2013年09月15日 Sun

マイクロソフト、9月の月例パッチを公開

 いろいろあってまた遅くなっちゃいました…。

 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-057KB2834904
[v2]
-緊急Windows Media フォーマット ランタイムの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用 Windows Media フォーマット ランタイム 11 のセキュリティ更新プログラム
2.MS13-069KB2870699-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
3.MS13-070KB2876217-緊急OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS13-071KB2864063-重要Windows テーマ ファイルの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS13-072KB2845537KB2817474重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 のセキュリティ更新プログラム
6.KB2817682重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word 2003 のセキュリティ更新プログラム
7.KB2760411重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
8.KB2597973重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
9.KB2760823重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
10.KB2817683重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word Viewer のセキュリティ更新プログラム
11.MS13-073KB2858300KB2810048重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Excel 2003 のセキュリティ更新プログラム
12.KB2760590重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Excel Viewer 2007 のセキュリティ更新プログラム
13.KB2760588重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
14.MS13-076KB2876315-重要カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
15.MS13-078KB2825621-重要FrontPage の脆弱性により、情報漏えいが起こる
 - Office 2003 のセキュリティ更新プログラム
16.-KB2836941
[v2]
--Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 向け)
17.-KB2825947--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 9 月 10 日
18.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 9 月 (v.5.4)

 1. は7月の月例パッチで配布された更新プログラムの"v2"です。.wmvファイル再生時の問題を解決するための修正が含まれているそうです。公開は...8月27日だったりします。

 16. は追加選択で、これも"v2"です。8月の月例パッチ時に同じように追加選択で適用した更新プログラムですが、"v2"がリリースされたのはどうやら適用直後だったようです。

 ...実は先月もそうだったんですが、またMUがクソ化してしまいましたw
タスクマネージャ - パフォーマンス(2013-08-15 - MUカスタム検索)
 更新の検索だけでこの有様です(実際にはこの約2倍の幅があります)。何年ぶりですかね、この波形。しばらく治まっていたんですけどねぇ。

 調べたらMUに使うモジュールの一部が更新されていました。以前の"不具合"と同様、原因はそいつ(=モジュールの更新を担当したアホ)で確定です。

 再起動後 mscorsvw.exe の一暴れ(約10分ほど)ありでした。


posted by Raptor03 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年08月14日 Wed

マイクロソフト、8月の月例パッチを公開

 久しぶりにリアルタイムでw
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-059KB2862772-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-060KB2850869-緊急Unicode スクリプト プロセッサの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS13-062KB2849470-重要リモート プロシージャ コールの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS13-063KB2859537-重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS13-052KB2861561KB2844285重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86 および Windows Server 2003 x86 向け)
6.KB2840628重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86、Windows Server 2008 x86 向け)
7.-KB2863058
[要WGA]
--Windows XP 用更新プログラム
8.-KB2767849--Microsoft Office 2007 suites 用更新プログラム
9.-KB931125
[要WGA]
--Windows XP 用のルート証明書の更新プログラム [2013 年 8 月]
10.-KB2817666--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 8 月 13 日
11.-KB890830--悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 8 月 (v.5.3)

 5. と 6. は7月に公開されたパッチの更新版(v2)です。

 8. ですが、Office 2007系アプリケーションでファイルを開いた際にエラーメッセージが表示される現象に対処するための更新プログラムのようです。

 9. は追加選択です。XP恒例のヤツですね。

 インストールには約35分もかかりました。一番時間がかかったのは .NET 4 向けパッチでした。

 なお、いつの間にか「悪意のある...」のダウンロードセンターのリンクが変更されていました。
  旧 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=16
  新 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/malicious-software-removal-tool-details.aspx

 ところで、その「悪意のある...」のサポートページですが、ついに放置プレイに入ったようです。7月公開分(v.5.2)から更新されていません。そういえば Severe の説明、しらばっくれて一切なされないまま終わりましたね。いろいろな意味ですごいです。

 ...これに限らず、最近のマイクロソフトのサポートはクソの役にも立たなくなりました。古いものを除いて情報量が少なすぎて分かりにくく、めったに日本語化されなくなりました。もうほとんど役立たずなうえにクソ重いだけですので、今後はサポートページへのリンクは張りませんがあしからず。
posted by Raptor03 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年07月15日 Mon

マイクロソフト、7月の月例パッチを公開

 またまた大幅遅れですが(^^; ま、ここんとこあまり使ってないので大丈夫かと。

 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-052KB2861561KB2833941重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 向け)
2.KB2833940緊急.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86 および Windows Server 2003 x86 向け)
3.KB2844285重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86 および Windows Server 2003 x86 向け)
4.KB2832411緊急.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 3.0 SP2 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86 および Windows Server 2003 x86 向け)
5.KB2840629重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows Server 2008 x86 向け)
6.KB2832407緊急.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows Server 2008 x86 向け)
7.KB2835393緊急.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86、Windows Server 2008 x86 向け)
8.KB2840628重要.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86、Windows Server 2008 x86 向け)
9.KB2847559緊急.NET Framework および Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Silverlight 用セキュリティ更新プログラム
10.MS13-053KB2850851-緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
11.MS13-054KB2848295KB2834886緊急GDI+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
12.KB2817480重要GDI+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 用セキュリティ更新プログラム
13.KB2687309重要GDI+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites 用セキュリティ更新プログラム
14.MS13-055KB2846071-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
15.MS13-056KB2845187-緊急Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
16.MS13-057KB2834904-緊急Windows Media フォーマット ランタイムの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用 Windows Media フォーマット ランタイム 11 のセキュリティ更新プログラム
17.-KB2817523--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 7 月 9 日
18.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 7 月 (v.4.22)

 ちょっと多めですね。

 インストールに約50分もかかりました。さすがに「.NET 5種」はきついですね。最初の再起動後、例によって mscorsvw.exe が派手に暴れたんですが、その際「CPU使用率ほぼ100%フラット状態」が約20分も続いたのにはちょっと引きました。ただ、珍しく2回目の再起動で正常な状態に戻り、無事終了しました。

 ところで、今回の「悪意のある...」はサポートページにいまだに記載されていませんが(2013年7月15日現在)、実行後のログで v.4.22 を確認しています(こちらを参照)。ちなみに、ダウンロードセンターのファイル名は Windows-KB890830-V5.2.exe だったりします(6月は Windows-KB890830-V5.1.exe)。

 なお、以前取り上げた「悪意のある...」の深刻度「Severe」ですが、日本語版サポートページの表がいつの間にか "重大" に変更されていたので、当ブログも "重大" に変更しました。

[追記:2013年7月16日(火)]
 記載漏れを加筆。

[追記:2013年7月21日(日)]
 MUで配布された「悪意のある...」ですが、どうやらいったん v.4.22 を配布したあとに v.5.2 に差し替えられたようで、結局 v.5.2 も適用する必要がある、ということを知りました。

 さっそくMUへ行ってみると確かに優先度の高い更新に v.5.2 が来てました。

 適用後、mrt.log を確認すると v5.2, July 2013 (build 5.2.9201.0) と記録されてました。
posted by Raptor03 at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年06月13日 Thu

マイクロソフト、6月の月例パッチを公開

 また1日遅れですが。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-047KB2838727-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-048KB2839229-重要Windows カーネルの脆弱性により、情報漏えいが起こる
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS13-051KB2839571KB2817421重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 のセキュリティ更新プログラム
4.-KB2817473--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 6 月 11 日
5.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 6 月 (v.4.21)
6.-KB2836939--Microsoft .NET Framework 4 用更新プログラム (Windows XP x86、Server 2003 x86、Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け)
7.-KB2836940--Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 用更新プログラム (Windows XP x86、Server 2003 x86、Vista x86、および Server 2008 x86 向け)
8.-KB2836941--Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 向け)
9.-KB2808679
[要WGA]
--Windows XP 用更新プログラム
10.-KB931125
[要WGA]
--Windows XP 用のルート証明書の更新プログラム [2013 年 5 月]

 6. 〜 10. は追加選択です。

 インストールに要した時間は約30分でした。再起動ありです。

 例によってしばらく放置したのち、再々起動を行ないましたが、またまたメモリー使用量が異様な状態のまま元に戻らなくなりました。前回NISのメイン画面を表示したら直ったと書きましたが、撤回します。偶然タイミングが一致しただけだったようで、今回はまるで効果なしでした。結局5回再起動したら直りましたが、当然理由は不明です。
posted by Raptor03 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年05月22日 Wed

マイクロソフト、5月の月例パッチを公開

 えーっと....1週間遅れですが(^^;
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-037KB2829530-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-038KB2847204-緊急Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 セキュリティ更新プログラム
3.MS13-040KB2836440KB2804577重要.NET Framework の脆弱性により、なりすましが行われる
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
4.KB2804576重要.NET Framework の脆弱性により、なりすましが行われる
 - Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け)
5.MS13-042KB2830397KB2810047重要Microsoft Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Publisher 2003 のセキュリティ更新プログラム
6.MS13-043KB2830399KB2810046重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word 2003 のセキュリティ更新プログラム
7.KB2817361重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word Viewer のセキュリティ更新プログラム
8.MS13-046KB2840221KB2829361重要カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.-KB2820197--Windows XP の ActiveX Killbits に対する累積的なセキュリティ更新プログラム
10.-KB2817360--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 5 月 14 日
11.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 5 月 (v.4.20)

 なぜか再起動要求はありませんでしたが、念のため再起動して無事終了です。
posted by Raptor03 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年04月10日 Wed

マイクロソフト、4月の月例パッチを公開

 今月も少なめです。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-028KB2817183-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-029KB2828223KB2813347緊急リモート デスクトップ クライアントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS13-031KB2813170-重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS13-033KB2820917-警告Windows クライアント/サーバー ランタイム サブシステム (CSRSS) の脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS13-036KB2829996KB2808735重要カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.-KB2810049--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 4 月 9 日
7.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 4 月 (v.4.19)


 再起動ありでした。

 ところで、MUに誤記がありました。

  「悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 3 月」

 更新履歴には誤記のまま残ることになります。ま、ログにはちゃんと「v4.19」とあるので問題ないんですけどね。マヌケですねぇ。

posted by Raptor03 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年03月20日 Wed

マイクロソフト、3月の月例パッチを公開

 一週間遅れですが、お約束なので。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-021KB2809289-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-022KB2814124-緊急Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム
3.MS13-027KB2807986-重要カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権の昇格が起こる
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.-KB2768025--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 3 月 12 日
5.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 3 月 (v.4.18)

 久々に少ないです。

 再起動ありでした。
posted by Raptor03 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年02月13日 Wed

マイクロソフト、2月の月例パッチを公開

 ....えーと、なんと15日ぶりのPC起動です(^^; 諸事情により、最近PCを使う時間が全くなくなってしまいました。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-009KB2792100-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS13-010KB2797052-緊急Vector Markup Language の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 セキュリティ更新プログラム
3.MS13-011KB2780091-緊急メディア解凍の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS13-015KB2800277KB2789643重要.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
5.MS13-016KB2778344-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS13-017KB2799494-重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS13-020KB2802968-緊急OLE オートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
8.-KB2767887--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 2 月 12 日
9.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 2 月 (v.4.17)

 再起動あり、ガリガリありです(笑)。

 なお、上記リストのリンク先が英語ページになったりエラーページへ飛ばされたりするのはもちろんマイクロソフトのサボタージュによるものです。文句はマイクロソフトへどうぞ。
posted by Raptor03 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2013年01月09日 Wed

マイクロソフト、1月の月例パッチを公開

 一発目は例年どおりちょっと控えめですね。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS13-002KB2756145KB2757638緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (Microsoft XML コアサービス 6.0 用)
2.KB2760574緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 のセキュリティ更新プログラム (Microsoft XML コア サービス 5.0 用)
3.KB2687499緊急XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム (Microsoft XML コア サービス 5.0 用)
4.MS13-004KB2769324KB2742597重要.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 向け
5.KB2742596重要.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
6.KB2756918-.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される
 - Microsoft .NET Framework 3.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
7.MS13-007KB2769327KB2736416重要Open Data プロトコルの脆弱性により、サービス拒否が起こる
 - Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows Server 2008 x86 向け
8.-KB2798897--不正なデジタル証明書により、なりすましが行われる
 - Windows XP および Windows Server 2003 用更新プログラム
9.-KB2760754--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2013 年 1 月 8 日
10.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2013 年 1 月 (v.4.16)

 3. の対象製品は、
  ・Office 2007 SP3 各アプリケーション
  ・Word Viewer 2007 SP3
  ・Office 互換機能パック SP3
 となります(更新されるファイルは msxml5.dll だけです)。

 8. はセキュリティ アドバイザリで公開されていた不正なデジタル証明書に対処するための証明書失効リストの更新です。...実は1月4日(金)に公開されていたものです(^^;)。

 再起動後、mscorsvw.exe (NGENサービス) が10分くらいガリガリやって収まりました。
posted by Raptor03 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年12月31日 Mon

年忘れアップデートw

 もしかしてと思ってMUへ行ってみると...なんか来てましたw
MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度備考
MS12-078KB2783534KB2753842緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム

 12月の月例パッチで配布されたセキュリティー更新プログラムの"v2"ですね。

 再起動ありです....「Windows を起動しています...」で約6分ほどフリーズしたような状態になってCPUファンが回りまくりましたが、再々起動して問題なしです。
posted by Raptor03 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年12月12日 Wed

マイクロソフト、12月の月例パッチを公開

 そこそこ多いですね。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-060KB2720573KB2726929緊急Windows コモン コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Office 2003 セキュリティ更新プログラム
2.MS12-077KB2761465--Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
3.MS12-078KB2783534KB2753842緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.KB2779030緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-079KB2780642KB2760497重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word 2003 セキュリティ更新プログラム
6.KB2760498重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word Viewer セキュリティ更新プログラム
7.KB2760416重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites セキュリティ更新プログラム
8.MS12-081KB2758857-緊急Windows のファイル操作コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.MS12-082KB2770660-重要DirectPlay の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
10.-KB2779562
[要WGA]
--2012 年 11 月 の累積的なタイム ゾーン更新プログラム
 - Windows XP 用更新プログラム
11.-KB931125
[要WGA]
--Windows XP 用のルート証明書の更新プログラム [2012 年 12 月]
12.-KB2760582--Outlook 2003 Junk E-mail Filter の更新プログラム - 2012 年 12 月 11 日
13.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 12 月 (v.4.15)

 1. は2012年8月の月例パッチの更新版です。で、更新されたFAQを見ると...
(MS12-060のFAQより抜粋)
なぜこのセキュリティ情報は 2012 年 12 月 12 日に更新されたのですか?
マイクロソフトは、適切なタイムスタンプ属性なしでマイクロソフトによって生成された特定のデジタル証明書に関する問題に対応するために、このセキュリティ情報を再リリースし、影響を受けるすべてのバリエーションの Microsoft Office 2003、Microsoft Office 2003 Web コンポーネント、および Microsoft SQL Server 2005 上の Windows コモン コントロール用の KB2687323 更新プログラムを KB2726929 更新プログラムで置き換えます。詳細については、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2749655 を参照してください。

再リリースされた更新プログラム (KB2726929) は元の更新プログラム (KB2687323) を置き換えますが、元の更新プログラムを正常にインストールされたお客様は再リリースされた更新プログラムをインストールする必要はありません。

元の KB2687323 更新プログラムが既に正常にインストールされています。 2012 年 12 月 12 日に再リリースされた更新プログラム パッケージ (KB2726929) をさらに適用する必要がありますか?
いいえ。再リリースされた更新プログラム (KB2726929) は、対応する元の更新プログラム (KB2687323) がまだインストールされていない場合にのみ影響を受けるソフトウェアを実行しているシステムに適用されます。元の更新プログラムを既にインストールしているお客様は、その他の対策を行う必要はなく、再リリースされた更新プログラムが提供されることもありません。

注: 元の更新プログラムが既にインストールされているときに、再リリースされた更新プログラムを同じシステムにインストールすると、更新プログラムが既にインストールされていることを示すメッセージがインストーラーによって表示されます。メッセージが表示された後に、インストール済み更新プログラムの一覧で元の更新プログラムの KB 番号が再リリースされた更新プログラムの KB 番号に置き換えられます。このインストール動作の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 2720573 を参照してください。
 ...8月にインストール済みなら必要ないし、提供されない?? 思いっきり提供されてますけど何か? ...なめとんのか?w ま、検出されたものはきっちり適用しますよ。何か起こったらマイクロソフトに責任取ってもらいます。

 10. は複数の国/地域がタイムゾーン/夏時間を変更したための更新です。
1.ブラジルのバイーア州が夏時間を廃止したため、「(GMT-03:00) サルバドル」へ統合
2.アゾレス諸島が夏時間の終了日時を変更(表示名の変更なし)
3.フィジーが夏時間の開始/終了日時を変更(表示名の変更なし)
4.ヨルダンが標準時を変更したため、表示名を「(GMT+02:00) アンマン」から「(GMT+03:00) アンマン」へ変更

 11. は [追加選択] です。

 再起動ありです。



 ...ところで。ことし夏ごろ、ダウンロード センター(日本版)の様式がアメリカ版に合わせる形で刷新され、非常に分かりにくくなりました。あいかわらず検索はクソで使い物になりません。

 たとえば、今回の「Outlook 2003 迷惑メールフィルタ更新プログラム」を探す場合、「Outlook 2003 迷惑メールフィルタ」という検索語句ではヒットしません。「Outlook 2003 Junk E-mail Filter」としなければなりません。つまり、そのページの正確なタイトルが分からなければ出てきません。そもそもなんでタイトルが英語? って感じですが。

 ダウンロードセンター以外から探す場合はMUでカスタム検索し、[詳細...] をクリックしてサポート情報のリンクにアクセス(なぜか英語)、ダウンロードセンターへのリンクがあるのでそこへアクセス(当然英語)、言語を日本語に変更....でやっとたどり着けます。

 最近サポート情報の日本語への翻訳がメチャクチャ遅く、やっと機械翻訳されても誤訳満載で意味不明、リンク先は英語ページ、結局ほとんどの場合は正式な日本語版が提供されずに終わります。さらに、正式な日本語版であるにもかかわらず、一部の見出しはなぜか英文だったり、誤訳が含まれていたり…以前はあり得なかったミスや手抜きが横行しています。最近は今回(11月も)のようにタイトルまで英語のままなんていうのもときどき見かけるようになりました。

 最初のころはフィードバックフォームから記述ミスやら何やらを事細かに報告していたんですが、「一切聞く耳持たず」でした。むなしいのでもう何もしませんけどね。

 それと。「悪意のある...」の深刻度「Severe」がいまだにどこにも説明がありません。ことし8月(v.4.11)以降ずっと「Severe」なんですけどね。何考えてんでしょうねぇ。
posted by Raptor03 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年11月14日 Wed

マイクロソフト、11月の月例パッチを公開

 今月も11件と普通です。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-072KB2727528-緊急Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS12-074KB2745030KB2698023重要.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 向け)
3.KB2729450緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 用セキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
4.MS12-075KB2761226-緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-076KB2720184KB2687481重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Excel 2003 用セキュリティ更新プログラム
6.KB2687311重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites 用セキュリティ更新プログラム
7.KB2687313重要Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Excel Viewer 2007 用セキュリティ更新プログラム
8.-KB2596660--Microsoft Office 2007 suites 用更新プログラム
9.-KB2596848--Microsoft Office 2007 suites 用更新プログラム
10.-KB2760492--Outlook 2003 Junk E-mail Filter 更新プログラム - 2012 年 11 月 13 日
11.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 11 月 (v.4.14)

 .....きょうはダウンロードだけで5分、インストールには15分もかかりました。その大半(約12分)は「悪意のある...」(MRT.EXE)で、CPUとHDDを占有しっぱなしでした。最近のMRTはちょっと異常です。

 再起動後、例によって mscorsvw.exe が数分居座ってHDDガリガリやってました。
posted by Raptor03 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年10月10日 Wed

マイクロソフト、10月の月例パッチを公開

 9個は少なめですね。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-053KB2723135-緊急リモート デスクトップの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用更新プログラム
2.MS12-054KB2733594KB2705219緊急Windows ネットワーク コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用更新プログラム
3.MS12-055KB2731847-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用更新プログラム
4.MS12-063KB2744842-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
5.MS12-064KB2742319KB2687483重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word 2003 のセキュリティ更新プログラム
6.KB2687485重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Word Viewer のセキュリティ更新プログラム
7.KB2687314重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
8.MS12-068KB2724197-重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.[SA]KB2661254--証明書の鍵長の最小値に関する更新プログラム
 - Windows XP 用更新プログラム
10.-KB2756822--2012 年 10 月 の累積的なタイム ゾーン更新プログラム
 - Windows XP 用更新プログラム
11.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 10 月 (v.4.13)

 1. 〜 3. はいずれも8月の月例パッチの更新版(v.2)なんですが....どうも意味不明です。セキュリティー情報ページによると私の環境では各セキュリティー情報ページにある KB2723135 KB2705219 KB2731847 が検出されるはずですが、各ページに記載のあるセキュリティ アドバイザリをたどって行き着いた別の更新プログラム(KB2749655)しか検出されませんでした。ま、今回は調べてる暇がないので検出されたものだけをインストールしますけどね。間違ってるのは明らかにマイクロソフトなので、何かあったら責任取ってもらいましょう。
 ちなみに、MS12-054のページ、またしてもアホ担当者がミスったため、表のレイアウトが崩れてます。いつ気づくんでしょうね。

 10. はデジタル証明書に関する更新で、実はこれも KB2749655 に関係があります。かなりややこしいです。。。

 再起動ありです。
posted by Raptor03 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年09月12日 Wed

マイクロソフト、9月の月例パッチを公開

 時間がもったいないので今回もMUにて。

 ...検出されたのはたったの2件、というか実質1件のみでした。しかもMS番号なしです。このページの一覧が更新されなかったのは久しぶりですね。

 関連情報KB番号深刻度概要
1.[SA]KB2736233-ActiveX の Kill Bit 更新プログラムのロールアップ
 - Windows XP の ActiveX Killbits に対する更新プログラム ロールアップ
2.[SUP]KB890830重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 9 月 (v.4.12)

 1. は...ときどき報告されるActiveXのKill Bitsに関する更新プログラムです。セキュリティ アドバイザリは本日公開されたものです。が、どこへ行っても更新プログラムに関する記載が一切なく、ダウンロードセンターのページを知るには検索しなくてはなりません。今回もまた手抜き発覚ですねぇ。

 2. の深刻度(rating)ですが、実は先月のv.4.11から"Severe"になってます。レイティングのページなどを調べても掲載されていません。実際には"厳しい=深刻"("警告"を意味する"Moderate"より上)というような意味合いらしので、勝手に"深刻"としました。...これはなんというか、マイクロソフトの社内統制が全く取れていないということでしょうね。まさに"深刻"です。  "重大"へ変更します。

 なお、今回からサポート情報は英語ページ(en-us)にします。もう私のボロPCでは日本語ページ(ja)の大半がCPU使用率100%で使えませんので(藁)。最新のPCならおそらく問題ないと思います。

 再起動指示はありませんでした。

[追記:2013年7月15日(月)]
 一部変更・加筆。
posted by Raptor03 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年08月15日 Wed

マイクロソフト、8月の月例パッチを公開

 きょうは"黄色い盾"が無反応だったので、MUへ。

 ....と。ソフトウェア(ActiveXコントロール)のアップデート表示が出ました。
Microsoft Update - ActiveXコントロールアップグレード(MUWeb Control Class)
 インストールされたのは MUWebControl Calss(ファイル名:MUWEB.DLL、バージョン:7.6.7600.257) です。このActiveXコントロールは2009年6月の確認(バージョン:7.2.6001.788)を最後になぜか今まで消えていたんですが、きょう復活しました。私の環境ではもう1つのActiveXコントロール WUWebControl Class(WUWEB.DLL、7.6.7600.256) がバージョンアップしながら使われていたようです。なお、復活して何が変わったのかは全く分かりません。

 さて、[カスタム] 検索っと。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1. MS12-043 KB2722479KB2596856緊急XML コアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム(XML コアサービス 5.0用)
2.KB2687324緊急XML コアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 のセキュリティ更新プログラム(XML コアサービス 5.0用)
3.MS12-052KB2722913-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
4.MS12-053KB2723135-緊急リモート デスクトップの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-054KB2733594KB2705219緊急Windows ネットワーク コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.KB2712808緊急Windows ネットワーク コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.MS12-055KB2731847-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
8.MS12-057KB2731879KB2596615重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
9.MS12-060KB2720573KB2687323緊急Windows コモン コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 のセキュリティ更新プログラム
10.-KB2687403--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 8 月 14 日
11.-KB890830-重大悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 8 月 (v.4.11)

 1. と 2. は2012年7月の月例パッチの更新版「バージョン2.0」です。
(MS12-043のFAQより抜粋)
なぜこのセキュリティ情報は 2012 年 8 月 15 日 に更新されたのですか?
マイクロソフトは、最初のリリース時にご利用になれなかった Microsoft XML Core Services 5.0 用のセキュリティ更新プログラムを提供するために、このセキュリティ情報を再リリースしました。2012 年 7 月 10 日に最初に提供された Microsoft XML Core Services 3.0、Microsoft XML Core Services 4.0、および Microsoft XML Core Services 6.0 用のセキュリティ更新プログラムを既に正常にインストールされたお客様は、措置を講じる必要はありません。ただし、Microsoft XML Core Services 5.0 を実行しているお客様は、各システムにインストールされている影響を受けるソフトウェアに従って、次の更新プログラムを適用してください。

KB2687324 (Microsoft Office 2003 Service Pack 3 と共にインストールされる Microsoft XML Core Services 5.0 の場合)
KB2596856 (影響を受けるすべてのエディションの Office 2007、Office 互換機能パック、Office Word Viewer、Expression Web、および Expression Web 2 と共にインストールされる Microsoft XML Core Services 5.0 の場合)
KB2596679 (影響を受けるすべてのエディションの Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Groove Server 2007 と共にインストールされる Microsoft XML Core Services 5.0 の場合)
 ということで、私の環境ではOffice 2003 SP3、Office 2007 SP3(Word Viewer 2007、Office 互換機能パック)のXML コアサービス 5.0用更新プログラムが提供されました。

 5. と 6. の MS12-054 がここ見当たりません(笑)。[番号で検索] してもヒットしません。ページ自体は存在しているんですけどね。いつものとおり「マイクロソフトのウェブ担当者がアホ」ってことで。 → 出現しましたね。「突っ込みが入って担当者が気づく→慌てて修正」したんですね、分かります。

 再起動ありでした。
posted by Raptor03 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年07月11日 Wed

マイクロソフト、7月の月例パッチを公開

 久しぶりに"黄色い盾"が正常に機能しました。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-043KB2722479KB2719985緊急XML コアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS12-045KB2698365-緊急Microsoft Data Access Components の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS12-046KB2707960KB2598361重要Microsoft Visual Basic for Applications の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 のセキュリティ更新プログラム
4.MS12-047KB2718523-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-048KB2691442-重要Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS12-049KB2655992-重要TLS の脆弱性により、情報漏えいが起こる
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.-KB2728973--Update for Windows XP and Windows Server 2003
8.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 7 月 (v.4.10)

 1. はインストールされているアプリケーションによって対象となるXMLコアサービスのバージョンが異なります。私の環境には 3.0 、 5.0 、 6.0 がインストールされています(Officeや.NET Frameworkによるもの)。

 7. は....セキュリティ アドバイザリが公開されていました。証明書失効リストの更新....だと思われます(^^;)。

 8. の「悪意のある...」はまたまた改悪されてます。
タスク マネージャ - パフォーマンス(2012-07-11 - AU - MRT v.4.10)
 今までで最悪です。何でこんなに長時間CPU使いまくるの?? 全体の約9割が「悪意のある...」ですよ。他の更新プログラムはそれぞれ20秒程度です。HDDへのアクセスもNIS2012の何倍も激しく、狂ったようでした。.....どうせたいしたことしてないくせにw

 例によって数回再起動(笑)、無事生還です。



 ところで。ダウンロードセンターの各ダウンロード詳細ページのデザインがまたしても変更され、URLもアメリカ式に改められました。文字がでかくなったのに何かダッサい感じで、かえって見づらくなってます。上記リンクの大半はまだ"旧タイプ"ですが、アクセスするとリダイレクトされます。

 また、Microsoftサポートもページデザインが大幅に変更されました。KB890830 を表示した際のタスク マネージャです。
タスク マネージャ - パフォーマンス(2012-07-11 - Microsoft サポート - KB890830)
 見事なまでの大改悪です。KB890830 は先月までいたって普通でしたが、これでは二度とアクセスする気になりません。しかも、なぜか機械翻訳が劣化してます。ちなみに、en-usにするとなぜかMRTのバージョンなどの詳細な情報がありません(以前は日本とほぼ同じ内容でした)。どうやら改悪されたのは日本だけではないようです。 → 表示/非表示の切り替えが可能でした。でも非常に分かりにくいので改悪に違いはありません。

 もうマイクロソフトのウェブサイトに「改善」を期待するのはアホらしいので素直にやめます。
posted by Raptor03 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年06月13日 Wed

マイクロソフト、6月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"は....無反応でした。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-036KB2685939-警告リモート デスクトップの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS12-037KB2699988-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
3.MS12-038KB2706726KB2686828緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
4.MS12-041KB2709162-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
5.MS12-042KB2711167KB2707511重要Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
6.MS12-025KB2671605KB2656370緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 用)
7.KB2656369緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
8.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2011 年 7 月 (v.3.21)

 6. と 7. は4月の月例パッチで提供された更新プログラムの更新版みたいなものだそうです。
(MS12-025のFAQより抜粋)
なぜこのセキュリティ情報は 2012 年 6 月 13 日 に更新されたのですか?
マイクロソフトは、影響を受けるすべてのソフトウェアにセキュリティ更新プログラムを再提供するためにこのセキュリティ情報を再リリースしました。再提供された更新プログラムは、Windows Forms アプリケーションからの印刷に関する既知の問題に対応しています。2012 年 4 月 11 日に最初に提供された更新プログラムをインストールすると、特定の Windows Forms アプリケーションで印刷できないか、印刷しても指定されたプリンター設定をサポートしなくなる可能性があります。.NET Framework Windows Forms アプリケーションから印刷機能を使用しないシステムには影響がありません。最初に提供された更新プログラムを適用済みのお客様に、再提供された更新プログラムをインストールすることを推奨します。

 ...なぜかいつもよりダウンロードもインストールもかなり時間がかかりました。全体でおおよそ35分、CPU使用率が高い状態が連続し(ファン回りっぱなし)、HDDへのアクセスもかなり激しかったため、PCの発熱が尋常ではありません。かんべんしてほしいですね、こういうの。

 終了後、10分ほど放置していたら mscorsvw.exe がひとしきり暴れて消えてくれました。きょうは仕事早かったです。

 例によって大変めんどくさい複数回の再起動処理(結局7回w)、しかも、久しぶりに"黄色い盾"のアホが誤検出してくれるなどいろいろありましたが、合計1時間10分ほどで無事終了です。
posted by Raptor03 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年06月04日 Mon

マイクロソフト、定例外パッチを公開

 "黄色い盾"、来ました。
KB2718704
[要WGA]
証明書失効リストの更新
 - Windows XP 用更新プログラム

 セキュリティ アドバイザリで公開されていたぜい弱性を修正するセキュリティー更新プログラムです。

 再起動ありです。....あれ。終了直後からCPU使用率100%かつHDDアクセスしっぱなし状態に.....一切の操作を受け付けなくなりましたとさ。

 電源スイッチ長押しで強制再起動後、例によってもう一度再起動して終了です。
posted by Raptor03 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年05月22日 Tue

マイクロソフト、緊急パッチを公開.....?誤配信www

 "黄色い盾"が反応しました。....ていうか、火曜日に配信ってなかったと思うんですが?
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS11-044KB2538814KB2518864緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - .NET Framework 2.0 SP2 および 3.5 SP1 用セキュリティ更新プログラム、Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 向け
2.MS11-078KB2604930KB2572073緊急.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
3.MS12-016KB2651026KB2633880緊急.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)

 .....いずれも以前月例パッチとして公開された更新プログラムですね。ただ、バージョンや日付が更新されていないので誤配信確定です。とりあえず3つともチェックを外し、[これらの更新についての通知を再度受け取らない] にチェックして様子見します。

 というわけで、何度でも言う。

 なんだか知らんがとっとと直せ、まじめに仕事しろハゲ

[追記:2012年5月23日(水)]
 引っ込めたようですね。非表示の復元をしましたが、消えていました。

 にしてもあいかわらず公式アナウンスはないんですね。唯一こんなところに事後報告的な書き込みがありましたが、見つけにくいですし詳しいことは何も書かれていません。
posted by Raptor03 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年05月09日 Wed

マイクロソフト、5月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、きょうはダメでした。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-029KB2680352KB2598332重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Word 2003 セキュリティ更新プログラム
2.KB2596880重要Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
3.MS12-030KB2663830KB2597086重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム
4.KB2596842重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office Excel Viewer 2007 のセキュリティ更新プログラム
5.KB2597162重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
6.MS12-034KB2681578KB2659262重要Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
7.KB2676562緊急Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
8.KB2686509重要Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
9.KB2656407-Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Microsoft .NET Framework 3.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
10.KB2598253重要Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Microsoft Office 2003 セキュリティ更新プログラム
11.KB2596672重要Microsoft Office、Windows、.NET Framework、Silverlight 用のセキュリティ更新プログラムの組み合わせ
 - Microsoft Office 2007 suites のセキュリティ更新プログラム
12.MS12-035KB2693777KB2604092-.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
13.KB2604110-.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 3.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
14.KB2604111-.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
  - Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows Server 2008 x86 向け
15.[SA]KB2695962--ActiveX の Kill Bit 更新プログラムのロールアップ
 - Windows XP の ActiveX Killbits に対する更新プログラム
16.-KB931125
[要WGA]
--ルート証明書の更新プログラム [2012 年 4 月]
17.-KB2598343--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 5 月 8 日
18.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 5 月 (v.4.8)

 久々のてんこ盛りw ダウンロードサイズの合計は90.7Mバイト! ダウンロードだけで4分ほどかかりました。

 2. と 5. はいずれも互換機能パック向けです。にしても、Office 2007系パッチは手抜きタイトル(全部同じw)に統一ですか。どれが何のパッチだか全く分かりません。クソ長いタイトル付けるのもどうかと思いますが。

 16. は追加選択です。4月16日に公開済みですが、先月の定例外アップデート(25日)では自動配布されませんでした。

 なお、.NET Framework 1.1 SP1向けの KB2604044 もありますが、2011年12月31日の定例外パッチで KB2656353 をインストールしている場合には検出されません(適用の必要なし)。

 また、Silverlight 5向けのセキュリティー更新プログラム KB2636927 もありますが、私は偶然にも4月28日にバージョンアップしているのを見つけてインストール済みだったため、検出されませんでした(この更新プログラムはSilverlight公式サイトからダウンロードできるインストールファイルと同一のものです)。

 今回は.NET関連が4つあったため、インストールだけで約19分、再起動時にも約3分間のHDDガリガリがあり、例によって mscorsvw.exe くんが1時間くらい居座ってました。

 お約束で再々起動を3回ほどして終了です(藁)。
posted by Raptor03 at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年04月11日 Wed

マイクロソフト、4月の月例パッチを公開

 "黄色い盾"、久しぶりに仕事してくれました。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-023KB2675157-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
2.MS12-024KB2653956-緊急Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.MS12-025KB2671605KB2656369緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
4.KB2656370緊急.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム (Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 用)
5.MS12-027KB2664258KB2597112緊急Windows コモン コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Office 2003 セキュリティ更新プログラム
6.MS12-028KB2639185KB2680326重要Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft Works 6-9 Converter セキュリティ更新プログラム
7.-KB2598292--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 4 月 10 日
8.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 4 月 (v.4.7)

 .NET関連のインストールに約7分もかかりました。珍しく終了直後から複数の mscorsvw.exe が起動してきてCPU使用率乱高下が1分ほど続いたので、収まってから再起動しました。

 今回はなぜかデスクトップがすぐに表示されましたが(悪意のある...のHDDガリガリもなし)、メモリー使用量が約400Mバイトの状態になったため、再々起動しようとしたところ、mscorsvw.exe が1つだけプロセスに残っていました(プロセスにはあるが動いていない状態)。それから約40分後、突然動き出してCPU使用率乱高下が1分ほど続いていなくなったので、再々起動して終了です。

 ちなみに 7. のサポート情報がありません。またしても仕事さぼってますねぇ。 → いつの間にかありました(4月14日(土)に確認)。
posted by Raptor03 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年03月28日 Wed

マイクロソフト、定例外パッチを公開

 恒例のヤツです。また"黄色い盾"が無反応なため、MUの追加選択にて。
KB931125
[要WGA]
ルート証明書の更新プログラム [2012 年 3 月]

 再起動なしです。今回もダウンロード/インストールは激速で、合計15秒ほどしかかかりませんでした。

 あ、もちろんサポート情報は引き続き放置プレイ中です。直す気は全くないようです。
posted by Raptor03 at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年03月14日 Wed

マイクロソフト、3月の月例パッチを公開

 きょうは"黄色い盾"が来ました。少ないからですかね。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-018KB2641653-重要Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS12-020KB2671387KB2621440緊急リモート デスクトップの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
3.[SA]KB2647518--ActiveX の Kill Bit 更新プログラムのロールアップ
 - Windows XP の ActiveX Killbits に対する更新プログラム
4.-KB2598246--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 3 月 13 日
5.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 3 月 (v.4.6)

 3. はセキュリティ アドバイザリで公開されているKill Bitを設定する更新プログラムです。サードパーティー製ActiveXコントロールに影響を及ぼす可能性があるそうです。

 再起動ありでした。

 .....今回もまた通知領域のインジケータの並び順がメチャクチャになり(これはいつものことw)、メモリー使用量が315Mバイト→620Mバイトへと倍増したまま下がらなくなりました。今回は6回目の再起動で正常に戻りましたが、どの更新プログラムが原因なのかいまだに突き止められません。いったいなんなんでしょうねぇ。。。



 それにしてもマイクロソフトのウェブ担当は何やってんですかね。KB2647518 のサポート情報は日本語化されないうえにダウンロードリンクが間違ってますし、ダウンロードセンターにあるTechNetへのリンクなんか「全部」間違ってます。

 例えば、KB2641653 (MS12-018) ですが、[MS12-018] をクリックするとエラーページへ飛ばされます。

  誤:http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS12-018.mspx
  正:http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/MS12-018
   ※上は昨年8月ごろまで有効だった古いヤツ

 いくらなんでもたるみすぎだろ…。
posted by Raptor03 at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年02月29日 Wed

マイクロソフト、定例外パッチを公開

 恒例のヤツですが、"黄色い盾"は無反応でしたので、MUの追加選択にて。
KB931125
[要WGA]
ルート証明書の更新プログラム [2012 年 2 月]

 インストールはたったの15秒で終わりました。再起動なしです。

 .....またしてもサポート情報が2011年7月から放置プレイ中で、しかもそこにあるダウンロード センターのリンクはなんと2009年11月のものです。あきれましたね、まったく。

 ちったぁまともな仕事してみろや>マイクロソフト(特にOffice系およびウェブ担当者)。
posted by Raptor03 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新

2012年02月15日 Wed

マイクロソフト、2月の月例パッチを公開

 例によって WindowsUpdate.log には Sequence xxxx vs AcceptRate 0. が連続して記録されているだけでした。
 MS番号KB番号(全体)KB番号(個別)深刻度概要
1.MS12-008KB2660465-緊急Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
2.MS12-010KB2647516-緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
 - Windows XP 用 Internet Explorer 8 の累積的なセキュリティ更新プログラム
3.MS12-014KB2661637-重要Indeo コーデックの脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Windows XP 用セキュリティ更新プログラム
4.MS12-016KB2651026KB2633880緊急.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 - Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 のセキュリティ更新プログラム (Windows Server 2003 x86 および Windows XP x86 用)
5.-KB2597968--Outlook 2003 迷惑メール フィルタ更新プログラム - 2012 年 2 月
6.-KB890830-警告悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2012 年 2 月 (v.4.5)

 4. はSilverlight 4をインストールしているとSilverlight用の更新プログラムも来ます。私はすでにSilverlight 5をインストールしていたため、何も来ませんでした。

 5. は現時点ではサポートページが存在しません。もしかして作るの忘れました?w.....まじめに仕事してくださいね>マイクロソフト。とても世界の一流企業とは思えませんよ。

 再起動ありです。mscorsvw.exe くん、今回は仕事してるのがはっきり分かりましたw
posted by Raptor03 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Update/自動更新