそりゃ......」。確かに、4時前に揺れたときはわずかに縦揺れがあったと思います。三陸沖地震が引き金になって北米プレートにひずみが蓄積してあちこちで誘発地震が起きているということでしょうか。

 まだ揺れ続けていますが、とりあえずこんな感じで。

[追記:2011年3月13日(日)]
 親せきと連絡が取れ、無事が確認できました。

 タイトルなど一部訂正。

[追記:2011年3月14日(月)]
 一部内容を訂正・加筆。

posted by Raptor03 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月08日 Sat

FC2カウンター........_| ̄|◯

 うちで使わせてもらっているFC2カウンターの5日〜7日のカウントデータが消失しました。
FC2カウンター不具合
 2日間とも300くらいあったのに"0".....きょうの分も少ないですねぇ。え? しかも累計数まで減ってるし(確か先月末で19万を少し超えていたはず)。ま、元々たいしたカウント数じゃありませんけどね(笑)。

 FC2障害情報によると、
【追記 2011年 1月7日18:45】
復旧致しました。


ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
復旧作業が完了致しました。

なお、一部ユーザー様におかれましては、今回の障害の影響により、
カウンターのデータが消失し、画像が表示されていない場合がございます。

こちらで、出来うる限りお客様のデータの復旧を試みましたが、
誠に申し訳ございませんが、一部ユーザー様のデータの復旧を行う事が出来ませんでした。

カウンターを設置されているページや、カウンターの管理画面に
アクセスされましても、引き続きカウンター画像が表示されない等の
問題が発生している場合は、誠に申し訳ございませんが、
再度、カウンター管理画面内「複数カウンター管理」項目より、カウンターの追加を行って頂き、
新たにタグを取得し、設置し直して頂きますよう宜しくお願い致します。

この度は、お客様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
再発防止に向け、スタッフ一同取り組んでまいります。
 画像は表示されますけどね。

 何が原因か知りませんが、データ吹っ飛ばすとかどんな管理してるんでしょうねぇ。もちろんこれも「タダなんだから文句言うな」はあり得ませんからね。もう勘弁してください。
posted by Raptor03 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月01日 Sat

Happy New Year 2011

 特に何の変わりもなく、いつものとおり普通に夜が明けました(当たり前ですが)。ことしもマッタリと進行すればいいかな、と思っています。



 けさ7時の外気温は-5℃、昨夜の強風が嘘のようにほぼ無風になりましたが、日なたでも寒いです。本来はこの時期のこのくらいの寒さは当たり前のはずなんですが、近年は霜柱も珍しくなりました。「平年より◯◯℃低い」などとよく聞くようになりましたね。
 ※ちなみに、"平年(値)"とは過去30年間の平均値で、10年ごとに更新しています。ことしから新しい期間(1981年から2010年まで)の平均値が使われるそうです。
posted by Raptor03 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年01月01日 Fri

謹賀新年w

 新年を迎えたからといって何が変わるというわけでもなく....ま、ことしもテキトーに行きます(^^;)。生暖かく見守ってやってください。
posted by Raptor03 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年09月05日 Sat

Google...wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

Google.co.jp - ロゴ(2009-09-05_Go_gle)
 午後になって突然差し替えられたんですが、最初は何事かと思いましたョ。んで、いろいろ調べちゃいましたよ。日本で調べてもよく分からず、海外を探したらありました。

  1.12.12 25.15.21.18 15 1.18.5 2.5.12.15.14.7 20.15 21.19

 ....日本が世界中から馬鹿にされてるの図でしたか。

 詳しく知りたい人は自分でググってくだしあ。
posted by Raptor03 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年01月01日 Thu

あけおめことよろ(古

 何が変わるというわけではないんですが、まあとりあえず謹賀新年ということで。

 しかし、"あっという間に1年過ぎた感"が増している気がしますョ。2008年もバタバタしてしまったので、ことしこそ落ち着いた1年を過ごしたいものです。



 ことしも0時を回った瞬間、まぁた花火が打ち上がりましたよ。何かというとすぐ花火って、どこまで幼稚なんだョ?

  てか、真冬の強風吹きすさぶ中、何が楽しいんだ?

 ったく、うるさくて情緒もヘッタクレもありゃしねぇや。

 (これから寝ようとしている)関係ない人間を容赦なく巻き込む"イベント"なんて願い下げ。単なる迷惑行為でしかない。誰が考えるんだろ、こういう悪習って。でも役所は取り合ってくれないのよね。真夜中はダメとかの条例があるわけじゃないし、適切な届け出がなされているので何も言えないと。

 ....あぁ!?。1か所じゃないのかよ。ヴァカが増えたってか(鬱藁)。なんか、隣接する市町村の方々に申し訳ないというかなんというか。いや、はっきりいって恥ずかしい。

[追記:2009年1月4日(日)]
 かなり修正。コピペに失敗していた(寝ボケていたw)ようでつ。
posted by Raptor03 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年10月09日 Thu

日本人4人が続けてノーベル賞を受賞

 最初に名前と受賞理由を聞いたときは「なんで今ごろ?」というのが第一印象でした。今までずっと受賞しなかったのでもうないだろうと思っていた2人が入っていたのには驚きです。

 まずは物理学賞の南部陽一郎氏ですよ。今話題の(?)素粒子物理学分野の第一人者(理論物理学者)です。"クォーク博士"と言ってもいいかもしれません。他の2氏は南部氏の理論を実証した功績ですね。

 実は私も南部氏著の「クォーク」という本を持っています。中学3年の時の購入です。専門書ではなく、一般向け解説書という感じなので、比較的取っつきやすい内容です。この本以外にも素粒子物理学系の専門書や解説書を多く買い込んで読みあさりました(^^;)。中学・高校の図書室にあった―とても個人では購入できないような高価な―自然科学関連の書籍はほとんど借りましたし。...何やってたんだか>俺。

 このころはクォーク(ボトムクォーク)をはじめとしていくつかの新粒子が発見さたり、それまでの理論(仮説)が正しかったことが証明されるということが連続していた印象です。実際南部氏の理論が正しかったことを証明したという功績で海外の学者がノーベル物理学賞を受賞し、話題になりました。南部氏はこのときに同時受賞していてもおかしくないんですけどね。

 これらの話題に乗っかり、その名も(ぉ)「クォーク」という科学誌も発刊されました。これも何度となく買ってました(小遣いをこういうたぐいのものにつぎ込んでいた変人ですw)。テレビ朝日系「コスモス」(IBMのCMが印象的)とか本格的な科学関連番組も今より多かったと記憶してます。

 次は化学賞の下村脩(おさむ)氏です。受賞理由は「GFP(緑色蛍光たんぱく質)の発見と開発」(下村氏ほか2氏との共同受賞)で、下村氏は"発見"のほうです。
 氏は"クラゲ博士"として知られているそうで、私は10年ほど前の科学番組で見たことがあるという程度です。その時は「別の物質を抽出しようとして偶然発見した」というようなことをおっしゃっていたと記憶してます。発見当時はさほど重要なものとは思われていなかったそうですが、のちの(他の2氏らの)研究で現在では生命科学分野では必要不可欠なアイテムとなっています。

 ちなみに、南部氏は私が生まれたころにはすでにアメリカに渡ってアメリカ国籍を取得していました(もちろんかなり後になって知りましたが)。下村氏がGFPを発見したのも私が生まれる前で、こちらもアメリカに渡ってからです。お二人とも現在もアメリカ在住です。日本の貴重な頭脳が海外に流出しているような感じを受けてしまうのは私だけですかね。ま、当時の日本は研究に適した環境が整っていなかったのかもしれませんけど。

 関係ないですが、下村氏って日本人離れした顔立ちですよね。最初はハーフかと思いました。

 それにしても、遅い。2人とも私が生まれる前の功績での受賞です。とっくの昔に受賞しているはずなのに。どういう基準なのかますます分かりません>ノーベル賞。

>>>シカゴ大学 … "Nambu"というローマ字表記はヘボン式です。
>>>エンリコ・フェルミ研究所FNALとは違うけど無関係ではありません。
>>>ウッズホール海洋生物学研究所 … 下村氏が以前務めていたところです。
posted by Raptor03 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年09月11日 Thu

「LHC」?

 かなり遅くなっちまいましたが(^^;)。
Google - LHCの稼働開始
 5月のレーザーに続いてほとんどの人が知らない/興味がない「LHC」を持ってくるって、私的にはおもしろいと思いますけど、なんか変な感じがします。どうしてGoogleが取り上げたのかと思ったら、9月10日16:00(JST)から正式稼働開始でした。

 それともう1つ。どうやら「LHCが稼働を開始するとブラックホールが生まれて地球が飲み込まれる可能性がある」という子供だましにもならない低俗なデマが一部のネットユーザーの間で飛び交っているから、という理由もあるようです。専門家から言わせると「あまりにもくだらなすぎて言葉を失うwwwwww」そうですが、訴訟まで起こされているとのことなので、一部の偏執狂的なマスゴミがえせ恥識を総動員してあおったのは明白でしょう。

 それをふまえて上記ロゴを見ると、

  「Googleがブラックホールに見立てたコライダーの輪に吸い込まれている」

 ようにデザインしたとしか思えなくなってきました。Googleの悪意を感じるのは私だけ?

 私は素粒子物理学の専門家ではありませんが、「LHCで生成される程度の粒子なんて自然界にはどこにでも存在するんだから、ブラックホールは日常的に生成されていることになる。なのにどうして地球は飲み込まれていないんだ?」と問いたい。それどころか、宇宙規模で見ればもっと大規模なブラックホールが大量に(ry

 確かに、LHCで極小ブラックホール生成実験を行なう予定はありますが、必ず生成できる保証はありませんし、普通の人が考えられないような極超短時間で消滅するので観測するのが精一杯。その中に何かが飲み込まれるもヘッタクレもありませんから。



 やっぱりというかなんというか、某"ニュース番組"がさらっと取り上げましたね。CERNの正式名称間違ってますが、何か? 粒子を光速まで加速することなんてできませんが、何か? しかも(おそらく番組史上初めて素粒子物理学関連の話題を)取り上げた理由はやはりブラックホールうんぬんの部分が中心。結局何の知識も興味も持っていない一般素人の不安をあおるような内容で適当に締めくくると。お(以下自粛ww

 ところで、私がLHCの話を聞いたのは1991年ごろです。以前はLEPと呼ばれる加速器があったんですが、それを上回る規模の加速器を使わないと未発見の粒子が観測できないということで計画されたと記憶してます。その当時は各国とも競い合うようにして超大型加速器の建設計画を発表していましたが、今現在実現している超大型施設はBNLのRHICとCERNのLHCくらいですね。

 1980年代はクォークの発見やら何やらでかなりにぎわっていたんですが、最近の素粒子物理学分野では"新発見"が少なくなってる気がします。LHCの稼働で未知の粒子の発見や大統一理論の検証ができるかもしれませんので、ちょっと期待しつつ密かに(?)見守ろうと思っています。

 英語が得意な人、以下をどうぞ。

>>>CERN(ヨーロッパ原子核共同研究機構)
>>>BNL(ブルックヘイヴン国立研究所)
posted by Raptor03 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年05月16日 Fri

レーザーの発明

 Googleのロゴが斬新なデザインに変わっていたので何かと思ったら、レーザーの発振に成功した日だそうです(1960年)。
Google - レーザーの発明

 レーザー(Laser)ってなんなのか、実は意外と知られていません。小さいころは「殺人光線」などと悪者扱いかつ実現不可能なもののような言われ方をされていたように思います。

 次第に現実に存在するものであることを知り、いったいどのような"光"なのか知りたくなりました。私が最初に調べ始めたのは小学校6年の時の夏休みの自由研究がきっかけでした(何でそんなものをとか変人扱いされたw)。きちんと説明できる大人は周りにいませんでしたので、百科事典や学校の図書室の本などを参考に自分で調べてみました。最初は意味不明な言葉の羅列としか思えませんでしたが(笑)。
 高校生になったころ、自分でレーザーに関する専門書を買ってみました。やはり公式だらけで難解でしたが、さらに興味が増したのは確かです。

 そういえば、Laserが略語(アクロニム)だということも知られていないようですね。

  Laser : Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation
           … 輻射の誘導放出による光の増幅

 日本語にしても何のことだかさっぱり分かりませんって感じですが、要は通常の光とは発光原理が全く異なり、性質も異なるということです。



 原理は...私にも分かりやすく説明することはできませんが、知っている範囲内で。。。以下、代表的な固体/気体レーザーの仕組みを。

 レーザー発振器は、大まかにレーザー物質、ポンピング装置、光共振器からなります。レーザー物質はレーザー光を発振する物質で、固体(結晶など)、気体、液体などさまざまです。
 ポンピング装置とはレーザー物質(原子)を高いエネルギー準位へ持ち上げるためのもので、強烈な光を発するフラッシュランプや高圧電流などが使われます。

 光共振器の多くはレーザー物質の両端に平行に置かれた反射鏡です。通常の鏡ではなく、発振される光の波長に最適な反射率が得られる多層蒸着膜などが用いられます。またごくわずかですが凹面になっているものもあります。レーザー光を取り出すには、一方の鏡を半透過鏡(反射率を少し下げた鏡)にしたり、一方の鏡の中心に小さな穴を開けるなどの方法があります。

 強い光などのエネルギーを与えるとある種の原子は高いエネルギー準位であるのに電子が多い状態(反転分布状態)になることがあります。しかしこの反転分布状態は長続きせず、すぐに元のエネルギー準位に戻ろうとします。元に戻るときには余分なエネルギーを光として放出しますが、これは自然放出といいます(一般的な光の正体)。

 もし反転分布状態のときに放出する光と同じ波長の光、つまり別の原子が放出した光が与えられると余分なエネルギーはその光と同じ波長、同じ位相の光(輻射)となって放出されます(誘導放出)。その光が別の原子を励起し、同じ波長、同じ位相の光を放出し...を繰り返していきます。多数の原子から放出された個々の光はすべて同波長、同位相となり、この光を鏡で往復させることで方向がそろい、増幅されていきます。こうして波長や位相のそろったビームのような強い光が得られます。

 レーザー光が一般的な光と決定的に違うのはこの「波長や位相がそろっている」という部分で、専門的には「コヒーレント光」とも言われます(完全なコヒーレント光ではありません)。波長や位相がそろっていると何が違うのかというと、「レンズで集光するとその焦点の直径は波長と同等」という特徴があります。太陽光では絶対にできない芸当です。光には直径が小さいと集束するエネルギーは10の何乗倍という強さになるという特性もあります。

 最初に発振に成功したのは固体レーザーの一種、ルビー・レーザーです。レーザー物質にはわずかにクロムイオンを添加した棒状の人工ルビー結晶を用い、ポンピング装置にはキセノン・フラッシュ・ランプを用います。効率を高めるため、ヘリカル状のランプの中心に人工ルビー結晶を置き、さらにその周囲を内側を金などの金属でめっきした円筒で覆うものも考案されています。
 なお、キセノン・フラッシュ・ランプは連続点灯できないため、出力されるレーザー光もパルス状になります。他のレーザーはほとんどが連続発振ですが、Qスイッチ法などにより比較的容易に高出力パルスを得ることも可能です。

 現在ではさまざまな方式のレーザーが実用化されていますが、比較的構造が簡単で早くから一般的に使われるようになったのが気体レーザーの一種であるHe-Neレーザーです。真空放電管の中に低圧で封入されたヘリウムとネオンの混合気体に高圧放電して得られるもので、波長は632.8nmの赤色光(可視光)です。
 実はこのHe-Neレーザー発振器、いわゆるネオン管と構造は同じです。実際発振中の放電管の中心軸付近は淡い赤紫色に光っていてまさにネオン管です。
 放電管であるため出力(光の強度)が不安定でしたが、最近は電子的あるいは物理的な方法を使った安定化He-Neレーザーも実用化され、計測分野などで導入されつつあります。



 民生用のレーザー応用製品としては初期のレーザーディスク(LD)プレイヤーが世界初と言ってもいいでしょう。パイオニアが発売した初号機「LD-1000」はHe-Neレーザー発振器を使っていましたので、本体が大きく重くなってしまい、発熱によるレーザー出力等の変動のため画像が安定するまで多少の時間を要しました。中身を見たことがありますが、赤く発光するレーザー発振器(放電管)から出たレーザー光は4回くらい反射鏡で反射されてピックアップに導かれていたと思います。ていうか、レーザー光はいったん空気中を通ります(笑)。
 私が通っていた高校には実験用のHe-Neレーザー発振器がありました。長さ20cm程度の小型のものですが、消費電力が100W以上あったと記憶しています。

 その後、日本人が原理を考案した半導体レーザー(レーザーダイオード)が実用化され、LDプレイヤーの小型化や低消費電力化、CDプレイヤーの実用化に貢献しました。のちのさらなる改良で小型・軽量・低消費電力・安価になり、レーザープリンターやDVDプレイヤー、MDやMOなどの光ディスク製品、バーコードスキャナーなど、非常に多くのレーザー応用製品が次々生み出され、今では電池駆動のマウスまで作れるようになったというわけです。

 民生用以外では、医療用、金属加工や溶接などの工業分野、レーザー核融合などの研究分野、測量分野、そしてもちろん(?)軍用としても。
 種類としては、超高出力が得られるYAGレーザーやNdガラスレーザー、FEL(自由電子レーザー)、化学レーザー(フッ素化重水素などの気体)なども実用化されています。



 ...などと偉そうに語ってしまいましたが、私はレーザーの専門家ではありません(^^;)。ただ単に興味があって知っているという程度で、難しい公式とか物理法則とかちんぷんかんです。

 私が調べたのは1986年ごろが最後です。最近の技術ってもっと進歩しているはずですので、そろそろ新しい専門書が欲しくなりました。物色してみようっと。

[追記:2008年5月17日(土)]
 一部文章を修正/追加。
posted by Raptor03 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他